縋りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 縋りの意味・解説 

つがり 【連り・鎖り・縋り】

動詞「つがる(連)」の連用形から。「つかり」とも〕
くさり。 「くろがねの-を以て酒の君を縛(ゆわ)ひて/日本書紀 仁徳
糸で結びつないだもの。 「ふぢばかま玉ぬく露の-しつらん新撰六帖 6
口の部分通した緒を引いたりゆるめたりすることで開閉するようにした袋。茶入れなどを包むのに用いる。 〔日葡

縋り

読み方:すがり

ラ行五段活用動詞縋る」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

縋りに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「縋り」の関連用語

縋りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ユビウミウシ

運転免許

イプサム

王 唯任

杉原加代

救援車

工程表

サンショウ





縋りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2016 Weblio RSS