緑の革命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 革命 > 緑の革命の意味・解説 

みどりの かくめい 【緑の革命】 〔green revolution〕

1960年代推進された,稲・小麦などの多収穫品種開発はじめとする農業技術革新と,その発展途上国への導入のこと。

緑の革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/05 21:52 UTC 版)

緑の革命(みどりのかくめい、Green Revolution)とは、1940年代から1960年代にかけて、高収量品種の導入や化学肥料の大量投入などにより穀物生産性が向上し、穀物の大量増産を達成したことである。農業革命の1つとされる場合もある。


  1. ^ 日本大学 - ボーローグ博士に名誉生物資源科学博士”. 2008年11月5日閲覧。
  2. ^ 短稈(たんかん)- 穀類のが短いこと。稈とは節があり中に空間がある茎。
  3. ^ Otsuka, Keijiro. “Poverty Reduction Issues: Village Economy Perspective.” Asian Development Review, July 2001.
  4. ^ a b Otsuka, Keijiro and Frank Place. Land Tenure and Natural Resource Management: A Comparative Study of Agrarian Communities in Asia and Africa. Baltimore, MD: Johns Hopkins University Press, 2001.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大塚啓二郎 (2003年3月). 東アジアの食糧・農業問題 (Report). 経済社会総合研究所. http://www.esri.go.jp/jp/tie/ea/ea2.pdf. 
  6. ^ アジア太平洋フォーラム・淡路会議 - 第6回 井植記念「アジア太平洋文化賞」
  7. ^ 北海道大学 大学院理学研究科 - サイエンストピックス- 平成13年11月- ジベレリンと「緑の革命」(pdf, p.3)
  8. ^ 経済企画庁 - 昭和49年度年次世界経済報告第3章3節(3)
  9. ^ a b c 海外農業研究会 - メキシコ・CIMMYT・第二の緑の革命 - 緑の革命
  10. ^ 国際協力機構 - フィリピン農地改革インフラ支援事業第三者評価報告,P.28の脚注8
  11. ^ WARDA - The NERICA Advantage, NERICA:Rice for Life. (PDF)
  12. ^ 遺伝子工学や細胞操作技術(細胞融合・クローン技術など)。
  13. ^ The Development of "Miracle Rice" Varieties
  14. ^ chapter 4a, An adventure in applied science: A history of the International Rice Research Institute, Robert F. Chandler Jr.
  15. ^ Breeding history - Forty years ago, a remarkable rice-breeding project culminated in the release of a rice variety under an unremarkable name—IR8. This is the story of the research that would ultimately change the face of agriculture across Asia., Tom Hargrove and W. Ronnie Coffman, Rice Today October-December 2006
  16. ^ "自殖性を持つコメやコムギの場合、生産者が自家採種しても近代品種の優れた形質は失われない。そのため、公的機関などで開発された近代品種の種を一度入手すれば生産者は自家採種を続けることで高い水準の単収を維持できる。この結果、生産者の間で優れた近代品種の種子が幅広く普及し、「緑の革命」へとつながった。"、第1章 食糧危機とトウモロコシの需給、清水達也、清水達也編、『食糧危機と途上国におけるトウモロコシの需要と供給』調査研究報告書、アジア経済研究所、2010年
  17. ^ a b c d e f g h i 作物学(I)-食用作物編-、執筆者代表 石井龍一、文永堂出版株式会社、2000年8月10日 初版、ISBN 978-4-8300-4097-9 C3061
  18. ^ 単体の窒素ではなく、肥料成分の窒素化合物(アンモニア態窒素硝酸態窒素)の吸収能力。
  19. ^ 総合地球環境学研究所 - 緑の革命と遺伝的多様性
  20. ^ a b J-tokkyo - 植物の半矮性化に関与するsd1遺伝子、並びにその利用(特許公開番号:特開2003-260
  21. ^ Xu Y.L. et al. (1995) "The GA5 locus of Arabidopsis thaliana encodes a multifunctional gibberellin 20-oxidase: molecular cloning and functional expression" PNAS 92:6640-6644.
  22. ^ Silverstone A.L. et al. (1997) "Developmental regulation of the gibberellin biosynthetic gene GA1 in Arabidopsis thaliana." Plant J. 12:9-19.
  23. ^ Silverstone A.L., C.N.Ciampaglio, and T.Sun (1998) "The Arabidopsis RGA gene encodes a transcriptional regulator repressing the gibberellin signal transduction pathway." Plant Cell 10:155-167.
  24. ^ Appleford N.E.J. et al. (2007) "Decreased shoot stature and grain -amylase activity following ectopic expression of a gibberellin 2-oxidase gene in transgenic wheat" JXB Advance Access published online on October 4, 2007 1-14.
  25. ^ このほかに、小麦農林10号の半矮性Rht1遺伝子座と相同なイネ遺伝子座が同定されており、長稈化を示すスレンダーライス遺伝子(恒常的ジベレリン応答性突然変異遺伝子)slr1もクローニングされている。『ジベレリンと「緑の革命」』(pdf, p.6)
  26. ^ Otsuka, Keijiro, Fe Gascon, and Seki Asano. “’Second Generation’ MVs and the Evolution of the Green Revolution: The Case of Central Luzon, 1966-90.” Agricultural Economics 10 (3), May 1994, pp. 283-95.
  27. ^ Estudillo, Jonna P and Keijiro Otsuka. “Has Green Revolution Ended? A Review of Long-Term Trends in MV Adoption, Rice Yields, and Rice Income in Central Luzon, 1966-98.” Japanese Journal of Rural Economics 3, 2001, pp. 51-64.
  28. ^ a b c Pingali, P.L., M. Hossain, and R.V. Gerpacio. Asian Rice Bowls: The Returning Crisis? Wallingford, UK: CAB International.
  29. ^ a b c d David, Cristina C. and Keijiro Otsuka. "Modern Rice Technology and Income Distribution in Asia.", Boulder, Col.: Lynne Rienner, 1994.
  30. ^ Otsuka, Keijiro. “Role of Agricultural Research in Poverty Reduction: Lessons from Asian Experience.” Food Policy 25 (4), August 2000, pp. 447-62.
  31. ^ 菊池真夫「熱帯モンスーン・アジア稲作農業の 50 年:スリランカとフィリピンを中心として」、千葉大学園芸学部、2002 年
  32. ^ Binswanger, Hans P. and Jimmy Quizon. “What Can Agriculture Do for the Poorest Rural Groups?” In I. Adelman and S. Lane (eds.), The Balance between Industry and Agriculture in Economic Development. New York: St. Martin’s Press, 1989.
  33. ^ Hayami, Yujiro. Development Economics. Oxford: Clarendon Press, 1997.
  34. ^ Hayami, Yujiro and Masao Kikuchi. Asian Village Economy at the Crossroads. Minneapolis, MN: University of Minnesota Press, 1982.
  35. ^ Estudillo, Jonna P and Keijiro Otsuka., “Has Green Revolution Ended? A Review of Long-Term Trends in MV Adoption, Rice Yields, and Rice Income in Central Luzon, 1966-98.”, Japanese Journal of Rural Economics 3, 2001, pp. 51-64.
  36. ^ このような例は枚挙にいとまがないが、二例ほど挙げる。現在の日本のコメ品種はコシヒカリササニシキと近縁の品種が大部分である。また、旧来の菜種油には健康に被害を及ぼすエルカ酸残基や菜種種子にグルコシノレートが大量に含まれていたため、アブラナの品種はそれらをほとんど含まないカノーラや同等の特性を持つ品種に置き換えられた。
  37. ^ JAS法及び有機JAS規格には、自然農法の定義が存在しない。
  1. ^ a b Defining the Green Revolution - What Was the Green Revolution?
  2. ^ Defining the Green Revolution - What Was the Green Revolution?
  3. ^ RAND社 - Pardee Center p.19 (pdfとしては29ページ目)
  4. ^ FAO - Rice paddies(IR8の育成年が1962年となっているが、1966年の誤りである)
  5. ^ TIME - Rice of the Gods
  6. ^ CGIAR - Rice research hub for Greater Mekong Subregion opens in Laos: cooperation is key in Southeast Asia’s most important rice bowl(News Release: January 23, 2007)
  7. ^ De Datta S.K., Tauro A.C. and Balaoing S.N. (1968)"Effect of plant type and nitrogen level on growth characteristics and grain yield of indica rice in the tropics." Agron. J. 60:643-647.
  8. ^ The Wall Street Journal - "Feeding Billions, A Grain at a Time"
  9. ^ Oasa, Edmud K. (1987)"The Political Economy of International Agricultural Research in Glass", Bernhard, ed., The Green Revolution Revisited, pp.13–55.
  10. ^ Inwent(NGO) - Indispensable resources
  11. ^ Brown, Lester.(1970) "Seeds of Change." New York: Praeger Publishers.
  12. ^ a b c d Conway, Gordon.(1998) "The Doubly Green Revolution." Ithaca: Cornell University Press.
  13. ^ Church, Norman (2005) "Why Our Food is So Dependent on Oil"
  14. ^ Sherer, Dennis (2007) "Fuel costs, drought influence price increase", TimesDaily.
  15. ^ Trumbull, Mark (2007) "Rising food prices curb aid to global poor"
  16. ^ BBC - "The end of India's green revolution? "
  17. ^ Tierney, John (2008年5月19日). “Greens and Hunger” (英語). TierneyLab - Putting Ideas in Science to the Test. The New York Times. 2009年2月13日閲覧。







緑の革命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

緑の革命に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「緑の革命」の関連用語

緑の革命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




緑の革命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緑の革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS