環境ホルモンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > 環境ホルモンの意味・解説 

かん きょうホルモン くわんきやう- [5] 【環境ホルモン】


環境ホルモン(かんきょうほるもん)

内分泌かく乱物質

ポリ塩化ビフェノール、ダイオキシンビスフェノールAなど約70種類が知られている。生物体内ホルモン働きを乱し、生殖器の奇形性行動異常を引き起こする。

カモメメスペニスがあったり、あるいはメス化するなどの例が報告されている。人体への影響では男子精子減少などが知られている。

身近に知られているものにビスフェノールAがある。これは女性ホルモンと似た働きをする環境ホルモンである。プラスティック食器に使われる「ポリカーボネート」に含まれ、熱によって溶け出す。この食器学校給食用に多く使われていたことで問題になったことがある

また東京都が、2000年3月3日カップめんのポリエスチレン容器30種類熱湯を入れて15分間放置するという実験を行ったところ、すべての容器からスチレンダイマーやスチレントリマーなどの環境ホルモンが検出された。この際の平均溶出濃度は22.7ppbだった。

環境ホルモンの発生メカニズムはあまり解明されていない。また摂取量が1pptというごく微量影響があるとされるが、検出毒性評価難しということである。このため環境ホルモン発生疑いがあっても、製品多く製造禁止には至っていない。

(2000.06.22更新


環境ホルモン(外因性内分泌攪乱化学物質)

ホルモン類似作用をもち,人及び生物生殖発育という基本的生物生存条件影響与え可能性懸念されている化学物質。 
平成8年1月米国出版された「奪われし未来」という本に取り上げられており、その序文においてゴア米国副大統領が、かなりの数のホルモン類似の人工化学物質デリケート生物のホルモンシステムに影響与えている可能性指摘し、これらの化学物質がどの程度影響与えまた、このようなホルモン類似の作用を持つ化学物質どれほど存在するか、我々や子供たちどれだけこのような物質暴露されているか研究努力拡大なければならない指摘しました。 
 環境庁では、平成10年5月に、現時点での外因性内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)問題についての基本的考え方や、今後進めていくべき具体的な対応方針をまとめた「環境ホルモン戦略計画SPEED'98」を発表しました。環境庁ではこれに基づき各種調査研究を進め、行政的な措置あり方について検討しています。  環境ホルモンといわれている物質には,主に以下のようなものが該当するとして研究が進められています。 
アジピン酸ジエチルヘキシル○アトラジンアミトロール○アラクロール○アルキルフェノールアルジカルブ○エスフェンパレレート○エンドスルファンオクタクロロスチレンカルバリルクロルデン類○ケポンケルセン○2.4-ジクロロフェノール○2.4-ジクロロフェノキシ酢酸ジネブ○1.2-ジブロモ-3-クロロプロパンシペルメトリンジラムスチレンの2及び3量体○ダイオキシン類ジベンゾフラン類、コプラナーPCB含む)○多環芳香族炭化水素類○DDT類○トキサフェン○2.4.5-T○トリフェニルスズ化合物トリブチルスズ化合物トリフルラリンドリン類○ニトロトルエン類○ニトロフェンパラチオンビスフェノールAビンクロゾリンフェンバレレートフタル酸エステル類○n-ブチルベンゼンヘキサクロロシクロヘキサン類○ヘキサクロロベンゼンベノミルペルメトリン○ベンゾフェノンペンタクロロフェノール○ポリ臭化ビフェニルマイレックスマラチオン○マンゼブ○マンネブメソミル○メチラム○メトキシクロルメトリブジンPCBシマジンフタル酸ジエチルヘキシル

環境ホルモン

人を含めた動物内分泌作用をかく乱し、生殖機能阻害悪性腫瘍等を引き起こす可能性のある化学物質わが国の対応は環境ホルモン戦略計画SPEED98策定内分泌撹乱作用有すると疑われる化学物質、約70リストアップ2000年度からは試験研究加速的な推進が図られ、化学物質における内分泌撹乱作用有無・程度、そのメカニズム解明が進められている。

環境ホルモン

 化学物質のうち、体内取り込まれると女性ホルモンに似た作用をし、その生物あるいはその子孫の生殖機能深刻な障害与えるおそれのある物質をいう。

 環境中に放出され、まるでホルモンのように作用するので環境ホルモンと呼ばれるホルモンに似た働きだけでなく、逆にホルモン働き阻害するものもある。食器などに使われるポリカーボネート樹脂原料であるビスフェノールAプラスチック可塑剤として用いられるフタル酸エステル類PCBダイオキシン類有機塩素系殺虫剤など100種類上の物質が疑われている。


環境ホルモン

外因性内分泌かく乱化学物質動物生体内取り込まれた場合に本来その生体内で営まれる正常なホルモン作用影響与え外因性物質内分泌かく乱作用が疑われている多く物質の中で建築に関係したものとしては、プラスチック製品含有されている酸化防止可塑剤などの化合物などがある。

環境ホルモン

私たちの体の機能ホルモンによって厳密に調節されています。体内取り込まれた場合に、このホルモンの正常な働きを乱すことにより、体に有害な影響を及ぼす化学物質を「環境ホルモン」といいます。正式には「外因性内分泌攪乱物質」と呼ばれていて、生殖系免疫系神経系等に異常を引き起こす可能性指摘されています。このような作用が疑われている物質の例として、ビスフェノールAアルキルフェノール類女性ホルモン作用が挙げられます。現在、化学物質の環境ホルモン作用評価する方法やそれらの物質が人の健康に及ぼす影響等について、国際的協力のもとに研究が進められています。


ホルモン撹乱物質(環境ホルモン)

さまざまな毒性指摘されている化学物質で、ホルモンレセプターと結びついて、ホルモン本来のはたらき阻害します。話題となっているダイオキシン以外にも、40種類上ものホルモン撹乱物質が見つかっています。


内分泌攪乱物質

(環境ホルモン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 09:00 UTC 版)

内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ、endocrine disruptor)は、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン作用をおこしたり、逆にホルモン作用を阻害するもの。2003年(平成15年)5月の政府見解では、「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されている。


  1. ^ 環境ホルモン学会「会則」
  2. ^ シーア・コルボーンら著 『奪われし未来』 長尾力訳、増補改訂版、翔泳社、2001年。ISBN 4881359851
  3. ^ 「逆U字効果」、vom Saal, F. S. et al. (1997). Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94: 2056. 全文(英語) など
  4. ^ ポリカーボネート・ニュース
  5. ^ 環境省(環境ホルモン問題関係)
  6. ^ 中西準子「環境ホルモン空騒ぎ」新潮45 1998年12月号
  7. ^ 西川洋三著 『環境ホルモン-人心を「撹乱」した物質』 日本評論社、2003年。ASIN 453504824X
  8. ^ 「ビスフェノールAについてのQ&A」 厚生労働省食品安全部基準審査課 2008年7月8日
  9. ^ 国立研部長がずさん報告書 厚労省から3千万円補助金(北海道新聞)
  10. ^ 「リスクプロファイルシート(ゼアラノレン)」農林水産省消費・安全局消費・安全政策課 2008年5月12日
  11. ^ Yamamoto S, Sobue T, Kobayashi M et al. "Soy, isoflavones, and breast cancer risk in Japan" J Natl Cancer Inst, 18;95(12), 2003 Jun, P906-13.


「内分泌攪乱物質」の続きの解説一覧

環境ホルモン

出典:『Wiktionary』 (2009/08/28 13:43 UTC 版)

名詞

ホルモン環境 ホルモン:かんきょうほるもん

  1. 内分泌攪乱物質通称





環境ホルモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「環境ホルモン」の関連用語

環境ホルモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木和田川二号流路工

ワックスコード

メリヤス編み

書毛

釣島灯台

オトシンプレコ L146

帰雁水月図鐔

W62P





環境ホルモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2017 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2017 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2017 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内分泌攪乱物質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの環境ホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS