神子元島灯台とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 神子元島灯台の意味・解説 

神子元島灯台

image
所在地
静岡県下田市
点灯年月日
明治3年11月11日
塗色
白地に黒横帯2本塗
構造:
円形石造
光り方:
群閃白光 毎16秒に2閃光
光りの強さ
400,000cd
光りが届く距離:
19.5海里
構造物の高さ:
23.31m
海面から光りまでの高さ:
50.79m
レンズ:

第3等大型レンズ
水銀回転機
電源:
自家発電(発動発電機)

石造としては,我が国現存する当時の姿をそのまま残している最古灯台である。設計者は,日本灯台の父であるR・H・ブラントンである。

慶応2年1866年5月幕府米・英・仏の4ヶ国と改税約書江戸条約)を結んだ。この時の灯台のひとつ。

灯塔築造には下田エビス岬から切り出し伊豆石使用し,上層部継ぎ目嵌合したダブルテール(鳩尾方式取り入れ中層下層の上左右継ぎ目には,伊豆半島稲取火山灰梨本石灰岩をもって焼成した速製のセメントが用いられている。

平成7年耐震補強合わせ保全実施された。

image

image


神子元島燈台

名称: 神子元島燈台
ふりがな みこもとじまとうだい
種別 史跡
種別2:
都道府県 静岡県
市区町村 下田市神子元島
管理団体
指定年月日 1969.07.25(昭和44.07.25)
指定基準 史6
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S43-12-007[[神子元]みこもと]島燈台.txt: 神子元島燈台は、下田港東京湾出入する船舶のため、明治3年11月11日(1871.1.1)、英人ブラントンRichard Henry Brunton)により、竣工点燈された燈台で、現存するわが国最古官設洋式石造燈台である。
 わが洋式燈台起源は、幕府がアメリカ・イギリス・フランス・オランダの4国と締結した改税約書11条の規定をひきついだ明治新政府が、各国公使協議して、安房野島崎相模観音崎剣崎伊豆神子元島紀伊潮岬樫野崎、肥前伊王島大隅佐多岬の8ヵ所に燈台設けたことにあるが、このうち当初燈台官舎倉庫をのこすのは神子元島のみにすぎない
 燈台位置下田港南方5浬、燈塔石造円形白色で、明治17年、これに2条の黒横線を入れ、燈火不動白色第1等燈台である。基礎直径は7メートル、高さは22メートルで、海抜高約30メートル岩島頂部に立っている。
 他に、吏員退息所、物置、第1・第2倉庫等があり、いずれも石造平屋建当初規模をのこしているが、倉庫は現在使用されていない。このほか防波防風用の石垣もある。これらに用いられた巨大石材下田エビス一帯より切り出されたものといわれ、これを切石として整然と積みかさね、鉄棒連結し、その部分に鉛を充填して固定する手法は、まことに堅固なのである目地にはポルトランドセメント表面には漆喰を塗ったものと思われる
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  石貫穴観音横穴  磯間岩陰遺跡  神坂峠遺跡  神子元島燈台  神宮寺山古墳  神明山古墳  神泉苑

神子元島灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/19 01:02 UTC 版)

神子元島灯台(みこもとしまとうだい)とは、下田港南沖11kmにある神子元島(みこもとしま)に建つ灯台である。




[ヘルプ]
  1. ^ 海上保安庁 (2010年3月31日). “神子元島灯台”. 2011年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 国際航路標識協会編纂 『世界の灯台』 海上保安庁交通部監修、成山堂書店、2004年ISBN 4-425-35311-0 87頁
  3. ^ 初点灯が1870年7月8日(旧暦の明治3年6月10日)である樫野埼灯台を最古とする場合もある。海上保安庁 (2010年3月31日). “海の雑学”. 2011年2月11日閲覧。


「神子元島灯台」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

神子元島灯台に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「神子元島灯台」の関連用語

神子元島灯台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

友ヶ島灯台

犬吠埼灯台

室戸岬灯台

出雲日御碕灯台

犬吠埼灯台

金華山灯台

釣島灯台

神子元島灯台





神子元島灯台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人燈光会社団法人燈光会
Copyright (C) 2016 社団法人燈光会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神子元島灯台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS