絶対パスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 絶対パスの意味・解説 

絶対パス

読み方ぜったいパス
別名:フルパス
【英】absolute path

絶対パスとは、階層型ファイル構造において、ファイルディレクトリ位置指定する手法のうち、最上位位置するルートディレクトリから階層構造パス)を全て明示することによって対象位置表現する手法のことである。

絶対パスを用いると、システム全体から見た位置関係が明確になり、相対的位置関係関わらずに、ファイル特定できるという利点がある。他方、絶対パスでの記述は、逐次ルートディレクトリから記述なければならないという煩雑さがある。

ファイル位置指定現在位置カレントディレクトリ)を起点として相対的に表現する手法は、絶対パスに対して相対パス呼ばれる相対パス比較簡素記述できるが、他のサーバー上のファイル指定できないという難点がある。

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイルシステム:  ルートディレクトリ  サブディレクトリ  サブフォルダ  絶対パス  ジャーナル  相対パス  タイムスタンプ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

絶対パスに関連した本

絶対パスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「絶対パス」の関連用語

絶対パスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




絶対パスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ絶対パスの記事を利用しております。

©2014 Weblio RSS