神籠石とは?

こうご いし かうご- [3] 【神籠石】

〔もと福岡県久留米市高良(こうら)山の列石の称。高良神社神域を示すものと考えられたのでこの名がある〕

神籠石

読み方:コウゴイシ(kougoishi)

古代山城一類型。


こうごいし 【神籠石】


神籠石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/05 08:39 UTC 版)

神籠石(こうごいし)または神籠石式山城(こうごいししきやまじろ)は、九州地方から瀬戸内地方にある、石垣で区画した列石遺跡の総称。一般には『日本書紀』や『続日本紀』に記載がなく遺構でのみ存在が確認される山城を指す。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林行雄「こうごいし 神籠石」 水野精一・小林行雄 編『図解 考古学辞典』 東京創元社 1959年
  2. ^ 小林庄次郎「筑後國高良山中の神籠石なるものに就いて」 『人類学雑誌』14-153 1898年
  3. ^ 八木奬三郎「九州地方遺蹟調査報告」 東京人類学会『東京人類学会雑誌』15-173 1900年
  4. ^ 喜田貞吉「神籠石とは何ぞや」 『歴史地理』第4巻第5号 1902年
  5. ^ 鏡山猛 編『おつぼ山神籠石』佐賀県文化財調査報告書第14集 1965年
  6. ^ a b c d 門田誠一「《研究ノート》東アジアにおける神籠石系山城の位置」 古代學協會『古代學研究』第112号 1986年
  7. ^ 渋谷忠章「神籠石式山城」 江坂輝弥芹沢長介坂詰秀一編 『日本考古学小辞典』 ニュー・サイエンス社 1983年
  8. ^ 宮小路賀宏 編『杷木神籠石 朝倉郡杷木町所在杷木神籠石の調査』杷木町文化財調査報告書第1集 1970年
  9. ^ 文化庁文化財保護部史跡研究会監修『図説 日本の史跡 第1巻 原始1』 同朋舎出版 1991年 235ページ


「神籠石」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神籠石」の関連用語

神籠石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

定規

JAXAの追跡管制網

docomo STYLE series SH-06B

牛伏川階段工

釣島灯台

志太野坡

500形

ブーツカット





神籠石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神籠石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS