真空焼結とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 真空焼結の意味・解説 

真空焼結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/17 02:26 UTC 版)

真空焼結(しんくうしょうけつ、英語:vacuum sintering)は、真空状態で加圧、焼結する事である。粉末の金属を大気中で高温で焼結しようとすると、多くの金属は大気中の酸素、窒素、水等の影響で性質が変化するため真空焼結する必要がある。超硬合金は最終的に真空中で焼結しているし、粉末冶金の多くも真空中で焼結された 物が多い。大気中でも貴金属ならば金粘土、銀粘土のように酸化して性質が変化することはない。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「真空焼結」の関連用語

1
6% |||||

真空焼結のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W61SA

チチェン・イツァ遺跡

海部川

楊貴妃

ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサ

青皮竹

108号車

第二しょうどしま丸





真空焼結のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真空焼結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS