紀元節とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 紀元節の意味・解説 

紀元節

作者夏目漱石

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


紀元節

読み方:キゲンセツ(kigensetsu)

旧日帝国時代に、四方拝天長節明治節と並んで四大節として祝った祝日一つ

季節

分類 人事


紀元節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/10 19:34 UTC 版)

紀元節(きげんせつ)は、古事記日本書紀日本の初代天皇とされる神武天皇即位日をもって定めた祝日。日付は2月11日1873年明治6年)に定められ、1948年昭和23年)に占領軍 (GHQ)の意向で廃止された。かつての祝祭日の中の四大節の一つ[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 四大節は、旧制度の4つの祭日で、紀元節(2月11日)、四方節(1月1日)、天長節明治節を指す。
  2. ^ 日本書紀によれば、神武天皇即位日は、辛酉年春正月、庚辰、日付は正月朔日、すなわち、1月1日 (旧暦)。(『日本書紀』卷第三、神武紀 「辛酉年春正月 庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮」)
  3. ^ 「服者」(ぶくしゃ)とは、近親が死んだために、喪に服している者のこと。
  4. ^ 内閣官報局編『法令全書』、国立国会図書館・近代デジタルライブラリー
  5. ^ この不都合を回避するため、1873年明治6年)の「孝明天皇御例祭」(孝明天皇の命日の祭祀)は、1月23日と定められた。
  6. ^ 三統暦までは木星の運行を考慮する「超辰法」が用いられた。
  7. ^ 天文学上の記法では−659年2月18日、ユリウス通日は1480407、ユリウス暦では紀元前660年2月18日となる。
  8. ^ たとえば、三笠宮崇仁親王は、科学的根拠に欠けると歴史学者としての立場から復活に批判的であった。
  9. ^ 2月11日は、1967年(昭和42年)に「建国記念の日」として祝日となったが、宮中祭祀は行われていない。(参照:主要祭儀一覧、宮内庁)皇室祭祀令が規定する毎年大祭の中で唯一、紀元節祭だけが行われていない。
  10. ^ 「皇室祭祀と建国の心」 日本会議
  11. ^ 林青梧 『「日本書紀」の暗号―真相の古代史』 講談社、日本、1990年ISBN 4062049635
  12. ^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p842)1960年4月 富山市史編纂委員会
  13. ^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p900)1960年4月 富山市史編纂委員会


「紀元節」の続きの解説一覧





紀元節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

紀元節に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紀元節」の関連用語

紀元節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

菅島灯台

カジュアルスタイル

ブラック・パラダイスフィッシュ

岩崎彌之助

S-653

eKスポーツ

小癋見

DEMIO





紀元節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紀元節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS