結節性筋膜炎とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 軟部腫瘍 > 結節性筋膜炎の意味・解説 

結節性筋膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/23 14:57 UTC 版)

結節性筋膜炎(けっせつせいきんまくえん、 Nodular fasciitis,ICD10コード M7239,[1])は、皮下深部に好発する腫瘍様病変( tumor-like lesion)である。骨・軟部腫瘍の分類の枠組みの中で常に論じられる疾患だが,腫瘍ではないのでICD-Oコードは付与されていない。1955年にKonwalerが皮下の偽肉腫性線維腫症(pseudosarcomatous fibromatosis)として報告し「筋膜炎(fasciitis)」と命名したのが最初である。それまで線維腫、線維腫症、肉腫と診断されていた病変から独立した疾患単位として記載されたものである。代表的な良性腫瘍様病変として病理専門医や整形外科医には周知の疾患である。脂肪腫や神経鞘腫に比較すると遭遇頻度は稀であるが,診断目的で生検または切除される機会が多いため,総合病院の病理検査室であれば年に数例は診断機会のある病変である。




「結節性筋膜炎」の続きの解説一覧





結節性筋膜炎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

結節性筋膜炎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「結節性筋膜炎」の関連用語

結節性筋膜炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




結節性筋膜炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結節性筋膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS