綿実油とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > 綿実油の意味・解説 

綿実油

主として圧抽法により採取される半乾性油である。綿の主産地アメリカで、ロシア中国インド中南アメリカ東南アジア・アフリカの諸国でも産するわが国で処理される製油原料は、主として米国から輸入していた が、最近はほとんど半精製油として輸入している。原油有毒色素ゴシポール遊離脂肪酸リン脂質多く含むため、大量アルカリを用い脱酸するので他の植物性油脂にくらべて精製損失多く、また淡色の油が得がたい。これらの問題解決するため、最近ミセラ精製一部行われるようになった
沃素価102120鹸化価190197屈折率n1.470~1.472、比重d0.916~0.922、不鹸化物1.5%以下、脂肪酸組成ミリスチン酸0~3%、パルミチン酸2030%、パルミトオレイン酸0~2%、ステアリン酸1~3%、オレイン酸1520%、リノール酸5060%である。綿実油は風味がよく、酸化安定性比較的よいので、主としてサラダ油フライ油として使用されるが、この場合には脱ろうを行って固体脂を除去なければならない脱ろうで得られた固体脂は綿実ステアリンとよばれ、マーガリン・ショートニングの原料になる。
綿実油
生産国米国南アメリカ中国東南アジアインドロシア

綿実油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/03 16:02 UTC 版)

綿実油(めんじつゆ)は、ワタ種子を原料とした油脂。主に食用油として用いられる。


  1. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  2. ^ 『15710の化学商品』 化学工業日報社、2010年、1381頁。


「綿実油」の続きの解説一覧





綿実油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

綿実油に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「綿実油」の関連用語

綿実油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アボカド油

こめ油

とうもろこし油

カカオ脂

ひまわり油

綿実油

なたね油

ごま油





綿実油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綿実油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS