独立性テーゼとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 独立性テーゼの意味・解説 

独立性テーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/11 13:11 UTC 版)

独立性テーゼ(どくりつせいテーゼ)とは、科学哲学の世界において、「人間の認識活動とは独立して、世界の存在や秩序があるはずだ」という主張のこと。2005年、戸田山和久が様々な形而上学的な立場を分類するための基準として導入した言葉。






「独立性テーゼ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「独立性テーゼ」の関連用語

独立性テーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

中沸石

双葉海水浴場

クバ・リブレ

C-17

御車返し

手貼りライン

アピストグラマ・クルズィ

タグボート





独立性テーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独立性テーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS