経営ビジョンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 経営 > 経営ビジョンの意味・解説 

経営ビジョン

読み方けいえいびじょん
【英】:Vision

経営ビジョンとは、『長期的時間軸を持って、企業目的使命実現・提供すべき企業価値などの「将来あるべき姿」を明らかにしたものであり、そこに至るための企業独自の中核能力コア・コンピタンス)や経営資源の展開方向(方針戦略)、および企業内で共有されるべき思考行動様式や行規範集大成したもの』である。

記憶に残る程度簡易に述べるならば、企業経営全般にわたる『革新活動基本設計図』であるとも言えよう。

Vision直訳すると、「視覚」「視力」「創造力」「洞察力」「未来像」といった言葉になるが、従来日本企業が描いてきたビジョン未来像」の多くは、将来社会環境経営環境を十分に「洞察」しないまま、また、未来像に至る道筋戦略)を「創造」しないままのものであった感が強い。

すなわち、「戦略不在」「価値観不在」「理念軽視」とも言える機能不全ビジョン」であった。「2001年1兆企業構想」といった「数値目標偏重」が日本型経営ビジョンの特徴であり、その結果外部環境変化やそれに伴う業績悪化により、いとも簡単ビジョン放棄してきたと言えるだろう。

これに対し、ビジョナリーカンパニーと称される欧米の「理念主導企業」の場合には、経営ビジョンの原点は「経営理念」であり、経営理念原点は「創業者を含む歴代トップマネジメント経営哲学世界観」であると位置付けている。3MGEIBMソニー等に代表されるビジョナリーカンパニーは、そのほとんどが業界超一流企業であり、たとえ経営者交代しようとも、何十年にもわたり成長続けている。成長の鍵は、トップが替わろうとも連綿と受け継がれ、全社員から理解共感共鳴共有される不変不朽の経営理念であり、それに裏付けられた企業戦略事業戦略構想力である。

経営ビジョンの狙いは、「トップはじめとする全社員の想像力Imagination)と創造力Creativity)の喚起通じ全社エネルギー一つ方向向けて結集」である。

先進的企業では「ビジョン機能しないのではない、機能しないビジョンしか作ってこなかったのだ」という反省に立ち、「21世紀初頭をどう生き抜き価値ある企業として世の中Stakeholder)に共鳴されうるか」といったことを考え始めている。

社会生活者との共鳴主眼に、事業構造企業風土抜本的革新基本設計図となる「機能するビジョン」を確立すること。21世紀見越した「経営ビジョンの再構築」が始まっている。





経営ビジョンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

経営ビジョンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「経営ビジョン」の関連用語

経営ビジョンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

手カギ

ランサーカーゴ

外側環軸関節

Golf

雲城水

XJR1300

ハネ

ペトリオット





経営ビジョンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS