福島テレビとは?

福島テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/20 12:59 UTC 版)

福島テレビ株式会社(ふくしまテレビ、Fukushima Television Broadcasting Co., Ltd.)は、福島県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。




  1. ^ 番組・CM制作、照明音響イベント企画・運営
  2. ^ FTVカルチャーセンター・FTVフラワーセンター・福島テレビハウジングプラザ運営、イベント企画運営、貸しビル業、人材派遣業保険代理業
  3. ^ 朝日放送社史「ABC十年」、毎日放送社史「毎日放送五十年史」による
  4. ^ この事はFM放送割り当てから10年以上経て開局したエフエム福島にも及んでいる。
  5. ^ 福島県と佐賀県はラテ兼営がないという共通点がある
  6. ^ ホテルハマツの隣にFTV郡山支社の入居するビルがある
  7. ^ 福島テレビ 取締役副社長
  8. ^ 福島テレビ 非常勤取締役
  9. ^ フジテレビジョン 常務取締役
  10. ^ 福島テレビ 監査役
  11. ^ 福島テレビ 専務取締役
  12. ^ この主調整室の設備は、音声多重放送対応への設備改良を経て、1990年(平成2年)2月28日まで使用された。
  13. ^ ただし、特殊なデザインであるため、形式上使いにくい場合などには簡素系のロゴマークが使用される。旧ロゴは1998年(平成10年)末まで現ロゴと並行使用された上で段階的に移行した。一部の送信所や支社、FTVの子会社が運営するカルチャースクール「FTV学苑」のロゴマークも旧ロゴのままであった。
  14. ^ 当初は2011年(平成23年)7月24日停波予定だったが、東日本大震災に伴い中止、特例法により同日に延期。
  15. ^ 日曜日は、17時30分(JST)に放送。
  16. ^ a b 土曜・日曜は23:40 - 0:25(JST)から。
  17. ^ 土曜日・日曜日は、『FNNニュースレポート5:30』として放送。
  18. ^ FNNスピークWeekend』を11:50 - 11:57に内包。
  19. ^ 第1期・2期は未ネット。
  20. ^ VS→VSRFまで未ネット
  21. ^ 春と秋の福島競馬開催時は『エキサイティング競馬』を放送するため、放送しない。また、他のスポーツ中継などで放送されない週が稀にある。
  22. ^ はまつアワー枠で放送されていた時期がある。
  23. ^ 2013年3月30日に福島放送で打ち切られ、翌週の4月7日に福島テレビに移動。
  24. ^ 地元有力スポンサーによるローカル番組だったため、『HEY!HEY!HEY!SPECIAL』があっても多くの場合休止せず、『HEY!HEY!HEY!』側が1時間枠となる場合が多かったが、2006年(平成18年)以降はこの番組が休止になることが増えた。
  25. ^ 『復興支援シリーズ番組 いっしょに歩こう!ふくしま』を放送する週は『ウチくる!?』は休止となっていた。
  26. ^ 2012年4月から12月まで毎月最終月曜19:00 - 19:54。また19:30 - 19:54の30分版の場合もあった。30分版の場合は19:00 - 19:30は『FTVスーパーニュースSP』(FTVスーパーニュースの拡大版)が放送された。2012年12月までは放送日の『ネプリーグ』は土曜 16:30 - 17:25に放送。『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP SPECIAL』や『ネプリーグSP』などがあった場合、『HEY!HEY!HEY!』や『ネプリーグ』側が1時間枠となっていた。2013年1月から2014年4月までは毎月最終土曜10:30 - 11:00、2014年6月から2016年3月までは不定期で最終土曜10:30 - 11:00に放送されていた。
  27. ^ ただし、河北新報のFTVテレビ欄には「JNNニュース」と記載されていた。(出典:1971年10月 - 12月の「河北新報FTVテレビ欄(青森県立図書館にて閲覧)」)
  28. ^ FNN移行後(1983年(昭和58年)4月以降)は、当時『3分クッキング』をネットしていた枠(月 - 金曜 11:30 - 11:40)でフジテレビ発の昼ニュースをネットすることになった関係から月 - 金曜 14:30 - 14:40に時差ネット。また、番組テキストが季刊であることなどの関係からTUFへのネット移行が1か月遅れた。
  29. ^ フジテレビ制作の第6戦もFTVで放送
  30. ^ 2012年5月9日 - 8月8日まで一時ネット打ち切りしていた。
  31. ^ 第1部は未ネット。
  32. ^ 第2部は未ネット。
  33. ^ 1週間に2回放送。計5回分のみ放送。
  34. ^ 2012年4月10日・4月17日・4月18日。計3回分のみ放送。
  35. ^ 2016年4月10日から2016年9月17日までは同時ネット。
  36. ^ 2011年9月 - 2012年3月まで圭三プロダクション所属フリーアナウンサー。
  37. ^ 当時の系列キー局だったTBSのものを流用
  38. ^ a b c フジテレビのものを流用
  1. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、253頁。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、217-218頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、211頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、143頁。
  5. ^ 福島テレビ30年史 p144
  6. ^ 福島テレビ30年史 p51
  7. ^ 福島テレビ30年史 p75
  8. ^ 福島テレビ30年史 p112
  9. ^ 福島テレビ30年史 p19
  10. ^ 福島テレビ30年史 p21
  11. ^ “福島テレビ/新社屋建設(福島市)/設計は三菱地所設計に”. 日刊建設工業新聞. (2015年3月18日). http://www.decn.co.jp/?p=25276.html 
  12. ^ 福島テレビ30年史 p150
  13. ^ 1967年5月付け河北新報FTV・TBS・TBC・RAB・IBC・ABS・YBCテレビ欄
  14. ^ 『福島テレビ30年史』 福島テレビ、1993年、99頁。 
  15. ^ 福島中央テレビはかつてフジテレビ系列局だったものの、同局での放送実績はなかった。
  16. ^ 『週刊競馬ブック』2013年2月9日・10日号 p90 「こちらラジオNIKKEI実況席」での渡辺和昭のコラムによる。
  17. ^ 1990年(平成2年)4月1日『福島民報』(福島民報社)朝刊、11面、全面広告。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「福島テレビ」の関連用語

福島テレビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トパーズ

湯船の水

スギナ

小型ドーザ

秋吉台国定公園

SH-2

ミシン

ダブルステッチ





福島テレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福島テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS