理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

こと わり [0] [4] 【理

〔「ことわり(断)」と同源理非判断する意から〕
( 名 )
もっともな事。道理条理。 「 -を説く
理由。わけ。 「その-を,あらはにえ承り給はねば/源氏 須磨
理論理屈。 「この-を聞き果てむ/源氏 帚木
格式礼儀にかなっていること。 「有司つかさつかさ,-を以て収め葬る日本書紀 敏達
形動ナリ
当然であるさま。もっともであるさま。 「とはせ給はぬも-に思ひ給へながら/源氏 須磨
もちろんであるさま。いうまでもないさま。 「法師は-,男も女も,くるくるやすらか読みたるこそ/枕草子 158」 → (ことわ)

[1] [0] 【理】

物事のすじ道。法則ことわり道理。 「自然の-」 「 -にかなう」 「盗人にも三分の-」
〘仏〙(有為転変する,事実現象に対して真理真実あるいは法・規範などをいう。仏教真如法性など。
宋学で,宇宙根本原理。 → 理気二元論

【り】[漢字]

【 吏 】 [音] リ
役人下級役人。 「 吏員汚吏官吏酷吏獄吏小吏俗吏能吏捕吏執行吏 ・執達吏
【 利 】 [音] リ
よく切れる。するどい。かしこい。 「 利器利剣 ・利口 ・利発 ・鋭利
都合がよい。役に立つよくする。 「 利害利己利生(りしよう)利他利敵利尿利便勝利水利福利 ・便利 」
もうけ。とく。 「 利益利権利潤利殖営利巨利功利戦利薄利暴利名利(めいり)(みようり)) 」
金銭生む,もうけ。 「 利子利息利率元利金利高利低利
【 里 】 [音] リ
むらざと。いなか。 「 里人里道里謡郷里村里
【 俚[音] リ
いなか。卑しい俗っぽい。 「 俚俗俚謡鄙俚(ひり)
民間の。俗世間の。 「 俚歌俚言俚諺(りげん)俚語俚耳俚謡
【 理 】 [音] リ
物の表面にある細かいすじ。もよう。 「 節理文理木理
ととのえる。つくろう。かざる。 「 理髪理容修理整理調理料理
おさめる。処置する。 「 理財理事管理受理 ・処理 ・摂理代理弁理
物事すじみち。 「 理会理解理性理想理由理論義理原理条理心理真理数理生理地理哲理道理倫理論理
【 痢 】 [音] リ
はらくだし。 「 痢病疫痢下痢赤痢
【 詈[音] リ
ののしる。 「 罵詈(ばり)罵詈讒謗ざんぼう罵詈雑言
【 裏 】 [音] リ
うら。 「 裏面表裏
内部うちがわ。 「 胸裏禁裏手裏心裏内裏(だいり)脳裏
ある条件状況のうちに。漢語の下に付いて用いられる。 「 暗暗裏盛会裏盛況裏成功裏秘密裏
【 履 】 [音] リ
はきものはきものをはく。 「 草履(ぞうり)弊履木履(ぼくり)
ふむ。おこなう。 「 履行履践履歴
【 罹[音] リ
こうむる。かかる。 「 罹患罹災罹病
【 離 】 [音] リ
はなれる。はなす。 「 離間離宮離合離散離脱離島離乳離陸隔離 ・距離 ・分離
わかれる。去る。 「 離縁離婚離愁離心離杯離背離反離別別離


読み方:コトワリ(kotowari)

物事筋道、またその理非判別すること。


り 【理】

中国哲学で、天や道などと並ぶ重要概念で、宇宙自然の理法をいう。天理道理。(理は本来、〈磨き出す〉意であり、そこから〈ととのえる〉〈すじ目をつける〉などの意が生まれ秩序の意に発展した)②仏教で、具体的な現象を起こさせている普遍的な根本原理をいう。絶対・平等の真理理法。それをよく観きわめる行を理観といい、それに立脚した教えを理教という。事の対。→ 事理

理!?

作者渡辺慎

収載図書ショートショートの広場 5
出版社講談社
刊行年月1994.3
シリーズ名講談社文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/16 05:42 UTC 版)

(り、Lĭ)とは、中国哲学の概念。本来、理は文字自身から、璞(あらたま)を磨いて美しい模様を出すことを意味する。そこから「ととのえる」「おさめる」、あるいは「分ける」「すじ目をつける」といった意味が派生する。もと動詞として使われたが、次に「地理」「肌理(きり)」(はだのきめ)などのように、ひろく事物のすじ目も意味するようになる。それが抽象化され、秩序、理法、道理などの意に使われるようになった。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ そのような儒家文献としては、『楽記』の天理・人欲の論、『易経』説卦伝などが掲げられる。

参照

  1. ^ a b c d 大島(2004)


「理」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/05/03 02:10 UTC 版)

発音

名詞

  1. 表面にあるかいこまかい(すじ)
  2. 物事経緯が、当然そのようになること。物事筋道

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「理」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
96% |||||

理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カルーア・コラーダ

FOMA F906i

WX331K

高橋和

長野オリンピック記念 第3次 500円白銅貨幣

尾輪式

ディロフォサウルス・シネンシス

ケンタウルスオオカブト





理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS