缶コーヒーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > コーヒー > 缶コーヒーの意味・解説 

缶コーヒー(かんこーひー)

英字canned coffee
1969年日本開発され、自動販売機普及とともに各地手軽飲まれるようになり、缶コーヒー市場は急速に拡大しました。なお、缶コーヒーを含めリキッドコーヒー(液体コーヒー)は、内容量100g中に生豆換算で「5g以上を使用されているものがコーヒー2.5g以上5g未満使用されているものをコーヒー飲料」とするなどの表示区分義務づけられています。

缶コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 00:14 UTC 版)

缶コーヒー(かんコーヒー)とは、に入っていて、すぐに飲むことのできるコーヒー、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料、あるいは(コーヒー入りの)乳飲料である。主に自動販売機コンビニエンスストアなどで販売されている。チルドカップやペットボトル入りの製品と総括してRTD(Ready to drink)コーヒーとも呼ばれる。











缶コーヒーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

缶コーヒーに関連した本

「缶コーヒー」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「缶コーヒー」の関連用語

缶コーヒーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

U-36A

FOMA N906iμ

エンゼルフィッシュ

カバディ

車両通行区分

1目ゴム編み

WX310K

エアーインテーク





缶コーヒーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2017 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの缶コーヒー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS