磁気嵐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 磁気嵐の意味・解説 

じき あらし [3] 【磁気嵐】

地球わたって地磁気強さおよび方向が急激に変化する現象。普通一日程度継続し、しばしばデリンジャー現象を伴う。太陽からの高エネルギーをもった荷電粒子流(太陽風)が原因

磁気嵐

読み方:じきあらし
別表記:マグネティックストーム

地磁気太陽フレアによるコロナ質量放出などの影響を受けて攪乱される現象太陽嵐発生伴って生じることも多い。磁気嵐は通信システム送電システム悪影響を及ぼす可能性がある。他方各地では美しオーロラ観測される。

磁気嵐 geomagnetic storm

地球磁場平成分が大きく減少する現象で、太陽フレア太陽爆発現象)によって作り出される荷電粒子プラズマ)が地球近傍までやってくると起こる。

磁気嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 01:31 UTC 版)

磁気嵐(じきあらし、: Magnetic-storm)とは、地磁気が通常の状態から変化し、乱れが生じること。




  1. ^ NASA「The Day the Sun Brought Darkness」[1]
  2. ^ 詳しくは伝書鳩#歴史#伝書鳩の帰巣率の低下と諸要因を参照。


「磁気嵐」の続きの解説一覧





磁気嵐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「磁気嵐」の関連用語

磁気嵐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

内江猪

脛骨

河竹黙阿弥

SM400R

駿河台匂

9300系

マシェット

ヘリングボーン





磁気嵐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2017.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気嵐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS