第二世代抗ヒスタミン薬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 第二世代抗ヒスタミン薬の意味・解説 

第二世代抗ヒスタミン薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/10 05:13 UTC 版)

第二世代抗ヒスタミン薬(だいにせだいこうひすたみんやく)とは、抗ヒスタミン薬のうち、1983年以降に発売されたもので、それ以前から用いられていた塩酸ジフェンヒドラミン(商品名:レスタミン・ベナ・ドリエル)やd-クロルフェニラミンマレイン酸塩(商品名:ポララミン)などの第一世代抗ヒスタミン薬と比較して、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用の少ないものを言う。




「第二世代抗ヒスタミン薬」の続きの解説一覧





第二世代抗ヒスタミン薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「第二世代抗ヒスタミン薬」の関連用語

第二世代抗ヒスタミン薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




第二世代抗ヒスタミン薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第二世代抗ヒスタミン薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS