節分とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 節分の意味・解説 

せち ぶん 【節分】

せつぶん(節分) 」に同じ。 「あるじせぬ所,まいて-などはいとすさまじ枕草子 25

せつ ぶん [0] 【節分】

特に立春前日の称。この日(いわし)の頭をひいらぎ小枝刺し戸口にさし,炒り豆をまいて悪疫退散招福行事を行う風習がある。冬から春への境として物忌みに籠ったのが本来の行事[季] 冬。 → 追儺(ついな)

せつぶん 【節分】

狂言の一。節分の夜,鬼に口説(くど)かれた女が,鬼をだまして隠れ蓑打ち出の小槌(こづち)などを奪い,そのあげく「鬼は外」と豆をまいて追い出してしまう。

節分

読み方:セチブン(sechibun)

(1)各季節の分れる日。立春立夏立秋立冬前日をさす。
(2)とくに立春前日をいう。


節分(せつぶん)

各々土用最後日を、季節の分かれ目であり次の節に分かれる日という意味から、この日を節分と言います。次の日から季節が立つ(変わる)訳ですから、いずれも立春立夏立秋立冬前日に当り、以下のように年4回の節分があります
四季分かれ目行われていた四回の節分の内、立春前日の節分のみが現在も年中行事一つとして残っているのは、古く立春正月であったことで年の変わり目に当たっていたこと、「鬼やらい」など他の節分にはない行事があったことが考えられます。 「鬼やらい」とは、いわゆる炒った豆(大豆)で厄払いする現在の節分の行事をいい、元々は宮中における行事の「追儺儀式」が一般庶民に広まったもので、「鬼は外福は内と言いながら豆を撒き、季節の変わり目に多い病気天災などの厄を鬼に見立て追い出し戸口の頭を刺し取り付け生臭さを嫌う鬼(厄)を近づけないようにする風習あります

春の節分 冬季最終日立春前日2月3日または4日
夏の節分 春季最終日立夏前日5月5日または4日
秋の節分 夏季最終日立秋前日8月7日または6日
冬の節分 秋季最終日立冬前日11月7日または6日

節分(2月3日ごろ)

節分について

節分立春立夏立秋立冬前日を節分といい、四季分かれ目行われていた四回の節分の内、立春前日の節分のみが現在も年中行事一つとして残っています。古く立春正月であったことで年の変わり目に当たっていたこと、「鬼やらい」など他の節分にはない行事があったことが考えられます。

鬼やらい」とは、いわゆる炒った豆(大豆)で厄払いする現在の節分の行事をいい、元々は宮中における行事の「追儺儀式」が一般庶民に広まったもので、「鬼は外福は内と言いながら豆を撒き、季節の変わり目に多い病気天災などの厄を鬼に見立て追い出し戸口の頭を刺し取り付け生臭さを嫌う鬼(厄)を近づけないようにする風習あります

豆を撒き終わったら

撒かれた豆を、自分年齢の数またはそれに一つ加えた数だけ食べる。「まめになる」や「病気ならない」とのいわれがあります。また年齢の数に一つ加えた数を食べるのは、厄年早く終わりますようにと願いもあるようです

恵方巻(えほうまき)

恵方巻き

恵方巻きは、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司を節分の夜にその年恵方に向かって一言も喋らず、願い事思い浮かべながら太巻きまるかじりするのが習わしです。巻き寿司を使うのは、福を巻き込むまるごと食べるのは、縁を切らないという意味があるようです

近畿地方中心とした風習でありましたが、最近では関係業界販売促進により全国に広まり「恵方巻き恵方寿司)」を食べるというのも一般的になりつつあります



節分

作者ジョーク山越

収載図書冗談
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2005.5


節分

作者松山巌

収載図書猫風船
出版社みすず書房
刊行年月2007.6


節分(せつぶん)

読み方:せつぶん

  1. 婦女転び隠所をあらはに出せしを云ふ。追儺豆まきに擬せし語なり。
  2. 節分。女子転び陰部露出するをいふ。追儺豆まきに擬せしなり。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

節分

読み方:セチブ(sechibu)

季節の移り変る時の意で、後冬から春への変り目

季節

分類 時候


節分

読み方:セツブンsetsubun

季節の移り変わり、特に立春前日をいい、民間ヒイラギイワシの頭をつけたのを門戸にさしたり日暮れ豆まきを行う

季節

分類 人事時候

月日 二月四日


節分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/02 09:15 UTC 版)

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。


  1. ^ a b c d e f 鈴木昶「くすりと民俗2:疫病追い出す節分」、『月刊漢方療法』第12巻第11号、2009年2月、 p.p.74-76。
  2. ^ 日置昌一 「話の大事典」 名著普及会 1983年
  3. ^ #金光と大本122頁
  4. ^ #金光と大本123頁
  5. ^ 節分に落花生をまくって、有りですか? (2/3)(All About)
  6. ^ 徳川家康が祈願所とし武運長久を祈っていた


「節分」の続きの解説一覧

節分

出典:『Wiktionary』 (2011/11/14 18:09 UTC 版)

名詞

せつぶん

  1. 季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日
  2. 特に立春の節分のこと。

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「節分」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「節分」の関連用語

節分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




節分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2014
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2014 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの節分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの節分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS