肩関節とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 関節 > 肩関節の意味・解説 

肩関節

読み方かたかんせつかんせつかじょうわんかんせつ
別名:関節窩上腕関節
学名Articulatio humeri, Articulatio glenohumeralis
【英】:Glenohumeral joint, Shoulder joint

肩関節は肩甲骨関節窩上腕骨頭との間の典型的球関節関節窩小さく関節頭としての上腕骨頭の関節面の約1/3の広さにすぎない関節窩周縁は、線維軟骨性の関節唇によって補われる。関節包外側にはこれを補強するとくに強い靱帯がないから、両者結合はゆるく、関節の自由な運動を可能にする。補強靱帯代わりをするのは、肩甲骨から起始して上腕骨近位部に停止する肩甲筋群である。関節包は、上方には関節窩周縁につき、ここで関節唇外側癒着し、下方には上腕骨の解剖頚につく。また内側関節下方でゆるみがあるから、これが上肢回転を可能にするが、同時に下方への脱臼おこしやす原因となる。関節腔内は上腕二頭筋長頭の腱によって貫かれる。この腱は下方から上腕骨の結節間溝通って関節腔入り上腕骨頭前面通って肩甲骨関節上結節につく。全身関節のうち最も大き運動範囲をもち、その運dの右派屈曲前方挙上)、伸展後方挙上)、内転外転、描円および回旋分析鎖される。これらの運動上肢帯関節胸鎖関節肩鎖関節)との共同運動により範囲増大される。肩甲骨関節窩は、前頭面左右方向)に向いているのではなく、これより前外方に約30°の角をなす面にあるから(この面を肩甲骨面という)、肩関節の運動もこの面において最も運動範囲が広い。日常、物を書くときや、箸を取るときの上腕骨位置にもこの面にある。これに属す靱帯として次のものがある関節上腕靱帯は、関節唇の上前縁よりおこり解剖頚へつく。烏口上腕靱帯は、烏口突起外側面よりおこり、上腕骨結節間溝近位端にのび、ここで上腕二頭筋長頭の腱をおおう。

A03508001a.jpg (21806 バイト)

A03508001b.jpg (21417 バイト)


肩関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/28 02:58 UTC 版)

肩関節(かたかんせつ)は、にある関節。一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)の事を指し(肩甲骨上腕骨をつなぐ間の部分で、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で形成された関節部分)、これを狭義の肩関節という。広義の肩関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨胸骨胸郭に関連する5つの関節(文献によっては、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節の3つの場合もある)で構成されており、肩複合体と呼ばれることもある。




「肩関節」の続きの解説一覧





肩関節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

肩関節に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「肩関節」の関連用語

肩関節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肩関節

股関節

仙腸関節

手の関節

環椎後頭関節

足の関節

脊柱結合

手の関節





肩関節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肩関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS