稲葉事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 稲葉事件の意味・解説 

稲葉事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/24 14:20 UTC 版)

稲葉事件(いなばじけん)は、2002年7月に北海道警察の生活安全特別捜査隊班長である稲葉 圭昭(いなば よしあき)警部(当時)が覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決を受けた事件である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「道警警部の覚せい剤を供述*男性被告が自殺*札幌拘置支所」、北海道新聞 夕刊全道版、2002年8月29日、15頁。
  2. ^ a b c 「覚せい剤警部逮捕*道警*現職で初、薬物も担当」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年7月11日、35頁。
  3. ^ 「覚せい剤使用警部*「出勤前に打った」*道警が懲戒免職」、北海道新聞 夕刊全道版、2002年7月12日、15頁。
  4. ^ a b c d e 「稲葉元警部事件の判決(要旨)」、北海道新聞 夕刊全道版、2003年4月21日、2頁。
  5. ^ a b 「覚せい剤使用の元道警警部*拳銃所持で再逮捕」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年8月1日、35頁。
  6. ^ a b 「覚せい剤 道警元警部*密売容疑で再逮捕」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年8月22日、32頁。
  7. ^ 「稲葉被告を追起訴*札幌地検」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年9月12日、38頁。
  8. ^ a b 「ロシア人船員 拳銃不法所持*稲葉被告ら偽証で書類送検*道警「おとり捜査だが適法」」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年10月18日、37頁。
  9. ^ a b 「拳銃所持偽証 稲葉被告ら3人起訴猶予 札幌地検、おとり捜査は合法的」、読売新聞 朝刊全国版、2002年12月28日、31頁。
  10. ^ 「稲葉元警部*偽証は起訴猶予*札幌地検*「協力者保護やむなし」*銃刀法違反教唆*嫌疑不十分で不起訴」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年12月28日、27頁。
  11. ^ a b c d 「元敏腕「悪徳刑事」が激白!北海道警の闇 拳銃押収の見返りは覚せい剤・大麻密輸!?」、週刊朝日、2011年12月9日、128頁。
  12. ^ a b c 「稲葉元警部初公判*銃器捜査で立身、転落*“実績”に幹部沈黙*道警重い責任」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年11月15日、39頁。
  13. ^ a b c 「[解かれた封印]道警不正経理/下 「稲葉事件、告白の一因」」、毎日新聞 朝刊北海道版、2004年3月16日、26頁。
  14. ^ a b c 「やらせ捜査 上司も承知*稲葉元警部供述*「何とかならんか」「あと1丁で新記録」*拳銃70丁摘発装う*札幌地裁*道警、組織ぐるみ」、北海道新聞 夕刊全道版、2003年2月13日、1頁。
  15. ^ a b 「覚せい剤取締法違反事件初公判 道警の責任、言及なく」、毎日新聞 朝刊北海道版、2002年11月15日、20頁。
  16. ^ a b 「札幌拘置支所 男性自殺*疑惑解明に影響か*覚せい剤の道警元警部*長年の親密な関係」北海道新聞 朝刊全道版、2002年8月30日、38頁。
  17. ^ 「元道警警部の覚せい剤使用*元上司の釧本課長が自殺*担当事件など聴取中」北海道新聞 朝刊全道版、2002年8月1日、35頁。
  18. ^ 「自殺被告の公訴棄却*元道警警部の覚せい剤供述」北海道新聞 夕刊全道版、2002年9月7日、10頁。
  19. ^ a b c 「組関係者の事故隠ぺい、巡査部長を懲戒免 犯人隠避容疑で書類送検--北海道警」毎日新聞 夕刊北海道版、2002年9月5日、9頁。
  20. ^ 「交通事故で犯人隠避 女性元巡査部長に罰金20万円の略式命令」読売新聞 夕刊全国版、2003年1月15日、11頁。
  21. ^ 「稲葉元警部事件*道警本部長を長官訓戒*幹部ら13人処分*再発防止へ監察官も*「軽い」批判は必至」、北海道新聞 朝刊全道版、2002年12月28日、1頁。
  22. ^ a b 「道警本部長ら13人処分 稲葉元警部の不祥事、調査終結」、朝日新聞朝刊全道版、2002年12月28日、24頁。
  23. ^ 「「すご腕」の面影なく 「情報入手」免罪符に--稲葉元警部、初公判」毎日新聞 夕刊北海道版、2002年11月14日、9頁。
  24. ^ 「やらせ捜査供述*「本当に言ったのか」*道警に驚きと動揺」、北海道新聞 夕刊全道版、2003年2月13日、13頁。
  25. ^ 「銃摘発「自作自演」 「上司、暗黙の了解」 元警部公判」朝日新聞 夕刊北海道版、2003年2月13日、7頁。
  26. ^ a b 「捜査協力者に自己資金 稲葉元警部、自殺男性に「2000万円以上」」読売新聞 朝刊全国版、2003年2月14日、33頁。
  27. ^ 「銃刀法違反の稲葉被告、新たな自作自演証言--北海道・小樽の事件巡り」、北海道新聞朝刊全道版、2003年2月25日、22頁。
  28. ^ a b c 「稲葉元警部公判 銃器摘発が目的、覚せい剤取引見逃す 被告証言」読売新聞 朝刊全国版、2003年2月25日、35頁。
  29. ^ 「覚せい剤・拳銃事件 稲葉元警部に懲役12年求刑 検察「動機は物欲」」読売新聞 朝刊全国版、2003年3月18日、36頁。
  30. ^ 「稲葉元警部公判 泳がせ捜査、「上司関与」4人目の名」読売新聞 朝刊全国版、2003年3月18日、35頁。
  31. ^ a b 「覚せい剤事件 札幌地裁判決*稲葉元警部に懲役9年*「前代未聞の不祥事」*検察、被告控訴せず*捜査の問題点言及避ける」、北海道新聞 夕刊全道版、2003年4月21日、1頁。
  32. ^ 「道警元警部・稲葉被告の刑が確定」読売新聞 朝刊全国版、2003年5月7日、12頁。
  33. ^ 「稲葉被告供述*崩れた道警のシナリオ*内部調査結果覆る*元上司ら聴取へ」、北海道新聞 朝刊全道版、2003年2月14日、35頁。
  34. ^ 「元警部偽装摘発証言 道警、元上司3人を聴取 捜査終結直後の再調査」読売新聞 夕刊全国版、2003年2月14日、13頁。
  35. ^ 「「指示」に道警沈黙 口々に「コメント出来ぬ」--元警部「やらせ捜査」証言」毎日新聞 朝刊北海道版、2003年2月14日、23頁。
  36. ^ 「道警本部長*やらせ捜査を否定」、北海道新聞 朝刊全道版、2003年2月20日、37頁。
  37. ^ 「元道警警部覚せい剤事件*「癒着防ぐ」ベテラン刑事一掃*組織的関与認めぬまま*現場に責任転嫁」、北海道新聞 夕刊全道版、2003年4月21日、13頁。
  38. ^ 「稲葉元警部に懲役9年判決 道警内から「軽過ぎる」捜査力低下の懸念も」読売新聞 朝刊全国版、2003年4月22日、37頁。
  39. ^ 「稲葉元警部ら「起訴相当」*道警おとり捜査で札幌検察審*偽証や文書偽造*現職幹部2人も*捜査当局を批判」、北海道新聞 朝刊全道版、2004年1月29日、31頁。
  40. ^ 「北海道警のおとり捜査「偽証」再捜査 検事、パキスタンへ--協力者聴取」、毎日道新聞 朝刊北海道版、2004年8月25日、27頁。
  41. ^ 「北海道警「おとり捜査」の元警部ら、再び起訴猶予 証言「虚偽性低い」--札幌地検」、毎日道新聞 朝刊北海道版、2004年11月5日、21頁。
  42. ^ a b 「ロシア船員拳銃事件*稲葉元警部 獄中の告発*「偽証は捜査会議で決定」*道警幹部2人*地検は不起訴」、北海道新聞 朝刊全道版、2004年11月29日、37頁。
  43. ^ 「稲葉元警部 拳銃摘発*「おとり捜査で苦痛」*ロシア人元船員*国と道提訴」、北海道新聞 朝刊全道版、2005年7月6日、35頁。
  44. ^ 「露男性の損害賠償 提訴の資格認める 札幌地裁中間判決」読売新聞 朝刊全国版、2009年1月17日、27頁。
  45. ^ 「北海道警おとり捜査:損賠訴訟 「違法な捜査」元警部認める」、毎日道新聞 朝刊北海道版、2009年8月1日、27頁。
  46. ^ 「道警おとり捜査損賠訴訟 元警部「犯意誘発」認める 札幌地裁出張尋問」読売新聞 朝刊全国版、2009年8月1日、30頁。
  47. ^ 「拳銃密輸賠償訴訟 「おとり捜査」違法性は否定 札幌地裁」読売新聞 夕刊全国版、2010年3月19日、13頁。
  48. ^ 「北海道警おとり捜査:損賠訴訟 違法性否定 警官偽証は賠償命令--札幌地裁判決」、毎日道新聞 朝刊全国版、2010年3月20日、30頁。
  49. ^ 「おとり捜査訴訟 双方の控訴棄却 札幌高裁」読売新聞 夕刊全国版、2011年2月24日、13頁。
  50. ^ 「北海道警おとり捜査:損賠訴訟 2審も合法 双方の控訴棄却--札幌高裁」、毎日新聞 朝刊北海道版、2011年2月25日、29頁。
  51. ^ 「おとり捜査 原告側上告」読売新聞 朝刊全国版、2011年3月9日、31頁。
  52. ^ 「おとり捜査訴訟、道側も上告」、朝日新聞 朝刊北海道版、2011年3月10日、26頁。
  53. ^ 「おとり捜査訴訟 道への賠償命令確定=北海道」、読売新聞 東京朝刊、2013年4月19日、38頁。
  54. ^ 「北海道警おとり捜査:損賠訴訟 「適法」確定--最高裁」、毎日新聞 北海道朝刊、2013年4月19日、25頁。
  55. ^ 「道警の“闇”検証相次ぐ*「稲葉事件」*報道番組や出版」、北海道新聞 朝刊全道版、2003年11月22日、36頁。
  56. ^ a b 「北海道警・不正経理疑惑 原田宏二氏、道警からの「圧力」証言--稲葉事件で」毎日新聞 朝刊北海道版、2004年3月10日、1頁。
  57. ^ a b 「道警銃器対策課*捜査費大半 裏金に*97-01年度で3500万円*現場は資金不足*稲葉事件の背景にも*「謝礼は自腹 熱心な人ほど捜査に私費を投じた」」、北海道新聞 朝刊全道版、2004年3月1日、31頁。
  58. ^ 「道警不正経理を実名告白 元釧本本部長の原田さん*問題点は幹部自ら認識*延長線上に「稲葉事件」」、北海道新聞 朝刊全道版、2004年2月13日、36頁。
  59. ^ 「原田氏、道議会で証言*不正経理の実態続々」、北海道新聞 朝刊全道版、2004年3月5日、3頁。
  60. ^ 綾野剛、白石和彌のメジャー第2作に主演!実在の警察不祥事を描く”. 映画ナタリー (2015年12月4日). 2016年1月29日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「稲葉事件」の関連用語

稲葉事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

招待客のマナー

大雪山

神流川源流

竹春蘭図縁頭

3ボールカスケード

フォトチャートカメラ

BMW 6 シリーズ・クーペ

橋姫





稲葉事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの稲葉事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS