秋月型駆逐艦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 兵器 > 日本の駆逐艦 > 秋月型駆逐艦の意味・解説 

秋月型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/31 14:16 UTC 版)

秋月型駆逐艦(あきづきかたくちくかん)は、日本海軍の一等駆逐艦[2]。 計画時の名称から乙型駆逐艦、各艦名から月型とも呼ばれる[17][18]




注釈

  1. ^ 本来は「○の中に漢数字の四」だが、丸付き数字は機種依存文字であるためこう表記する。以下同じ。
  2. ^ 歴史群像秋月型p.109〜110では、乗組員の証言として「揚弾器の性能が毎分15発であり、即応弾を打ち尽くせば毎分15発を超えて撃てない」「訓練では4秒1発を目標としたが実戦ではそれを下回った」とある。
  3. ^ #写真日本の軍艦第11巻p.158では生産性を考慮して減速ギアを新設計にしたとしている。
  4. ^ アメリカ海軍Office of Naval Intelligence発行 ONI 222-J THE JAPANESE NAVY 1945年6月回付分 p.61では、“TERUTSUKI's closest design antecedent in the Japanese Navy appears to be the small, unusual cruiser YUBARI, commissioned over 20 year ago.”とデザイン面での関連が示唆されてはいるが、夕張の量産については言及していない。
  5. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.4では公試排水量3,485トンになっている
  6. ^ #歴史群像23秋月型付録にある『秋月型公式図 冬月型「花月」補音器室横壁構造』(昭和19年12月2日舞鶴工廠製図)では、花月の線図として四式水中聴音機補音器室の船体フレームの一部が掲載されている。しかし注記として「実際に搭載したか明らかではなく、図の通り船底部がふくらんだ船体として完成したかも確認されていない」としている。
  7. ^ #高角砲と防空艦p.88では、建造訓令を1944年(昭和19年)9月から10月としている。

出典

  1. ^ a b #写真日本の軍艦第11巻p.144上写真と解説。
  2. ^ a b #S16.5-8内令2巻/昭和16年5月(2画像9-10『 内令第五百三十五號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十六年五月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎 軍艦、敷設艦ノ項中「蒼鷹」ノ下二「、若鷹」ヲ加フ 驅逐艦、一等夕雲型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ | 秋月型 | 秋月 | 潜水艦一等伊六十八型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ | 伊七十六型 | 伊號第七十六 | 驅潜艇、第十三號型ノ項中「第十九號」ノ下ニ「、第二十號、第二十一號」ヲ加フ 』
  3. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.428
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q #一般計画要領書(駆逐艦)p.4
  5. ^ a b #一般計画要領書(駆逐艦)p.49
  6. ^ a b c #昭和造船史1pp.788-789、附表第2 艦艇要目表 6.駆逐艦及び水雷艇要目表
  7. ^ a b c #一般計画要領書(駆逐艦)p.24
  8. ^ #海軍造船技術概要(1987)下巻p.1695
  9. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.28
  10. ^ #S16.5-8内令2巻/昭和16年7月(1)画像19、一等駆逐艦定員表其の7(昭和16年内令第764号別表)。士官8人、特務士官2人、准士官3人、下士官75人、兵185人。
  11. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.36
  12. ^ a b #一般計画要領書(駆逐艦)p.8
  13. ^ a b c d e #一般計画要領書(駆逐艦)p.12
  14. ^ a b c d e f #一般計画要領書(駆逐艦)p.12
  15. ^ 秋月1944年10月25日戦没時点。歴史群像秋月型p.103。
  16. ^ a b c #一般計画要領書(駆逐艦)p.20
  17. ^ a b #S2004二水戦日誌(3)p.17『四月六日〇九五六GF参謀長(宛略)海上特攻〔大和矢矧d×8(月型二隻、磯風型三隻、若葉型三隻)〕Y-2日夕刻豊後水道出撃列島線西側ヲ経テY日極内密ニ沖縄島ニ突入ス味方識別ニ留意アリ度Y日ハ8日ヲ予定|無電』
  18. ^ a b c 阿川弘之 『高松宮と海軍』 中公文庫、1999年4月、167頁。ISBN 4-12-203391-8
  19. ^ a b 達『10月(1)』第1画像 (昭和18年10月1日付 海軍大臣達第235号)。
  20. ^ a b #秘公報昭和20年2月(1)p.28『達第二二號 昭和十九年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦四隻、潜水艦一隻及海防艦六隻ニ左ノ通命名ス 昭和二十年二月五日 海軍大臣|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 満月(ミチツキ)|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 栃(トチ)|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 驅逐艦 若櫻(ワカザクラ)|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 矢竹(ヤダケ)|呉海軍工廠ニ於テ建造 伊號第二百七潜水艦|日本鋼管株式會社鶴見造船所ニ於テ建造 第百七號海防艦|三菱重工業株式會社神戸造船所ニ於テ建造 第二百二十三號海防艦 第二百二十九號海防艦|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 第百四十二號海防艦|株式會社播磨造船所ニ於テ建造 第百六十號海防艦|三菱重工業會社長崎造船所ニ於テ建造 第百九十八號海防艦』
  21. ^ a b c #内令昭和18年10月(1)p.1『内令第二千二十六號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス|昭和十八年十月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|驅逐艦、一等秋月型ノ項中「霜月」ノ下ニ「、冬月」ヲ加フ|潜水艦、一等伊十型ノ項中「伊號第十二」ノ下ニ「、伊號第十三」ヲ加フ|同二等呂三十五型ノ項中「呂號第四十九」ノ下ニ「、呂號第五十」ヲ加フ|海防艦、御蔵型ノ項中「千振」ノ下ニ「、草垣」ヲ加フ|掃海艇、第十九號型ノ項中「第三十三號」ノ下ニ「、第三十八號、第四十一號」ヲ加フ|驅潜艇、第十四號型ノ項中「第五十四號、」ノ下ニ「第五十五號、」ヲ加フ』
  22. ^ a b c #秘公報昭和20年2月(1)p.45『内令第九六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年二月五日 海軍大臣|驅逐艦、一等秋月型ノ項中「夏月」ノ下ニ「、満月」ヲ、同松型ノ項中「楡」ノ下ニ「、栃」ヲ、「初櫻」ノ下ニ「、若櫻」ヲ、「雄竹」ノ下ニ「、矢竹」ヲ加フ(以下略)』
  23. ^ a b c d e f g h i #写真日本の軍艦第11巻p.154
  24. ^ #日本駆逐艦物語p.196
  25. ^ a b #昭和14年度海軍御説明p.21『四.防空艦ニ改装豫定ノ天龍、龍田ヲ第一戰隊ニ編入致シマシタ』
  26. ^ a b c d e f #写真日本の軍艦第11巻p.156「秋月型建造行程一覧」
  27. ^ #昭和22.25年度戦時編制案(昭和16年2月)p.25『別表第六 昭和二十五年度帝國海軍戰時編制案 聯合艦隊ノ部』
  28. ^ #写真日本の軍艦第11巻pp.154-155
  29. ^ a b c d e #海軍造船技術概要(1987)下巻p.1535、日華事変より太平洋戦争までの建艦計画。同書下巻p.1536、太平洋戦争中の建艦計画。
  30. ^ #日本駆逐艦物語p.222
  31. ^ a b c d e f g h i j k 梅野和夫「秋月型 艦首&前甲板」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.42-43
  32. ^ #高角砲と防空艦pp.130,132
  33. ^ 阿部安雄「秋月型 主砲&機銃」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.56-57
  34. ^ #高角砲と防空艦p.128
  35. ^ a b c d e 梅野和夫「艦橋構造&前檣 秋月型」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.8-10
  36. ^ a b #写真日本の軍艦第11巻p.158
  37. ^ a b c d e f g 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.146-148、「艦橋」
  38. ^ #高角砲と防空艦p.138「図79 艦橋の拡張」
  39. ^ a b c d e #写真日本の軍艦第11巻p.156
  40. ^ #霜月戦闘詳報(捷号)p.29『(二)一般ニ九八式十糎高角砲ハ軽妙ナルモ揚弾薬装置其他ノ故障多ク多弾発射ノ場合ハ強靭ナラザル点アリ一抹ノ不安ヲ感ズ』
  41. ^ #霜月戦闘詳報(捷号)pp.24-25『(三)主砲ニ於テ高射器射法中ハ方向盤ニ依リ目標捕捉極メテ容易ナリシモ高射器故障ノ為砲側照準ニ移リシ後ノ目標捕捉状況ハ極メテ不良ニシテ今後演練ノ余地大ナリ』
  42. ^ #S1906第61dg戦闘詳報(1)p.22『(ロ)砲室後煙排除装置ノ強化ヲ要ス 後煙ノタメ初月一番砲手一名卒倒其ノ他被害大ナリ』
  43. ^ #高角砲と防空艦p.123
  44. ^ #歴史群像23秋月型p.86〜91
  45. ^ 「当初高射装置2基装備」「前後の主砲を分火可能」「後部撤去は生産が間に合わず修理も多かったため」等の通説は、「軍艦メカVol.4」p.10、「軍艦メカニズム図鑑」p.35等でも書かれている。
  46. ^ #S1906第61dg戦闘詳報(1)p.22『(イ)後部高射器ノ装備ヲ要ス 分火実施上其ノ他絶對必要ナリ』
  47. ^ a b c d e f 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.155-156、「兵器」
  48. ^ a b 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型p.152、「後部甲板室」
  49. ^ a b c #一般計画要領書(駆逐艦)p.9
  50. ^ a b c d #日本駆逐艦物語pp.276-277,280-281「あ号作戦後の兵装増備の状況調査」
  51. ^ a b c d 瀬名堯彦「魚雷兵装 秋月型」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.80-81
  52. ^ a b c d 阿部安雄「艦尾&後甲板 秋月型」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.130-131
  53. ^ #高角砲と防空艦p.102
  54. ^ 歴史群像秋月型pp.9-11。ただし、初月はマスト形状は電探対応タイプだが電探そのものは写真には写っておらず、竣工と訓令の日時も前後している。
  55. ^ a b c d e f g #歴史群像23秋月型p.13,25,143-156
  56. ^ a b c d e f g 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.152-155、「マスト」
  57. ^ 歴史群像秋月型pp.98-99,102
  58. ^ 軍艦メカ4 p.10
  59. ^ 歴史群像秋月型p.101、p.103
  60. ^ #歴史群像23秋月型p.12〜13、p.18〜19、p.22〜25。軍艦メカ4 p.10
  61. ^ #歴史群像23秋月型p.103
  62. ^ #S1906第61dg戦闘詳報(1)p.19『(ホ)敵ハ偽瞞紙ヲ相當使用セルヲ認ム 敵ノ偽瞞防止上モ前項ニ関聯追尾ヲ容易ナラシムル爲指揮装置、自動追尾装置ノ實現ヲ要ス』
  63. ^ #霜月戦闘詳報(捷号)pp.24-25『(ロ)敵機探知状況 電波探信儀ハ22號13號共敵機ノ来襲ヲ予想セラルル期間常時配員シ対空哨戒ニ全幅利用セシトコロ敵機ノ感度ハ22號ニ於テハ約120粁附近ヨリ13號ニ於テハ約100粁附近ヨリ現ハレ敵機ノ反射波ガ我ガ飛行機ニ比シ極メテ顕著ナル特徴ヲ呈スルニ依リ敵味方ノ識別容易ニシテ且其ノ機数編隊数モ概ネ判別セラレ対空戦準備ヲ整フルコトヲ得従ッテ戦闘力ノ発揮ニ遺憾ナキヲ得タリ 電波探信儀ハ対空戦上不可欠ノモノニシテ更ニ敵機来襲前ニ高角測空可能ナラシムルノ要切ナルモノアリ』
  64. ^ a b c d #海軍造船技術概要(1987)下巻pp.1759-1760、機関配置略図
  65. ^ a b c 阿部安雄「煙突、後檣&艦載艇 秋月型」#軍艦メカ4日本の駆逐艦pp.102-104
  66. ^ #霜月戦闘詳報(捷号)p.23『一.秋月型駆逐艦ニアリテハ是非共機械室外側ハ両舷共重油「タンク」若クハ空所ヲ設クル要アリト認ム。今次至近弾ニ依ル被害ハ左舷側ナリシタメ重油「タンク」ノミノ破損浸水ニテスミタルモ若シ右舷側ナリシナラバ忽ニシテ後部機械室浸水シ重大ナル結果ヲ招来シタルベシ』
  67. ^ 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型p.144、乙型駆逐艦概観
  68. ^ a b #高角砲と防空艦p.81
  69. ^ #写真日本の軍艦第11巻pp.153-154の写真と解説
  70. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p #一般計画要領書(駆逐艦)p.5
  71. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.65、復元性能
  72. ^ a b c d #一般計画要領書(駆逐艦)p.25
  73. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.29、士官7名、下士官2人、准士官3人、下士官兵260人
  74. ^ #一般計画要領書(駆逐艦)p.37
  75. ^ a b c #一般計画要領書(駆逐艦)p.21
  76. ^ a b c #高角砲と防空艦p.85
  77. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v #高角砲と防空艦pp.86-87「表34 19線表による計画変更(1944.5.5決裁)」
  78. ^ a b c d 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.144-145、「船体」
  79. ^ a b c 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.149-152、「中部機銃台」「後部甲板室」
  80. ^ #高角砲と防空艦p.112「表42 要目表(続)」
  81. ^ #高角砲と防空艦p.153
  82. ^ #高角砲と防空艦p.113「表42 要目表(続)」
  83. ^ #高角砲と防空艦p.115「表42 要目表(続)」
  84. ^ #高角砲と防空艦p.1163「表42 要目表(続)」
  85. ^ 水谷清高「秋月型の基礎知識」#歴史群像23秋月型pp.149-152、「図6 煙突比較」「図11 後部甲板室比較」
  86. ^ a b c #高角砲と防空艦p.87
  87. ^ #高角砲と防空艦pp.85,87
  88. ^ a b #写真日本の軍艦第11巻p.155「改マル5計画建造予定艦」
  89. ^ #歴史群像23秋月型p.133-134
  90. ^ #高角砲と防空艦pp.89-93、4.超秋月型計画
  91. ^ #S16.1-6達/5月(1)画像48-49、昭和16年5月15日附達第156号
  92. ^ #S16.7-12達/10月(2)画像11、昭和16年10月25日附達第328号
  93. ^ アメリカ海軍Office of Chief of Naval Operations and Bureau of Aeronautics発行 Naval Aviation News 1943年9月15日号 p.2、アメリカ海軍Office of Naval Intelligence発行 ONI 41-42 Supplement Aerial Views of Japanese Naval Vessels 1943年7月期回付分 p.19など。
  94. ^ アメリカ海軍Office of Naval Intelligence発行 ONI 222-J THE JAPANESE NAVY 1945年6月期回付分 p.61など
  95. ^ 海軍大臣達『1月』第24画像 (昭和17年1月20日付 海軍大臣達第18号)。命名に係る本令達で用いられている漢字はである。
  96. ^ #S17.1-12達/3月(1)画像1、昭和17年3月1日附達第62号
  97. ^ #S17.1-12達/5月(1)画像39-41、昭和17年5月15日附達第157号
  98. ^ #S17.1-12達/8月画像19-21、昭和17年8月20日附達第233号
  99. ^ #S18.1-8達/3月画像3-4、昭和18年3月5日附達第42号
  100. ^ #S18.9-12達/10月(1)画像1-2、昭和18年10月1日附達第235号
  101. ^ a b #S19.1-6達/5月(1)画像35-38、昭和19年5月10日附達第153号
  102. ^ #S19.9-12秘海軍公報号外/10月(2)画像1、昭和19年10月5日附達第341号
  103. ^ a b c d e f g h i #高角砲と防空艦p.83「表32 昭和16年度戦時建造計画艦名(1942.6.19決裁)」
  104. ^ #S19.8秘海軍公報/8月(4)画像6-7、昭和19年8月25日附達第279号
  105. ^ a b #昭和19年9月舞鶴鎮守府戦時日誌画像18『発日時 元:五日 大臣 |受日時 宛(通報):七日 長官 |令達報告等:官房艦機密第5519號 第三六七號艦及第三六九號艦製造ノ件訓令| 種別:文書 |』
  106. ^ a b c #高角砲と防空艦p.95「表38 秋月級艦歴表」
  107. ^ #昭和18年10月佐世保鎮守府戦時日誌(3)画像25-26、官房艦機密第5288号 第368号艦製造の件訓令。
  108. ^ #高角砲と防空艦p.83「表33 改マル5計画艦名案(1943.10.27)」
  109. ^ a b c d #高角砲と防空艦p.88「表35 20線表による計画変更」
  110. ^ #高角砲と防空艦p.89
  111. ^ #内令昭和17年10月(1)p.33『内令第千八百六十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月七日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第三十四驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第六十一驅逐隊|秋月、照月|』
  112. ^ 昭和17年10月7日(発令10月7日付)海軍辞令公報(部内限)第959号 pp.45-46』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087200 
  113. ^ #内令昭和18年1月(2)p.7『内令第十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年一月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第六十一驅逐隊ノ項中「秋月、照月」ヲ「秋月、涼月、初月」ニ改ム』
  114. ^ 昭和18年1月25日(発令1月21日付)海軍辞令公報(部内限)第1040号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089500 
  115. ^ 昭和18年2月3日(発令2月3日付)海軍辞令公報(部内限)第1047号 pp.41-42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089600 
  116. ^ #内令昭和18年6月(6)pp.7-8『内令第千二百八十八號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年六月三十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第六十一驅逐隊ノ項中「秋月、」ヲ削ル』-『内令第千二百八十九號 佐世保鎮守府予備驅逐艦 驅逐艦 秋月 右第二予備艦ト定ム|昭和十八年六月三十日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  117. ^ #内令昭和18年8月(2)p.29『内令第千六百六十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年八月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第六十一驅逐隊ノ項中「初月」ノ下ニ「、若月」ヲ加フ』
  118. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四驅逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一驅逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  119. ^ 昭和18年12月13日(発令12月12日付)海軍辞令公報(部内限)第1279号 p.28』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094800 
  120. ^ 昭和19年3月22日(発令3月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1384号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096800 
  121. ^ 昭和20年1月7日(発令昭和19年10月25日付)海軍辞令公報(甲)第1686号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102800 
  122. ^ a b #秘海軍公報昭和19年11月(3)pp.4-5『内令第一二七一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月十五日 海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「清霜」ノ下ニ「朝霜」ヲ加フ|第七驅逐隊ノ項中「潮」ノ下ニ「、霞」ヲ加フ|第十八驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、初霜、若葉」ヲ「初春、初霜、時雨」ニ改ム|第三十一驅逐隊ノ項中「長波、朝霜、岸波、沖波」ヲ「長波、岸波、沖波、濱波」ニ改ム|第三十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「冬月」ノ下ニ「、涼月、若月」ヲ加フ|第四十三驅逐隊ノ項ノニ左ノ一項ヲ加フ| |第五十二驅逐隊|桑、檜、桐、杉、樫| |第六十一驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  123. ^ #内令昭和19年7月p.21『内令第八百六十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年七月十五日 海軍大臣|第三十二驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ二項ヲ加フ |第四十一驅逐隊|霜月、冬月|・|第四十三驅逐隊|梅、竹、松、桃|』
  124. ^ 昭和19年7月21日(発令7月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1541号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100100 
  125. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|第七驅逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十驅逐隊及第三十一驅逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル』
  126. ^ 昭和20年3月9日(発令3月1日付)海軍辞令公報(甲)第1741号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103700 
  127. ^ #秘海軍公報昭和20年5月(4)p.22『内令第四四七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和二十年五月二十日 海軍大臣|第四十一驅逐隊ノ項中「冬月、」ノ下ニ「宵月、」ヲ加フ|第四十三驅逐隊ノ項中「榧、」ノ下ニ「椎、」ヲ加フ|第五十二驅逐隊ノ項中「楓、」ノ下ニ「梨、萩、」ヲ加フ』
  128. ^ #秘海軍公報昭和20年5月(4)p.29『内令第四百六十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和二十年五月二十五日 海軍大臣|第十七驅逐隊ノ項中「磯風、」ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「宵月、」ノ下ニ「夏月、」ヲ加フ』
  129. ^ #秘海軍公報昭和20年7月(3)p.1『内令第六〇〇號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年七月五日 海軍大臣|第四十一驅逐隊ノ項中「、涼月」ヲ削ル』
  130. ^ #秘海軍公報昭和20年8月(2)p.28『内令第七三四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年八月十五日海軍大臣|第十七驅逐隊ノ項ヲ削ル 第四十一驅逐隊ノ項中「夏月」ノ下ニ「、雪風」ヲ加フ』
  131. ^ #秋月型(潮2015)10-11頁
  132. ^ a b c d e #歴史群像23秋月型p.83-91
  133. ^ #戦藻録(九版)196頁
  134. ^ #歴史群像23秋月型p.110
  135. ^ 日本駆逐艦物語p.211に同記事を再録







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「秋月型駆逐艦」の関連用語

秋月型駆逐艦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プッチャー石

比高

S-24

享保雛

酒石酸

ウィッシュ

ティー アップ

TH9200型





秋月型駆逐艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋月型駆逐艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS