競艇とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 競艇の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


競艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/17 07:03 UTC 版)

競艇(きょうてい)は、競輪競馬オートレースと並ぶ公営競技の1つで、 モーターボート競走法をはじめとする法令ルールの下[1]プロの選手達によって行われるモーターボート競技かつギャンブルである。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ボートとの接触に耐えられるよう、ターンマークの円錐部分の外側は金属でできている。その下の浮き輪部分はゴム[8]
  2. ^ 一般的なモーターボートは「エンジン」と呼ぶが、競艇関連のメディアでは「モーター」と表記するのが一般的。
  3. ^ 一般には「スクリュー」と呼ばれるが、競艇では「プロペラ」あるいは「ペラ」と呼ぶのが一般的。
  4. ^ 開催期間外もほとんどの時間はプロペラの調整に充てられ、選手間で研究グループが作られるほど、プロペラの出来不出来がレースの結果に大きく影響する。
  5. ^ 一開催の勝率を得点率という[62]
  6. ^ その選手の責任で生じたスタート事故や欠場も算入される[63]
  7. ^ 7号艇が存在した時代もあり、色はピンクだったといわれている[30]
  8. ^ 過去に認められていない私物部品を使用したことが発覚し、当時のトップ選手が永久追放処分になっている。
  9. ^ スリット写真で撮影している範囲内を含む。
  10. ^ 他の公営競技ではゴール着順の判定に使われる。ただし、競艇でもまれにゴールの着順を写真判定する場合がある。
  11. ^ 全国発売のレースは多大な売り上げが見込める反面、フライングが発生した場合は返還額も巨額になり、施行者に対して多大な損害を与える(SG優勝戦の場合、返還額は20億円程度になることもある)ため、特にフライングや出遅れに関する罰則は厳しくされている。
  12. ^ 東京都内の競艇場(江戸川・平和島・多摩川)とびわこ・唐津ではチャイムコールがある。
  13. ^ 2014年6月の時点で審判長によるアナウンスを実施している競艇場は蒲郡、常滑、津、三国、びわこ、住之江、尼崎、丸亀、児島、宮島。かつては戸田・鳴門・徳山・下関等の各競艇場でも審判長によるコールを行っていた。
  14. ^ 原則は外側であるが、外側に十分な間隔がない場合は内側を航走するよう指示が出る。
  15. ^ 公営競技の中では、払戻金の発表が最も速い。これは競技の性質上僅差の決着が少なく、早く確定するため。
  16. ^ 2回出走する場合、間に2レースのインターバルが設けられる[108]
  17. ^ 選手数が少ない場合は2レースを行い、3着以内に入った6名が進出[109]
  18. ^ 予選得点率1位の選手を優先的に優勝戦に選出する方式を併用する場合もある[109]
  19. ^ 高校野球でも採用しているが選手の負担軽減を図るべく行なう形式で両日の第11レース・第12レースで行う。
  20. ^ 第9レースからが準々決勝となっている。
  21. ^ 賞金王決定戦は獲得賞金額上位12名の選手が固定され、4日間で組み合わせを変えて4走する。
  22. ^ 「準優勝戦」が2レースで、上位3着までの選手が「優勝戦」に進出する開催もある。
  23. ^ ただし公認競艇場としての第1号は三重県津競艇場である[116][117]
  24. ^ ただし2010年に実施した「2連単ナイトフェスタ」の時は実施せず。
  25. ^ 各式別の的中確率は、単勝1/6、複勝2/6、二連複1/15、拡連複3/15、二連単1/30、三連複1/20、三連単1/120。ちなみに、オートレースの三連単は1/336、競輪の三連単は1/504、競馬の三連単は18頭立てで1/4896である。
  26. ^ CMイメージソングは小柳ゆきが担当。
  27. ^ なお、和田はCMイメージソングも手掛けている。
  28. ^ 12月23日まで
  29. ^ この期間から提供クレジット「KYOTEI(競艇)」から「BOAT RACE(ボートレース)」に一新。CMイメージソングはDo As Infinityが担当。
  30. ^ 2010年12月24日 - 2011年12月25日
  31. ^ 2011年12月25日 - 2013年12月23日
  32. ^ 2013年12月23日 - 2014年12月31日
  33. ^ 日本財団の前身「日本船舶振興会」と名称は酷似しているが別法人。同法人は2007年に正式名を「財団法人競艇振興センター」と改めた際、「競艇振興会」を呼称としていたが、2010年に現在の「BOAT RACE振興会」の呼称に変更。2013年の公益法人の見直しで一般財団法人となってからは、正式な名称も「一般財団法人BORT RACE振興会」に統一された。

出典

  1. ^ a b 藤野2006、20頁。
  2. ^ a b 蛭子1992、72頁。
  3. ^ 宮島競艇 今昔 年表編 - Miyajima Kyotei Freaks(宮島競艇フリークス)
  4. ^ 「競艇振興会」から「BOAT RACE振興会」へ(2010.3 BOAT RACE振興会 )
  5. ^ モーターボート競走の呼称変更について2010年4月26日(2010.4 競艇公式サイト ウェブアーカイブ)
  6. ^ a b c d e 藤野2006、22頁。
  7. ^ a b c d e 蛭子1992、34頁。
  8. ^ a b 蛭子1992、27頁。
  9. ^ a b 藤野2006、24頁。
  10. ^ a b 蛭子1992、35頁。
  11. ^ 藤野2006、23-25頁。
  12. ^ a b c d 藤野2006、25頁。
  13. ^ a b 蛭子1992、33頁。
  14. ^ 蛭子1992、33-34頁。
  15. ^ a b c 蛭子1992、26頁。
  16. ^ 落雷で三国の開催が中止 - デイリースポーツ 2015年1月17日 大時計故障して開催が中止になった例。
  17. ^ a b 藤野2006、26頁。
  18. ^ a b c 蛭子1992、22頁。
  19. ^ 藤野2006、26-27頁。
  20. ^ 蛭子1992、23頁。
  21. ^ 藤野2006、27頁。
  22. ^ 藤野2006、21-22頁。
  23. ^ 藤野2006、28頁。
  24. ^ 藤野2006、28-29頁。
  25. ^ a b 藤野2006、30頁。
  26. ^ a b 藤野2006、29頁。
  27. ^ a b c 蛭子1992、32頁。
  28. ^ a b 蛭子1992、56頁。
  29. ^ a b c d 藤野2006、153頁。
  30. ^ a b c d e 藤野2006、48頁。
  31. ^ a b c 藤野2006、47頁。
  32. ^ http://www.kyo-tei.com/maniac/oldboat.htm
  33. ^ http://www.kyo-tei.com/maniac/motor07.htm
  34. ^ 蛭子1992、54頁。
  35. ^ 藤野2006、50頁。
  36. ^ a b 藤野2006、179頁。
  37. ^ 藤野2006、51頁。
  38. ^ a b 蛭子1992、57頁。
  39. ^ a b c d 藤野2006、154頁。
  40. ^ 藤野2006、149頁。
  41. ^ 蛭子1992、62頁。
  42. ^ 蛭子1992、62-63頁。
  43. ^ 蛭子1992、63頁。
  44. ^ 蛭子1992、64頁。
  45. ^ 蛭子1992、64-65頁。
  46. ^ 藤野2006、156頁。
  47. ^ a b c 藤野2006、45頁。
  48. ^ 新プロペラ制度について2011年12月25日・ボートレース公式HPより
  49. ^ スポニチアネックス(2013年10月12日)
  50. ^ 藤野2006、97頁。
  51. ^ a b 藤野2006、100頁。
  52. ^ a b 藤野2006、117頁。
  53. ^ 藤野2006、105-106頁。
  54. ^ 蛭子1992、51頁。
  55. ^ 藤野2006、106-107頁。
  56. ^ 蛭子1992、49頁。
  57. ^ 蛭子1992、55頁。
  58. ^ a b c 藤野2006、122頁。
  59. ^ 蛭子1992、170頁。
  60. ^ 藤野2006、56頁。
  61. ^ a b c d 藤野2006、57頁。
  62. ^ a b 蛭子1992、38頁。
  63. ^ a b 藤野2006、58頁。
  64. ^ 藤野2006、56-57頁。
  65. ^ 藤野2006、128頁。
  66. ^ 蛭子1992、37頁。
  67. ^ 藤野2006、111-112頁。
  68. ^ 藤野2006、32-35頁。
  69. ^ 藤野2006、34頁。
  70. ^ 藤野2006、45-46頁。
  71. ^ 蛭子1992、19頁。
  72. ^ 藤野2006、138頁。
  73. ^ 藤野2006、139頁。
  74. ^ 藤野2006、138-139頁。
  75. ^ 蛭子1992、21頁。
  76. ^ 著しく異なる進入航走の廃止
  77. ^ 藤野2006、35頁。
  78. ^ 藤野2006、37頁。
  79. ^ a b 藤野2006、36頁。
  80. ^ 藤野2006、37-38頁。
  81. ^ a b 蛭子1992、36頁。
  82. ^ a b 藤野2006、41-42頁。
  83. ^ a b c 藤野2006、38頁。
  84. ^ a b 蛭子1992、41頁。
  85. ^ 日刊スポーツ(2013年10月22日)
  86. ^ 藤野2006、42-43頁。
  87. ^ 蛭子1992、144頁。
  88. ^ 藤野2006、51-52頁。
  89. ^ 蛭子1992、28頁。
  90. ^ a b 藤野2006、52頁。
  91. ^ a b c 藤野2006、52-53頁。
  92. ^ a b 蛭子1992、31頁。
  93. ^ a b c 藤野2006、54頁。
  94. ^ a b c d 蛭子1992、30頁。
  95. ^ 藤野2006、53頁。
  96. ^ a b c 蛭子1992、43頁。
  97. ^ 蛭子1992、42頁。
  98. ^ a b 蛭子1992、44-45頁。
  99. ^ 藤野2006、81頁。
  100. ^ 藤野2006、87頁。
  101. ^ 藤野2006、82-83頁。
  102. ^ 藤野2006、83頁。
  103. ^ a b c d 藤野2006、84頁。
  104. ^ 藤野2006、118-120頁。
  105. ^ a b 藤野2006、125頁。
  106. ^ a b c d 蛭子1992、50頁。
  107. ^ 藤野2006、89-90頁。
  108. ^ a b 蛭子1992、46頁。
  109. ^ a b c d 藤野2006、85頁。
  110. ^ a b 藤野2006、86頁。
  111. ^ 藤野2006、86-87頁。
  112. ^ 藤野2006、91頁。
  113. ^ 藤野2006、90-91頁。
  114. ^ 蛭子1992、69頁。
  115. ^ 日本の公営競技と地方自治体石川義憲、一般財団法人自治体国際化協会、2010年(平成22年) 2月
  116. ^ a b 藤野2006、18頁。
  117. ^ 蛭子1992、71頁。
  118. ^ 平成元年代(1989~1997年)>ページ25 - 全施協50周年記念誌
  119. ^ ファンファーレを19年ぶりに一新!SG「第37回笹川賞競走」(浜名湖競艇場)にて初披露
  120. ^ ボートレースオフィシャルWeb(2011年3月13日)
  121. ^ スポーツニッポン(2011年3月28日)
  122. ^ ボートレースオフィシャルWeb(2011年4月18日)
  123. ^ 日刊スポーツ(2011年5月13日)
  124. ^ a b 藤野2006、55頁。
  125. ^ 蛭子1992、66頁。
  126. ^ 平成26年度SG及びプレミアムGI(賞金女王決定戦、名人戦、ヤングダービー、女子王座決定戦)並びにモーターボート大賞の開催地決定(2013年7月1日 同7月9日閲覧)
  127. ^ 藤野2006、65頁。
  128. ^ 藤野2006、59頁。
  129. ^ 藤野2006、60頁。
  130. ^ 藤野2006、161-164頁。
  131. ^ 蛭子1992、79頁。
  132. ^ 藤野2006、165-166頁。
  133. ^ BOATNYA
  134. ^ 2016年ボートレースCM決定
  135. ^ きょうも、ていちゃん。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

競艇に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「競艇」の関連用語

競艇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

さいだん座

ナツグミ

フリーストール牛舎

どうじま号

噴火口

SH001

フレンチロースト

尺骨





競艇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競艇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS