生贄とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 生贄の意味・解説 

生贄

作者クライヴ・バーカー

収載図書セルロイドの息子
出版社集英社
刊行年月1987.5
シリーズ名集英社文庫


生贄

作者西村望

収載図書狐の嫁入り
出版社広済堂出版
刊行年月1989.3
シリーズ名広済堂文庫


生贄

作者月正

収載図書寄物
出版社幻冬舎
刊行年月2004.2


生贄―親が知らない息子たちの狂気

作者飯干晃一

収載図書生贄
出版社祥伝社
刊行年月1986.2
シリーズ名ノン・ポシェット

収載図書生贄
出版社徳間書店
刊行年月1994.5
シリーズ名徳間文庫


生贄

読み方:イケニエ(ikenie)

分野 謡曲

年代 室町後期

作者 作者未詳


生贄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/14 17:21 UTC 版)

生贄(いけにえ、生け贄とも[1])とは、への供物として生きた動物を供えること、またその動物のことである。供えた後に殺すもの、殺してすぐに供えるもののほか、殺さずに神域(神社)内で飼う場合もある。


[ヘルプ]
  1. ^ 「神への生け贄」が階層化社会を生み出していた:研究結果WIRED
  2. ^ ただし、生贄を出しても効き目がなかった(雨が降らなかった)ため、仏教儀礼の「悔過(けか)」を行ったと記され、仏教儀礼に移行する過渡期の記述である。
  3. ^ 牛馬の渡来自体が古墳期からであり、殺牛馬のまじない文化は渡来系の人々の信仰とされる。参考・『AERA Mook 考古学がわかる。』内の金子裕之の説明。 朝日新聞社 1997年 p.50.
  4. ^ 岡田米夫 『日本史小百科 神社』 東京堂出版 (新装4版)1997年(初版1977年) ISBN 4-490-20208-3 p.183
  5. ^ 柳田國男「日本の伝説」三国書房 昭和15年1940年12月20日95頁―96頁
  6. ^ 田代道弥「風神のつのとり 考」祭風洞書屋 昭和43年1968年8月1日27頁―30頁
  7. ^ 高木敏雄「日本神話伝説の研究」岡書院 1925年5月20日発行487頁―531頁532頁―538頁
  8. ^ 諏訪大社回答 「蛙狩神事」”. NPO法人アニマルライツセンター (2016年2月16日). 2016年7月9日閲覧。
  9. ^ 諏訪大社の残酷なカエル串刺し神事の廃止を求めます”. 全国動物ネットワークANIMAL NETWORK JAPAN. 2016年7月9日閲覧。
  10. ^ 諏訪大社カエル串刺し神事に抗議 動物愛護団体「許すことのできない残虐行為」 J-CASTニュース 2015/1/ 5
  11. ^ 長野日報
  12. ^ 小笠好恵「東海道の伝説」関西通信社1964年10月1日発行40頁―46頁
  13. ^ 松村武雄「日本神話の研究 第三巻」培風館 昭和30年1955年11月10日発行126頁197頁207頁
  14. ^ 松村武雄「日本神話の実相」培風館 昭和22年1947年6月10日発行155頁―156頁158頁
  15. ^ 中山太郎「日本巫女史」大岡山書店1930年3月20日発行247頁―251頁333頁―338頁347頁
  16. ^ 「広報ふじ 1967」富士市役所 昭和42年1967年5月15日発行3頁
  17. ^ 松尾四郎「史話と伝説」松尾書店1958年9月5日発行221頁-224頁
  18. ^ 小長谷宗芳「伝説富士物語」木内印刷合資会社1952年8月発行168頁-179頁
  19. ^ 小川有言「遠江の伝説」安川書店 昭和17年1942年11月1日発行166頁―167頁
  20. ^ 藤澤衛彦「日本伝説の研究 第一巻」大鐙閣 大正15年1926年7月5日発行序2頁―3頁
  21. ^ 青木純二「アイヌの伝説」第百書房 大正15年1926年5月14日発行33頁―36頁52頁―56頁80頁―81頁82頁―84頁
  22. ^ 南方熊楠「南方閑話」坂本書店出版部1926年3月20日発行61頁―96頁
  23. ^ 布施千造「東京人類学会雑誌第194号(人柱に関する研究)」明治35年5月20日発行303頁―307頁


「生贄」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「生贄」の関連用語

生贄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツインショック

宇宙科学研究所

長谷棚田

メンガタメリー

ボールチップ

ディファレンシャル・エントラップメント

ノギス

クロイジ





生贄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生贄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS