穴あき病とは?

穴あき病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/17 00:33 UTC 版)

穴あき病(あなあきびょう、: ulcer disease)とは非定型エロモナス・サルモニシダ英語版(Aeromonas salmonicida )感染を原因とするキンギョコイフナの感染症。潰瘍が認められる。25℃以上の水温で飼育することで防除することができる。 原因菌に感染後、寄生体や細菌類が繁殖し、潰瘍を形成し、が発赤>脱落>真皮露出>筋肉露出と悪化していく。 致死性は低いが、観賞魚としては見栄えが悪い。




「穴あき病」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「穴あき病」の関連用語

穴あき病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高瀬川

間四ケン

近江和紙

宮沢海水浴場

行器

アウトライン化

笠戸丸

BMW X5





穴あき病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの穴あき病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS