翼端渦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 翼端 > 翼端渦の意味・解説 

翼端渦(よくたんうず)

翼端渦
進行方向から見たキャノピー 
翼端付近では翼端渦と呼ばれる空気の渦が発生している。
翼端ほど、渦の影響大きい。
揚力とは翼の下面上面生ず気流圧力差、つまり上面圧力が低くなる為に上に持ち上げようとする力である。
しかし、翼端付近に近づくと、その圧力差を埋めようと翼の横から気流流れ込み起こり、これが翼端渦と呼ばれる渦状空気流れである。
翼端渦は揚力発生させようとする翼の能力低下させ、誘導抗力となる為、出来るだけ影響を受けなくすることが望ましい。
対策として、アスペクト比を高くすることにより翼全体対する翼端渦の影響を減らす事ができる。
また、ウイングレット設け翼端渦から翼をできるだけ遮へいする方法もある。

後方乱気流

(翼端渦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/27 02:10 UTC 版)

後方乱気流(こうほうらんきりゅう、ウェイク・タービュランス,wake turbulence)は、航空機の運航によって引き起こされる乱気流のことである。




「後方乱気流」の続きの解説一覧





翼端渦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

翼端渦に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「翼端渦」の関連用語

翼端渦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タンデム

コンペ機

ウインドトライアングル

リッジリフト

キャンバー

ワンタッチバックル

温暖前線

潰れ





翼端渦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2017 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後方乱気流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS