琉球古字とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 琉球古字の意味・解説 

琉球古字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/17 02:04 UTC 版)

琉球古字(りゅうきゅうこじ)とは、琉球で使用されていた文字




  1. ^ 70年代ぐらいまでは老人が順番を表す単なる符丁として(甲乙丙、イロハ、ABC等)のように使っていたともいう。
  2. ^ 十干といっても陰陽(え・と)の区別がないので5文字しかない。ゆえに単に五行だといったほうがよいかも知れないが、後続する12文字の十二「支」に対比させて便宜上「干」と呼んでいる。
  3. ^ 『琉球神道記』は江戸時代初期に書かれたものなので、国学者蘭学者の一部には知られていたが、干支中国伝来のものであり純粋な日本文化ではないので、神代文字肯定派の国学者であっても琉球古字への国学者からの評価は辛辣なものであった。むしろ蘭学者のほうが中立的な立場から関心を示した。彼らの手によっていくつもの写しが現存しているが、その中には書体がかなり異なったものや出所が曖昧なものも含まれる。
  4. ^ 十二支を表すという文字のうちの最後の2文字を除くと甲骨文字の十干と形状が一致することから、竹内はこれは十二支ではなく太古に存在した十二干であるという説を唱えた。また十干を表すという5文字しかない文字も、甲骨文字の「木火土金水」(五行)であることを明らかにしている。これらからさらに展開して、神代文字の一種の阿比留草文字阿波文字について、そのいくつかが甲骨文字であることをつきとめたが、その議論のすべてを発表するには至らなかった。阿比留草文字が甲骨文字であるとの説はその後高橋良典に引き継がれたが、47文字すべてについて解明されたわけではない。ちなみに神代文字についての是非は江戸時代から論争されていたが、甲骨文字が発見されたのは日清戦争の後である。


「琉球古字」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「琉球古字」の関連用語

琉球古字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イングリッシュ・ワイルド

紅華

外浦海水浴場

ジョグ

LT30D/54A

シャルトル大聖堂

第八十一玉高丸

Golf





琉球古字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琉球古字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS