玉鬘とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 玉鬘の意味・解説 

たま かずら -かづら 【玉鬘

[3] ( 名 )
古代装身具多く宝玉を緒で連ねて頭に飾る。
〔「たま」は美称
かもじ・かつらの美称
仏具華鬘(けまん)美称
枕詞
華鬘を「かげ」ともいったので,「かげ」「掛く」にかかる。 「 -影に見えつつ忘らえぬかも/万葉集 149」 「 -かけぬ時なく恋ふれども/万葉集 2994

たまかずら たまかづら 【玉鬘・玉葛】

源氏物語の巻名。第二二帖。また,その女主人公の名。頭中将夕顔との間に生まれ筑紫に育ってのち,光源氏に引き取られ,髭黒大将に嫁した。
能の一。四番目物金春禅竹こんぱるぜんちく作。「源氏物語」の玉鬘の巻に基づく。玉鬘の霊が,旅僧昔語りをし,心乱れありさまとなるが,僧の弔いによって成仏する。

玉鬘

読み方:タマカズラ(tamakazura)

古代装身具


玉鬘

読み方:タマカズラ(tamakazura)

鬘の一種


玉鬘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/12/01 10:00 UTC 版)

玉鬘(たまかずら)は




「玉鬘」の続きの解説一覧





玉鬘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

玉鬘に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「玉鬘」の関連用語

玉鬘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プローブアンドドローグ

轟の森林

アコム

アカアマダイ

黄金竹

バルサ

京うちわ

鈴鹿国定公園





玉鬘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの玉鬘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS