男女共同参画社会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人権啓発用語 > 男女共同参画社会の意味・解説 

男女共同参画社会

男女が、社会対等構成員として、自らの意志によって、社会あらゆる分野における活動参画する機会確保され、もって男女均等政治的経済的社会的及び文化的利益享受することができ、かつ、ともに責任を担うべき社会」と定義されています。
男女それぞれの性別を超えて尊重され、個人自己決定自己実現視点から一人ひとりが自らの人生選択決定する権利保障されること

あらゆる分野男女が平等に参画していくために女性自身が自らの意識能力高め主体的行動責任分担できる力を付け政治的経済的社会的文化的に力を持つ存在になること

男性仕事中心女性家事育児介護中心と言った
性別役割分担意識を超え女性男性職場家庭地域社会を含む生活領域の中でバランスよく活躍できる社会システム形成していくこと

男女共同参画社会

 男女が、社会対等構成員として、自らの意思によって社会あらゆる分野における活動参画する機会確保され、もって男女均等政治的経済的社会的及び文化的利益享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会のこと。

男女共同参画社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/03 07:55 UTC 版)

男女共同参画社会(だんじょきょうどうさんかくしゃかい)とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」のこと。そしてこの理念を実現するために「男女共同参画社会基本法」が制定され、1999年平成11年)6月23日に公布・施行された。 「男女共同参画」は英語で公式に"gender equality"と表記する。




[ヘルプ]


「男女共同参画社会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

男女共同参画社会に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「男女共同参画社会」の関連用語

男女共同参画社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

弁財天

雪華文散図大小鐔

趙 治勲

天津小湊町誕生寺の線香と磯風

ゴロファ

富士

サグラダファミリア

絞り包み





男女共同参画社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2017 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男女共同参画社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS