絞り加工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 加工 > 絞り加工の意味・解説 

絞り加工

金属板をプレス機により変形加工すると、継ぎ目の無いくぼみを持つ製品が得られる。このくぼみを得る加工を絞り加工と呼ぶ。
深絞り加工は、たとえば、円板からコップ状の底付き円筒容器をつくる場合のように、所定輪郭形状剪断した平板素材を、ダイスおよびポンチよばれるメス・オス一対金型用いて成形する作業である。深絞りと似た加工で、平板素材から、つばのついた帽子のように平面から曲面張り出した形の容器成形するのが張出し加工である。張出し加工メス型なし、オス型のみでも可能であるが、製品曲面部の板厚素材より薄くなり、ついには破断するので、深絞りほど深い容器成形できない一般に、たとえば自動車ボディーのような複雑な曲面形の成形加工は、深絞り成形張出し成形複合されたプレス加工である。
へら絞り加工spinning)は、円板素材から回転対称形の容器をつくる作業であり、ろくろ台に粘土をのせて回転しながら壺を成形するのと同じ原理作業である。ただし、スピニング機の回転軸通常の場合平となっている。そして製品容器内面形状にあわせた成形型を用い、その端面素材円板取り付け回転させ、円板外面側からロールによって圧力をかけ、素材一部分ずつ塑性変形させ、成形型になじませていくのであるロールではなく、へらを用いて成形することもあるので、へら絞り呼ばれる。この加工法では、ダイスポンチによる深絞りでは作れない、たとえば水筒のように口がすぼまった容器製造も可能である。


深絞り加工

適している分野・使用事例

キャップ類、ボトル容器アルミ缶灰皿など。

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

絞り加工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/05 20:44 UTC 版)

絞り加工とは板金加工のひとつで、一枚の金属の板に圧力を加え、絞り込み(圧縮し)凹状に加工し、容器形状にすることである[1]


  1. ^ a b 職業能力開発総合大学校能力開発研究センター 「2級技能士コース 工場板金科教科書」
  2. ^ kotobank 「鎚起」


「絞り加工」の続きの解説一覧





絞り加工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「絞り加工」の関連用語

絞り加工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スロッター加工

5面加工

プラズマ加工

ブロー成形

エンボス

バット溶接

ショットブラスト

アルマイト仕上げ





絞り加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絞り加工 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS