缶詰とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 缶詰の意味・解説 

カン づめ [3] [4] 【缶詰(め)

食品を缶に詰め密封し,加熱殺菌して長期間保存できるようにしたもの
人を一定の場所に閉じ込めること。仕事促進秘密保持のために行う。また,思いがけない場所に閉じ込められること。 「著者ホテルに-にする」 「停電列車に-になる」

【缶詰】(かんづめ)

金属缶の中に食品をつめ、加熱殺菌をすることで長期保存を可能にしたもの
食品殺菌してから封をする場合もある。

元は軍隊における食糧問題着目していたナポレオン呼びかけによって、保存食アイデア募集したのが始まり1804年フランス人ニコラ・アペール軍用保存食として発明し、皇帝ナポレオンから12000フラン賞金授与された。
前線栄養価の高い食品を提供できるようになったことは画期的で、兵士士気大い上げることができた。
日本では明治初期初め製造され、明治時代には日本の主要輸出品のひとつであった。
その中身調理済み食品から果物まで多種多様だが、現在の日本生産流通している缶詰の殆どは飲料(ビール・ジュース・など)を封入したものである。

自衛隊では、米飯調理済み食品などを缶詰にしたもの戦闘糧食1型として採用され、乾パンなどと並んで重要な食料となっている。

参考リンク:日本缶詰協会http://www.jca-can.or.jp


缶詰

作者神崎昭男

収載図書フーコーショートショート傑作選 1
出版社フーコー
刊行年月1998.12


缶詰

読み方:かんづめ

  1. 自党の議員二心を抱かせぬ為め、議員一定の場所に集めて自由の行動を許さぬことをいふ。その状態は缶詰にしたやうであるからいつたもの。民政党から始まる。
  2. 自党の議員二心を抱かせぬ為め、議員一定の場所に集めて自由の行動を許さぬことをいふ。
  3. 〔俗〕自党の党員二心を抱かせぬために、党員一定の場所に集め自由行動を許さぬこと。
  4. 缶詰はナポレオン露西亜遠征をやつて、モスコー兵糧攻めに逢つた苦い経験鑑み、一千八百四年、携帯至便絶対防腐食料品一万二千フラン懸賞募集した時、仏人ニコフス・アパーの発明にかかるものである。西洋ではクリミア戦争其の真価認められ、我が国では日露戦争関東震災に役立つた。缶の中に詰め食料品といふ意。選挙の時、候補者有権者押込めて置き、自由にさせないことを「カンヅメ」といふ。
  5. 自由行動許さないこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

缶詰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/22 08:00 UTC 版)

缶詰(かんづめ)は、一般に水分の多い食品金属缶に詰めて密封した上で微生物による腐敗・変敗を防ぐために加熱・殺菌したもの[1]。乾燥食品などの製品を単に金属缶に詰めて密封したものは厳密には「缶入り」と呼ばれ一般に缶詰とは区別される[1]。なお、食品以外の缶詰も製造されている(#食品以外の缶詰)。


  1. ^ a b c 日本食品保蔵科学会『食品保蔵・流通技術ハンドブック』建帛社 p.38 2006年
  2. ^ a b c d e f 缶詰、びん詰、レトルト食品Q&A (生産・消費)”. 日本缶詰協会. 2013年3月6日閲覧。
  3. ^ 黒川勇人『缶詰本』、26頁。
  4. ^ a b c d e f g h 日本食品保蔵科学会『食品保蔵・流通技術ハンドブック』建帛社 p.39 2006年
  5. ^ a b c d e 『Cook料理全集9 かんづめ料理と冷凍食品』 p.176 千趣会 1976年
  6. ^ a b c d かんづめハンドブック 6.缶詰の特徴”. 日本缶詰協会. 2013年3月2日閲覧。
  7. ^ 缶詰ハンドブック 日本缶詰協会 2009年8月22日閲覧
  8. ^ a b 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.38 日東書院 1991年
  9. ^ “日本缶詰協会、缶詰誕生200年で記念事業、発明者メニュー5品を復元”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年4月23日)
  10. ^ a b c 金属缶の誕生(製缶技術の変遷・金属缶の歴史)”. 日本製缶協会. 2016年8月22日閲覧。
  11. ^ そのため、缶詰には「のみとハンマーで開けてください(Cut round on the top near the outer edge with chisel and hammer)」と注意書きが書かれていた。[10]
  12. ^ ジャネット・クラークソン著 富永佐知子訳『スープの歴史』、原書房、2014年、pp102-106
  13. ^ a b 日本缶詰協会監修「缶詰ラベル博物館」2002年6月、p.2
  14. ^ 日本缶詰協会創立80周年記念 缶詰業界の歩みと団体の活動」、日本缶詰協会、2007年。2010年9月11日閲覧。
  15. ^ 日本缶詰検査協会二十五年史、1980年5月
  16. ^ a b 缶詰、びん詰、レトルト食品Q&A (表示)”. 日本缶詰協会. 2013年3月6日閲覧。
  17. ^ a b c 食品保健研究会(編) 1989, p. 168.
  18. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 172.
  19. ^ a b c d 食品保健研究会(編) 1989, p. 169.
  20. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 169-170.
  21. ^ a b c d 食品保健研究会(編) 1989, p. 170.
  22. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 170-171.
  23. ^ a b c d 食品保健研究会(編) 1989, p. 171.
  24. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 171-172.
  25. ^ レファレンス事例詳細 東京都江戸東京博物館図書室 「大東京名物・空気の缶詰」とはどんなもので、いつ頃発売されたのか? - レファレンス協同データベース
  26. ^ 灰缶詰~ハイ!どうぞ!~(垂水市)
  27. ^ 大雪で電車に缶詰、JRはホテルのキャンセル料など支払うの? 2013年3月11日閲覧
  28. ^ 大雪直撃で県内大荒れ、交通網乱れ相次ぐ 山形新聞(2013年2月25日)
  29. ^ アルミニウムリサイクルに関するお話 - アスカ工業)



缶詰

出典:『Wiktionary』 (2008/03/26 08:32 UTC 版)

名詞

かんづめ 表記のゆれ:缶詰め缶づめ

  1. 主に食品長期間保存し、また輸送容易にする目的で、アルミニウム等でできた筒状容器殺菌した食品詰め込み密閉したもの
  2. 比喩狭い場所に閉じこめられて出られない様。
  3. 語義2より)主に出版界において、雑誌などの締め切り前に作家旅館ホテル一室押し込んで、作品完成まで外出をさせないこと。
  4. 語義3より)あるものが完成するまで外出などせず、一室作業をすること。

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「缶詰」の関連用語

缶詰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

F-14

ウェポンベイ

テイルシッター

AH-1

浜松広報館

F4U

潜水艦

YS-11





缶詰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの缶詰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの缶詰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS