疎開とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 疎開 > 疎開の意味・解説 

そ かい [0] 【疎開】

( 名 ) スル
災害空襲備えて,都会の人物資工場などを他の地に移すこと。 「田舎に-する」
軍隊で,敵の襲撃備えて隊をまばらに散らばらせること。散開


避難(疎開)

自発的移動(806-1)は強制移動 1対比される。後者公権力によって個人移動するように強制される場合を指す。引き揚げ 2出身国への強制的帰国に使われる。強制的移動もう一つの例は、個々人集団全部居住地からの追放 3である。避難(疎開) 4という用語は一般に地震洪水戦争のような、何らかの破局から身を守るために全住民移動する場合に用いられる。難民 5通常自分自身意志移動した人であるが、その移動は、自分出身国に留まる迫害される恐れがあるという、強い圧力があったためである。移送者 6とは元の場所から公権力によって移動させられた人である。この種の移動大規模人口移送 7人口の転送 7あるいは人口交換 8結果起こることもある。


疎開

作者高城修三

収載図書尼僧物語 真っすぐ行きなはれ
出版社どりむ社
刊行年月2001.11


疎開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/04 07:18 UTC 版)

疎開(そかい)とは、軍事作戦において、集団行動している兵を散らし、攻撃目標となり難い状況を作りながら作戦行動を行なう事を言うのが原義である。日本語では第二次世界大戦中に大日本帝国政府が非戦闘員・産業を戦禍から免れさせる政策も含めて言うようになった。


  1. ^ a b 越澤明:東京の都市計画、岩波新書、1991.
  2. ^ [1][2]
  3. ^ [逸見:親もとを離れて2003年]
  4. ^ [逸見:ひもじさに耐える2003年]
  5. ^ [逸見:絵日記にみる疎開生活2003年
  6. ^ 内藤[2001]
  7. ^ 与那原学童疎開疎開史編集委員会[1995:24-27,298-299]
  8. ^ 2014年8月9日23時NHKEテレ放送ETV特集「戦闘配置されず肢体不自由児の学童疎開」
  9. ^ 逸見[2003-1-pp10-18]
  10. ^ 内藤[2001:228]
  11. ^ 逸見[2003-1-12]
  12. ^ 逸見[2003-1-15]
  13. ^ 越澤明:東京都市計画物語 第10章 防空と建物疎開、ちくま学芸文庫、2001.
  14. ^ ソ連大使館は、後に箱根町強羅ホテルに移転した。


「疎開」の続きの解説一覧





疎開と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

疎開に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「疎開」の関連用語

疎開のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地ごて

ハンティングナイフ

西ノ内紙

ED4001

ティー アップ

つみれ

1500形

5500系





疎開のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疎開 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS