神葬祭とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 神葬祭の意味・解説 

しんそうさい 【神葬祭】

神道式の葬式祭祀仏葬儒葬対する名称。神道では死を穢とみるが、霊魂浄化すれば祖霊として神にまつられるとする。それで遺体埋葬前に霊祭行い霊璽位牌)に霊魂を移らせ、一年後忌明け祖霊合祀する。現行の神葬近世後期神道家仏葬対抗して考案したものだが、先駆徳川光圀が『神道集成』に神葬祭の儀式編入していた。明治維新の排仏運動時には普及強行されたが、永続はしなかった。

【神式】神葬祭(通夜祭・葬場祭)

神葬祭(通夜祭)

【神式】神葬祭(通夜祭・葬場祭)神道における神式行われる全ての弔い儀式では、神社では行わずに自宅又は集会所葬儀会場などを借り神社神官を招いて営まれます。
神道では仏教における通夜を「通夜祭」といい、通夜では通夜祭併せて「遷霊祭」という御霊移し(霊璽[れいじ]に故人御霊を移す)の儀式が行われます。
神官献饌(神様食べ物お供えする)を行い、祭詞をそえて玉串奉奠を行った後に、参列一同喪主から順に玉串奉奠行います。
玉串奉奠の際や神官合わせて礼や拍手行いますが、神葬祭における拍手は「偲び手」といって音を立てないのがしきたりです。
通夜葬儀両方参列する場合弔慰金品は、通夜持参するのが一般的です。

通夜振る舞い(直会[なおらい])

通夜の後に、故人への供養あわせて通夜弔問へのお礼兼ねて、簡単な飲食物用意されることを通夜振る舞い(神道では「直会[なおらい]」ともいう)と言い、軽い酒食類が一般的ですが、お茶菓子程度などの場合もあり地区によって用意されるものは異なります。
会食をすすめられたら、遺族心遣い応えるためにも余程の事情がない限り出席して、生前故人在りし日語りあうのが習わしですが、長居は返ってご迷惑になりますので頃合い見計らって失礼するのが礼儀です。
神官にも通夜振る舞いをすすめますが、辞退されたときは「お車代」にあわせて御膳料」を包んで手渡します。

夜伽(よとぎ)

通夜祭から翌日葬場祭当日死者葬るまでの間、近親者祭壇安置されている故人のそばで、夜を徹して交替ローソクを絶やさないようにして守ること夜伽と言います。これは元々、家族・親族縁者・親し知人友人などが、葬るまでに故人蘇生することを願って夜通しそばに付き添っていたことに由来します。

神葬祭(葬場祭)

通夜祭同様に葬場祭儀式神社では行わず、自宅又は集会所葬儀会場などを借りて、招いた神社神官により営まれます。通夜祭以降葬祭として、葬場祭出棺祭・火葬祭・帰家祭の順に一連の儀式が執り行われた後は、故人霊魂祖先の霊とともに家に留まり一家守護神として祀られます。各儀式においては玉串奉奠神官に合わる拝礼拍手行いますが、神葬祭における拍手は「偲び手」といって音を立てないのがしきたりです。
神式では仏式と違って、僧侶に替わって神官儀式を執り行い焼香に替わって玉串奉奠が行われ、弔慰金表書き(献辞)などにも違い見られますが、通夜から葬儀に至る一連の儀式流れ大きな違いはなく、喪家対す弔意挨拶仏式と特に違いはありません。
尚、神式において数珠は用いませんので、数珠持参の必要ありません。

ひとくちMEMO

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
通夜祭通夜時の
神社神官への謝礼
遺族 御車料 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
葬場祭葬儀時の
神社神官への謝礼
遺族 御祭祀料
御祈祷料
御神饌料
御礼
金封
双銀結切り/双銀あわび結び
黄白結切り/黄白あわび結び
水引熨斗なし
【のし袋】白無地
葬場祭時の神官への
謝礼に付け
御膳料
御車料
【のし袋】白無地
葬儀委員長
世話役への謝礼
遺族 御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
受付係お手伝い
の方への謝礼
遺族 御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
会食参加されない
受付係お手伝い
方への謝礼に付け
遺族 御膳料御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
葬場祭弔慰金を贈る 身内
身内以外
御霊前
玉串料
金封
双銀結切り/双銀あわび結び
黄白結切り/黄白あわび結び
熨斗なし
【のし袋】白無地
葬場祭お供え物を贈る 身内
身内以外
御供物
御供
のし紙
銀結切り(なし)/銀あわび結び(なし)
黄白結切り/黄白あわび結び
通夜祭葬場祭時の 遺族 偲び

茶の子

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様式 使い方
金封:使用例 金封:使用例 のし袋:使用例 のし袋:使用例
金封:使用例 金封:使用例 のし紙:使用例 のし紙:使用例


神葬祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/11 17:37 UTC 版)

神葬祭(しんそうさい)とは、日本固有の宗教である神道葬儀である。




  1. ^ 遠藤潤「神葬祭運動と情報収集 : 三河国平田国学者における(第十部会」、『宗教研究』第82巻第4号、日本宗教学会、2009年3月30日、 1257-1258頁、 NAID 110007098360
  2. ^ 此経啓助「神道式墳墓とは何か(一)」、『日本大学芸術学部紀要』第42巻、日本大学、2005年、 A47-A63、 NAID 110007055815
  3. ^ 拝は深く腰から折って頭を下げる、揖はそれの浅いものである。
  4. ^ 拍手の回数は普通の神道は二回だが、金光教、天理教などでは四回である。


「神葬祭」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

神葬祭に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神葬祭」の関連用語


2
32% |||||

3
18% |||||

4
18% |||||

5
18% |||||

6
18% |||||

7
18% |||||

8
18% |||||

9
16% |||||

10
16% |||||

神葬祭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

正月

成人式

神霊祭

結婚記念日

法要

招待客のマナー

招待客のマナー

小正月





神葬祭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2016
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神葬祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS