翁とは?

おう をう [1] 【翁】

( 名 )
男の老人。おきな。
老人敬っていう語。 「 -の業績
( 代 )
一人称年配の男性が,へりくだる気持ちで用いる。 「 -も此所まで罷越し待合すべし/蘭学事始
接尾
老年男子の名に付けて敬意を表すのに用いる。 「芭蕉-」 「沙-(=シェークスピア)」

【おう】[漢字]

【 王 】 わう [音] オウ
君主。 「 王冠王宮王国王座王室王道国王大王帝王
第一人者。 「 王座打点王
日本で,皇族。みこ。 「 王女親王しんのう
【 凹 】 あふ [音] オウ
くぼむ。へこむ。くぼみ。 「 凹凸凹版凹面鏡
【 央 】 あう [音] オウ
なか。まんなか。 「 震央中央
【 応 ( 應 ) 】 [音] オウ
こたえる。
返事をする。 「 応答呼応
相手になる。 「 応接応戦応対
他の動きにこたえて動く。 「 応急応用順応(じゆんのう) ・対応 ・適応
ふさわしい。つりあう。 「 応分照応相応
【 往 】 わう [音] オウ
いく。ゆく。
出かける。赴く。 「 往還往診往復往来往路来往
去る。 「 往生(おうじよう)
昔。過去。 「 往時往年既往
のち。あと。 「 往往以往
【 押 】 あふ [音] オウ
おす。
判などをおす。 「 押印押捺おうなつ
詩で,韻をふむ。 「 押韻
古文書公文書などに見られる図案化されたサイン。 「 花押(かおう)
【 旺 】 わう [音] オウ
【 欧 ( 歐 ) 】 [音] オウ
原義は,吐く意〕 「欧羅巴(ヨーロツパ)」の略。 「 欧州欧文欧米西欧渡欧
【 殴 ( 毆 ) 】 [音] オウ
うつ。たたく。なぐる。 「 殴殺殴打
【 皇 】 わう
⇒ こう〔皇〕 [漢]
) 】 あう [音] オウ
さくら。 「 桜雲桜花桜樹桜桃観桜
【 翁 】 をう [音] オウ
年老いた男。おきな。 「 翁媼おうおう老翁
【 黄 】 わう
⇒ こう〔黄〕 [漢]
【 奥 ( 奧 ) 】 あう [音] オウ
おく。おく深い。 「 奥義蘊奥うんおううんのう) ・深奥
内にかくれたところ。 「 胸奥心奥内奥
陸奥(むつ)国」の略。 「 奥羽奥州
【 媼あう [音] オウ
年老いた女。おうな。 「 翁媼おうおう老媼
【 嘔[音] オウ
はく。もどす。 「 嘔気嘔吐(おうと)
【 横 ( 橫 ) 】 わう [音] オウ
よこ。東西または左右方向。 「 横断縦横
よこたわるよこたえる。 「 横臥(おうが)横転
勝手気まま。よこしま。 「 横行横暴横領専横
不慮の。理由のない。 「 横禍横死
勢いが盛んなさま。 「 横溢おういつ
【 墺あう [音] オウ
原義は,おかの意〕 「墺太利オーストリア」の略。 「 独墺 ・普墺戦争
【 懊あう [音] オウ
もだえ悩む。後悔する。 「 懊悩煩懊
【 謳[音] オウ
うた。うたう。たたえる。 「 謳歌
あう [音] オウ
うぐいす。 「 残鶯春鶯老鶯
[音] オウ
かもめ。 「 鷗盟白鷗

おきな [0] [1] 【翁

年とった男。おじいさん。 ↔ おうな 「竹取の-」
男の老人親しんで呼ぶ語。また,老人尊敬語
老人自分へりくだっていう語。 「 -の申さむ事は聞き給ひてむや/竹取」

おきな 【翁】

能の一。翁・千歳せんざい三番叟さんばそう三役による祭儀的な歌舞構成され,天下泰平国土安穏五穀豊穣を寿(ことほ)ぐ。古来神聖な曲として他の曲と別種に扱われ,現在でも特別に儀礼的演能には,脇能物前に付けて最初に演じられる。種々の秘事口伝があり,演者別火精進などして役に臨む。翁役は白色はくしきじよう)という白い翁面,三番叟役は黒色(こくしきじようという黒い翁面をつける。式三番しきさんば


読み方:オキナokina

(1)古典芸能で演じられる儀式祝言曲。
(2)江戸時代村役人一名

別名 名頭(みょうとう、みょうず)


おきな 【翁】

日本能楽演目古く式三番)。別名神楽。演能の場を清め天下泰平五穀豊穣を祈る曲とされ、公的催し最初に演じられた。神聖な曲として他の曲と区別する。今も祝賀追善正月などに演じられる。演奏者潔斎し、能面には神酒洗米などを供える

翁(白式尉) Okina

翁は能にして能にあらず。最も古くから存在する、神の面として神聖視されている。知恵安らぎ象徴で皺がくっきりと描かれているのにふくよか表情下顎が切り離してある切り顎。この切り顎は翁系の3面のみで他には見られない。白式尉は翁のシテ、黒式尉は狂言三番叟三番三)が使用する。
使用曲目:翁のシテ 翁

読み方オキナ

翁とは、能の演目のひとつ。

天下泰平寿ぐことほぐ)能。

「能にして、能にあらず」と言われ、通常の物語演ずるものとは違い、数種類の歌や舞を集めたものです。

この祝い演目演ずる能楽師は、かつて「別火(べっか)」という儀式心身清めそうです
別火」とは、女と火を分けということであり、女を絶った生活をするという意味です。
現代では、どこまで厳密に別火」できるかわかりませんが、そうした考えは残っているようです

作者不詳

とうどうたらりたらりらたらりららりららいどう」という謡の意味も、諸説があり、定まっていないようです。

なんとも不思議な、それでいてとても重んじられている演目です。

» 画像についてはこちら
関連用語
能/謡


おきな〔翁〕

翁の面をつけ扇を持った構図
能楽祝言舞曲「翁」から出たもの。翁の面をつけ、扇を持って舞う目出度い構図

読み方
うん
おう
おお
おきな
おん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 14:54 UTC 版)

(おきな)は、年取った男、老人を親しみ敬って呼ぶ語。他人を呼ぶ時に使うと敬う意味になり[注釈 1]、自身を呼ぶ時に使うとへりくだる意味になる。における「翁」は、別格に扱われる祝言曲で、翁・千歳・三番叟の三人の歌舞からなり、正月初会や祝賀能などの最初に演じられる[1]


  1. ^ 例:「芭蕉翁」、「竹取の翁(竹取物語)」など
  1. ^ 『大辞泉』
  2. ^ 中沢新一 2003, p. 26.
  3. ^ a b 中沢新一 2003, p. 31.
  4. ^ 中沢新一 2003, p. 34.
  5. ^ 中沢新一 2003, p. 165.
  6. ^ 金春禅竹 2007, p. 4.
  7. ^ 中沢新一 2003, pp. 165-166、322(巻末付録 現代語訳『明宿集』).
  8. ^ 中沢新一 2003, p. 166.
  9. ^ a b 中沢新一 2003, p. 167.
  10. ^ 中沢新一 2003, p. 184.
  11. ^ 中沢新一 2003, pp. 184-185.
  12. ^ 中沢新一 2003, p. 185.
  13. ^ 金春禅竹 2007, p. 5.
  14. ^ 中沢新一 2003, pp. 185-186、328-329(巻末付録 現代語訳『明宿集』).
  15. ^ a b 中沢新一 2003, p. 186.
  16. ^ 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト 2017, p. 「宿神」.
  17. ^ 中沢新一 2003, pp. 56-57.
  18. ^ a b c 中沢新一 2003, p. 57.
  19. ^ 中沢新一 2003, pp. 57-58.
  20. ^ a b c d 中沢新一 2003, p. 58.


「翁」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/02/26 03:44 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





翁と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「翁」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
100% |||||

翁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

べし見悪尉

内裏雛

蝉丸

這子婢子

頼政

内裏雛

蛙

どんずり





翁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
大槻能楽堂大槻能楽堂
copyright(c) 2017 The Ohtsuki Noh Theatre Foundation All rights reserved.
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2017 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2017 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの翁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS