第183回国会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第183回国会の意味・解説 

第183回国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/11 20:25 UTC 版)

第183回国会(だい183かいこっかい)とは、2013年1月28日に召集された通常国会。会期は同年6月26日までの150日間。




  1. ^ “通常国会、28日に召集…官房長官、正式に伝達”. 読売新聞. (2013年1月17日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130117-OYT1T00672.htm 2013年1月21日閲覧。 
  2. ^ “未来が分裂、「生活の党」に 嘉田・阿部両氏は離党”. 日本経済新聞. (2012年12月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28043_Y2A221C1PP8000/ 2013年1月21日閲覧。 
  3. ^ “政府が総額13.1兆円の補正予算を閣議決定 高まる国債依存”. ロイター. (2013年1月15日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90E06B20130115 2013年1月21日閲覧。 
  4. ^ “安倍首相、東南アジア3か国への初外遊に出発”. 読売新聞. (2013年1月16日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130116-OYT1T00356.htm 2013年1月21日閲覧。 
  5. ^ “首相、予定早め帰国”. 産経新聞. (2013年1月19日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130119/plc13011908230011-n1.htm 2013年1月21日閲覧。 
  6. ^ “通常国会が開幕 会期は6月26日までの150日間”. 日本経済新聞. (2013年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2800C_Y3A120C1MM0000/ 2013年1月29日閲覧。 
  7. ^ “政府、13年度予算案を閣議決定 7年ぶり減額”. 日本経済新聞. (2013年1月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL280L4_Y3A120C1000000/ 2013年1月31日閲覧。 
  8. ^ “民主・海江田代表「アベノミクス」追及 国会論戦スタート”. 産経新聞. (2013年1月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130130/plc13013013360014-n1.htm 2013年1月31日閲覧。 
  9. ^ “首相「原発新設、腰を据えて検討」 参院代表質問”. 日本経済新聞. (2013年1月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3100C_R30C13A1MM0000/ 2013年1月31日閲覧。 
  10. ^ 首相問責決議可決へ 電気事業法など廃案へ 国会閉幕 朝日新聞 2013-06-26
  11. ^ 法案成立率84.0%=民主政権から大幅回復-通常国会 時事ドットコム 2013-06-26


「第183回国会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「第183回国会」の関連用語

第183回国会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

苗場黄菫

沢尻

マアジ

BMW Z4 M クーペ

イタヤカエデ

ジョンコン

18GHz帯,無線アクセスシステム

沼ヶ森水源の森





第183回国会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第183回国会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS