真空成形とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 成形 > 真空成形の意味・解説 

真空成形

英語 vacuum forming

加熱軟化させたプラスチックシート材を型の上に置き、シート材と型の間の空気抜き大気圧シート材を型に密着させ成形する方法である。型は雌型または雄型だけの一方でよく、製作は簡単であるが、空気漏れないようにするため、シート材と型の間を締め付ける必要があるまた、雌型成形をストレートフォーミング、雄型成形をドレープフォーミングとも呼ぶ。熱成形法ではもっとも一般的な方法で、自動車用としては、インスツルメントパネルパッド、ドアトリム、フェンダーシールドなどの部品加工使用される。インジェクションなどに比べる形状安定性、賦化性(精度)に劣る。

真空成形

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

真空成形

真空成形とは、熱可塑性プラスチック薄板材料として食品パック容器など、薄物成形を行う方法である。
  真空成形の手順は、まず材料樹脂薄板金型に載せてクランプ固定し、ヒータ加熱して軟らかくした後、あらかじめ金型内にあけられている小穴から真空ポンプ空気を抜いてプラスチック板を金型吸着させて成形を行う。樹脂冷却固化するのでポンプ作動止め製品取り出すと、板の厚みを残したまま、密着させられた金型の形に成形される。この方法では、プラスチック板は金型取り付けられたままで可塑化、成形硬化工程が行われる。
  真空成形で用いられる材料は、シートフィルムなど薄い板状にあらかじめ成形されたプラスチックであり、平板の状態で印刷が行えるため、コスト抑えることができる。また工程シンプルであり高速生産が可能なため大量生産品に向く成形方法である。
  真空成形はケーストレーなど日用品成形良く用いられるが、機械部品や、大きい物としては看板成形など広く利用されている。

 

真空成形

適している分野・使用事例

食品パック容器トレー機械部品お面看板などの成形

※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

バキュームフォーム

(真空成形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/12 10:43 UTC 版)

バキュームフォーム(英語:vacuum forming)は、薄い熱可塑性樹脂の板を熱して軟化させ、木などで出来た元型に密着させて成型する手法である。直訳すると「真空成型」となる。




「バキュームフォーム」の続きの解説一覧





真空成形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「真空成形」の関連用語

真空成形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

転舵角センサー

ティグ溶接

CR-V

焼き付け塗装

アクティブロールオーバープロテクションシステム

ラッピング

ジャンピングスポット

電解めっき





真空成形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバキュームフォーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS