神憑りとは?

かみ がかり [3] 【神懸(か)り・神憑り】

( 名 ) スル
古くは「かむがかり」〕
神霊が人の体に乗り移ること。また,そのような状態やその人
尋常とは思えない言動を行うこと。また,いちずに信じこむこと。 「 -的なところのある人」

かむ がかり 【神懸かり・神り】

かみがかり(神懸) 」に同じ。 「火所焼き(うけ)置せ-す/日本書紀 神代訓注

かみがかり 【神懸り・神憑り】

日本で、神霊人身にのり移ることをいい、またその人をもいう。そう思える行動を神懸る・神憑るという(転じて異常な行動をいう)。古くはカムガカリ。→ 神降ろし





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神憑り」の関連用語

神憑りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

822P

孔雀石

コバルト・ドワーフグラミー

膝関節

這龍図小柄

Uターンアプローチ

核燃料サイクル

スピアーノ





神憑りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS