琵琶湖疏水とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 運河 > 日本の疎水 > 琵琶湖疏水の意味・解説 

琵琶湖疏水

読み方びわこそすい

京都大津を結ぶ疏水は、京都市飲料水まかなうだけでなく、当初発電物資輸送農業用水など多目的利用することを目的立案された。第1疏水明治18年(1885)、青年技師田邊朔郎たなべさくろう)の指導のもとに着工、同23年開通。第2疏水は、明治45年完成をみている。国指定史跡

交通アクセス

京阪電車石坂線三井寺駅下車すぐ

関連事項

琵琶湖疏水の竪坑 

琵琶湖疏水


琵琶湖疏水

読み方:ビワコソスイ(biwakososui)

琵琶湖京都疎通し、諸種の用に供するために開削された運河水路


琵琶湖疏水 (京都府)


琵琶湖疏水

琵琶湖疏水
山科毘沙門堂安祥寺近く流れ疏水
琵琶湖疏水
この疏水関連情報
疏水マップダウンロード
琵琶湖疏水
水土里の路ウォーキング
(農林水産省HPへ外部リンク)
琵琶湖疏水
疏水を守る活動
(農村地域の資源保全HPへ外部リンク)
琵琶湖疏水
琵琶湖疏水 疏水概要
疏水所在
滋賀県大津市から京都市東部位置する山科区左京区東山区伏見区宇治川)にまたがる地域

所在地域の概要
京都府南部位置する政令指定都市京都市平安京から1200年間都が置かれた歴史ある古都。  
なお、施設一部琵琶湖に面した滋賀県大津市西大津存在しており、琵琶湖疏水は7世紀造営された大津京平安京を結ぶ水の道とも呼ばれている。

疏水概要特徴
琵琶湖疏水は、滋賀県大津市三保崎に源を発し、殖産工業市民水道供給するために、工学士 田辺朔郎指揮の下に明治18年6月3日着手し、明治23年3月30日完成した延長8.7km疏水である。  
その後鴨川沿って明治23年6月着手し、明治27年9月2日に8.7km鴨川運河完成し、琵琶湖疏水から鴨川運河通り伏見までの全長20km舟運ルート完成し、宇治川及び淀川と結ばれ、また、水力発電所完成によって伏見の街は発展した。


くわしい情報
琵琶湖疏水
すいさんぽみち
http://www.geocities.jp/biwako_sosui/
琵琶湖疏水
琵琶湖疏水

琵琶湖疏水

名称: 琵琶湖疏水
ふりがな びわこそすい
種別 史跡
種別2:
都道府県 2県以上
市区町村 京都市大津市
管理団体
指定年月日 1996.06.19(平成8.06.19)
指定基準 史6
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 琵琶湖疎水は、滋賀県大津市三保ヶ崎の琵琶湖畔から、長等山下を抜け京都府京都市山科の山〓(*1)をめぐり、蹴上から鴨川左岸至り南下して深草伏見を経、宇治川に注ぐ近代都市疎水である。
 琵琶湖から京都への運河建設明治時代以前から計画されていたが、明治十四年(一八八一)、京都府知事任命された北垣国道は、疎水開き、これを舟運動力灌漑等に利用して京都産業振興を図ろうとした。北垣同年疎水線の測量を命じ、続いて勧業諮問会および上京下京区連合会に諮り、事業準備を進めた。
 大津鴨川間の疎水および疎水分線開削事業は、明治十八年一月政府起工特許を得、同年六月田邊朔郎主任技師として長等山下を抜く第一隧道から工事着工された。第一隧道計画線で約二・四キロメートルと、当時日本最長のものであったが、この工事ではわが国初め竪坑工法採用され、長等山西麓藤尾作業用の第一竪坑深さ四七メートル)を抜き、ついで通気用の第二竪坑深さ二〇メートル)を入れ、東西両口からの掘削併せて工事が進められた。掘削はほとんど入力により、新型ポンプ次々導入して湧水克服し、明治二十二年二月貫通、翌二十三年二月完成した。第一隧道並行して第二隧道第三隧道掘削行われそれぞれ明治二十年十二月、同二十年三月に完成している。隧道出入口には、当時要人たちの揮亳した石額を飾ったおのおの個性ある形態の門が設置された。この間隧道以外の疎水工事閘門設置工事も進められた。また、蹴上から大文字山山麓にそい、南禅寺若王子東山山麓北へ流れ高野から西進して堀川へ注ぐ疎水分線も、明治二十年九月着工し、同二十三年三月竣工した。全線路の通水試験明治二十三年三月で、翌四月竣工式が行われた。なお、この成功をまって、鴨川から伏見に至るいわゆる鴨川運河明治二十五年に着工、同二十八年完成している。
 第一期の疎水工事動員された人夫延べ四〇〇万人使用した煉瓦は一、四〇〇個、木材三〇〇万才(一才は一立方尺)、セメント三〇、〇〇〇〓(*2)、ダイナマイト類七、〇〇〇貫目に及んだという(田邊朔郎琵琶湖疎水工事図譜』)。これらの資材供給当時国内生産のみでは十分ではなく例え煉瓦山科御陵(現山科区)に専用煉瓦工場を建てて大半焼成し、セメント過半輸入し、ダイナマイト雷管はすべて輸入であった。総工費一二五万円余で、産業基立金国庫府庁下渡金、市債の他、市民への賦課金等によってまかなわれた。
 疎水各所には舟運用の舟溜り設けられたが、落差大き蹴上には、斜面鉄道を敷き、車に舟を載せて上げ下げするインクライン設けられた。また、工事の間、田邊らは米国コロラド州アスペン水力発電所視察琵琶湖疎水でも水力発電計画し、蹴上わが国の初の水力発電所設置した。蹴上発電所明治二十四年五月に完成し、同年十一月には送電開始している。この電力は主に工業動力振り向けられ、また、明治二十八年わが国
電気鉄道路面電車)が登場するなど、京都市発展一大動力となった。明治四十一年には、増大する電力需要への対応と水道事業等のために全線隧道第二疎水着工、同四十五年三月完成された。この第二疎水開削に伴い蹴上より下流疎水拡幅され、蹴上発電所増設されたほか、夷川と墨染発電所新設され、京都市内の電力需要まかなうようになった。これらの電気事業は、昭和十六年一九四一)の配電統制令に伴い、翌一七年からは関西電力継承された。
 現在、琵琶湖疎水は、京都市水道局管理の下、主に京都市の上水道用水として利用されている。鴨川にそう地点より下流暗渠部分多くなり、かなり改修加えられたが、夷川より上流については、昭和四十五年国鉄湖西線建設で諸羽付近の水路埋め立てられ、新隧道開削された以外は、基本的にその水路形態施設をとどめ、明治期疎水様相をよく残している。
 今回指定を図るのは、第一疎水第一第二第三隧道出入口第一竪坑第二竪坑日本初鉄筋コンクリート明治三十六年竣工)、インクライン疎水分線水路閣等である。琵琶湖疎水開削工事は、西欧近代的土木技術を学んだ日本人技術者の手になる初期大規模土木工事であり、明治中期における日本土木技術水準到達点を示す土木史上画期的事業であった。また、舟運発電水道等に広く利用されることを通じて京都近代都市としての発展をもたらした点で、大きな意味をもつものであった。よって史跡指定し、その保存を図るものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  琴似屯田兵村兵屋跡  琴塚古墳  琵琶塚古墳  琵琶湖疏水  瑞泉寺境内  瓜郷遺跡  瓢塚古墳

琵琶湖疏水

作者田宮虎彦

収載図書青春屈折 上巻 新装
出版社學藝書林
刊行年月2005.2
シリーズ名全集 現代文学発見

収載図書京都府文学全集 第1期(小説編) 第3巻(昭和戦後編 1)
出版社郷土出版社
刊行年月2005.10


琵琶湖疏水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 13:35 UTC 版)

琵琶湖疏水(びわこそすい)とは、琵琶湖の湖水を京都市へ流すために作られた水路疏水)である。国の史跡に指定されている。




  1. ^ 1986年(昭和61年)の水利使用許可の値。『100年』 p. 307
  2. ^ 文化庁の国指定文化財データベースに史跡名勝記念物「琵琶湖疏水」として登録されている http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/index_pc.asp
  3. ^ 『100年』 p. 64には「朝廷からいただいた“お土産金”と称し」たという。明治3年3月付太政官示達「今般格別之御詮議を以て其府下人民産業基立金として五万両被渡下候間、取計方行届候様、御沙汰候事」、閏10月5万両追加。明治21年度に元利計39万6千円余りとなっていた。同書 pp. 64-67に詳述。
  4. ^ 第2疏水事業、水道事業、市電開通及び幹線道路拡幅の3つを指す
  5. ^ 電力の節は『100年』pp. 270-316、422-448による
  6. ^ a b c 「諮問案・趣意書」は『琵琶湖疏水の100年』資料編 pp. 16-19に収録。叙述編 pp. 67-75に解題
  7. ^ 出典:植村善博 著『京都の治水と昭和大水害』文理閣刊 
  8. ^ 舟運の節は『100年』 pp. 244-269による
  9. ^ 『100年』 pp. 257-263
  10. ^ 『100年』 p. 268
  11. ^ 現在の膳所駅。旧逢坂山トンネル経由で現在の大津駅は存在せず、膳所と浜大津の間は貨物のみ
  12. ^ a b 『100年』 p. 248
  13. ^ 上栄町浜大津の大津市中心部、京町通角の路上にあった
  14. ^ 『100年』 p. 261、資料編 p. 203では京津線の三条-浜大津も同年としているが誤り。札ノ辻-浜大津延長は1925年
  15. ^ 水道の節は『100年』 第4章第3節「水道事業のはじまり」pp. 449-475および附章「よみがえる京の水」pp. 586-674による
  16. ^ 『琵琶湖疏水の100年』資料編 pp. 68-70に収録
  17. ^ 『100年』 p. 380など
  18. ^ 『100年』pp. 160-172
  19. ^ 『100年』p. 160。田辺朔郎の竣工奉告祭における工事申告文の値。
  20. ^ これのみ現状。1989年現在。
  21. ^ 単位は『100年』のまま
  22. ^ 『100年』 pp. 172-174。暗渠、橋梁、堰止など不明
  23. ^ p. 137では51間 (92.73m)
  24. ^ 『100年』 p. 234。ただし掘割と築立のメートル換算の延長合計が総延長に一致しない。
  25. ^ 『100年』p. 247も参照
  26. ^ 第2疏水完成時の諸元は『100年』 pp. 402-412
  27. ^ 昭和62年現在。『100年』 p. 397
  28. ^ 『100年』 p. 404に3894mとあるが明らかに間違い
  29. ^ 『100年』 pp. 415-419では表現が錯綜していて完工時の全貌が把握できない。『琵琶湖疏水誌』による。
  30. ^ 『100年』pp. 523-526
  31. ^ 鉄道建設公団のP線として着工、実際は京阪電気鉄道が鉄道建設公団からの委託で敷設した
  32. ^ 鴨川水害京阪四条駅周辺の被災写真
  33. ^ 参考文献・植村善博著『京都の治水と昭和大水害』176-189頁「河川改修事業と実施」
  34. ^ 参考文献・『鉄道ピクトリアル』1984年1月増刊号「特集 京阪電気鉄道」の78-81頁「京都市内の地下化工事の経過と今後の予定」より
  35. ^ 老朽化や過去の地震の影響と見られる。倒壊の危険性も判明したため、7月31日から8月8日にかけ、緊急の防護工事を実施国の史跡「水路閣」倒壊防止へ緊急工事 京都市 産経新聞 2008年7月29日
  36. ^ 琵琶湖疏水訴訟:三井寺と京都市が和解 紛争20年やっと 毎日新聞 2013年4月18日
  37. ^ 出典・京都市上下水道局発行「京の水だより」Vol.5平成24年11月、『京都市水道創設百周年』より
  38. ^ 出典・京都新聞2012年8月20日朝刊「潤いをとどけて 京都市水道100年『7)市民の感謝』」
  39. ^ 『100年』には「白川」と表記されている。白川道は『京都市都市計画街路・道路』京都市 (平成12年6月) p. 191によれば、現在の志賀越道の旧称とされる
  40. ^ 『100年』刊行時点。2008年の京都市上下水道局webサイトにも分線の距離同一のため、変更はないと考えられる
  41. ^ 2012年3月13日京都新聞夕刊の一面の記事より
  42. ^ 経済産業省・近代化産業遺産 平成19年度「近代化産業遺産群 33」 http://www.meti.go.jp/policy/local_economy/nipponsaikoh/pdf/isangun.pdf#page=83
  43. ^ 京都市上下水道局 お知らせ 近代化産業遺産への認定 http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000028522.html
  44. ^ 土木学会 関西地方の選奨土木遺産 琵琶湖疏水の発電施設群 http://www.jsce.or.jp/contents/isan/blanch/5_6.shtml
  45. ^ 『とんねる』p. 3、『疏水誌』p. 34
  46. ^ 『とんねる』p. 64、『疏水誌』p. 34
  47. ^ 『疏水誌』p. 25-26「暫時の間我が京都は世界での水力電気の本場となって欧米諸国人からも続々問合せがあった位である」
  48. ^ 『100年』p. 466など
  49. ^ 『100年』 pp. 170-172、『疏水誌』p. 57-58
  50. ^ まんぽとはトンネルの方言であると考えられている[要出典]
  51. ^ 邦訳「295 斜歪穹窿」『ランキン氏土木学』、891-896頁。、 原書 Rankine, W.J.M. (1894). “295 Skew Arches”. A Manual of Civil Engineering (17th ed.). London: Charles Griffin and Co., Ltd.. pp. pp. 429-432. 
  52. ^ 『100年』p. 172
  53. ^ 『とんねる』図9、p. 8
  54. ^ 『とんねる』図10、p. 9
  55. ^ 『とんねる』図11、p. 9
  56. ^ 『要誌』318頁に続く3枚目の図版の一部
  57. ^ 福澤諭吉も反対していたという(琵琶湖疏水:歴史と技術の資料館(財団法人 国土技術研究センター))。
  58. ^ 『100年』 p. 199
  59. ^ 「琵琶湖疏水で観光力 船運航など活用 京商が学習体験型事業」京都新聞2006年9月7日
  60. ^ 「琵琶湖疏水に観光船を」 実現目指し京都と大津市が検討チーム 両市長、船上から視察 - MSN産経ニュース(2013年12月17日)
  61. ^ 「琵琶湖疏水を観光航路へ 京都市がプロジェクトチームを」京都新聞2014年1月7日
  62. ^ 「琵琶湖疏水クルーズ 運航へ トンネル視察」京都新聞2014年3月14日
  63. ^ 「琵琶湖疏水観光船 官民協力で 来年度にも 試験航行」京都新聞2014年5月25日
  64. ^ 琵琶湖疏水のトンネル「安全」 京都市が調査、観光船就航へ弾み - 京都新聞2014年8月19日
  65. ^ 琵琶湖疏水クルーズ、3月から試験運航 大津-京都間 - 京都新聞2015年1月26日
  66. ^ 桜の琵琶湖疏水観光船が人気 試験運航第1期、乗船倍率20倍超 - 京都新聞2015年2月28日
  67. ^ 琵琶湖疏水クルーズ、試験運航開始=京都市 - 時事ドットコム2015年3月27日
  68. ^ 「琵琶湖疏水通船復活」試行事業 第2期乗船者モニター募集の結果について - 京都市上下水道局(2015年3月27日)
  69. ^ 観光船運航、採算が課題 琵琶湖疏水、観光潤す(1) 軌跡 - 日本経済新聞2015年1月14日


「琵琶湖疏水」の続きの解説一覧





琵琶湖疏水と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

琵琶湖疏水に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「琵琶湖疏水」の関連用語

琵琶湖疏水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

正休寺

堀川用水

徳島堰疏水

船幸祭

天竜川下流左岸

荒戸神社

上江用水

南滋賀町廃寺





琵琶湖疏水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2016 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
疏水名鑑疏水名鑑
Copy Light(c) : The Ministry of Agriculture Forestry and Fisheries of Japan
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琵琶湖疏水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS