犂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > の意味・解説 

から すき [0] [2] 【唐鋤・犂

柄が曲がって刃が広い鋤。多くは牛や馬に引かせて田畑を耕すのに使う。うしぐわ

すき [0] 【鋤・犂

幅の広い刃に柄をつけた(かい)状の農具。手と足で土を掘り起こすのに用いる。 《鋤》
牛馬に引かせて土を掘り起こす農具からすき。 《犂》


犂,ハテシキイザイ (すき,はてしきいざい)

犂 ハテシキイザイ呼ばれている。ごく最近まで南西諸島全域から南九州一部広く使われた畑用犂である。イザリ、ユザリ等の呼び名は、イザリ(躄)の転訛で、犂さきと犂床で土を分けて通るのがいざりに似ていることから出た名称である。宮古八重山諸島では同じ犂をヤマダマと呼ぶ。この犂は元来二頭引無反転一頭引用犂を原型したもので、長いねり木が一頭引用短小化したが、左右対称の狭い犂さきと長い犂床はそのままに無反転犂として使われてきた。それはこの犂の使用地域琉球珊瑚石灰岩母岩とする、小石混じりの畑土壌で、その耕うんや中耕作条そして甘藷の掘取作業等によく適応する犂であったことを示している。わが国本土長床犂と同じ四辺形枠組をもつ犂であるが、犂へらのない点、ねり木が上向き角度をしている点が大きく異り、その由来異にする考えられる。犂床の長さ62cm、ねり木の長さ127cm、重さ9kg。

犂 (すき)

犂 わが国畑地火山灰土地帯に多く従来水田犂では、犂体面に土が付着して土れきの反転が悪く、また深耕難しかった。その改良成果一つがこの高北式畑用犂で、ホークへらにして土の付着少なくし、曲度を緩やかにしかも長く上端の幅を広くして耕起した土のへら上で流れを無理なく、放てき反転させようとしたものである。いずれも弾性へらが用いられており、種々の土壌適合するように、へら面の捻曲度を自由に調節できる構造を有していた。犂床の摩耗抵抗を減らし、しかも吸込みをよくして深耕をはかるためのハイヒール型犂床を採用している。昭和20年代末から30年代始めにかけて改良された犂である。土の母号と名ずけた畑犂1号で、以後改良ごとに号を重ねた。犂先の長さ18.5cm、幅19.5cm、へらの長さ41cm、幅23cm(ホーク5本)ねり木の長さ116cm、重さ15.2kgである。

読み方:カラスキ(karasuki)

牛馬に牽かせて田畑耕し起こすに用いる鋤。

別名 唐鋤


作者

収載図書中国と私の文学の道―鋭氏講演会(中国)資料 短編作品日本語訳
出版社国際交流基金
刊行年月2007.11
シリーズ名開高健記念アジア作家講演会シリーズ


読み方
からすき

プラウ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 06:05 UTC 版)

プラウ(英:plough,またはplow)とは、種まきや苗の植え付けに備えて最初に土壌を耕起する農具であり、トラクターの作業機である。


  1. ^ スガノ・マニアックス 宍道湖湖底管敷設工事
  2. ^ 五洋建設株式会社 宍道湖湖底管布設置工事
  3. ^ スガノ農機株式会社 ボトムプラウ教本より
  4. ^ Robert Temple, The Genius of China p. 17
  5. ^ White, Medieval Technology, p. 50
  6. ^ White, Medieval Technology, pp. 49f
  7. ^ White, Medieval Technology, pp. 69-78
  8. ^ Marc Bloch, French Rural History, translated by Janet Sondheimer (Berkeley: University Press, 1966), p.50
  9. ^ "The Genius of China", Robert Temple, p.16–20
  10. ^ 周防地方の民具から見た犂耕伝来の2つの波 河野道明
  11. ^ 愛知県春日井市 市民文化センター民族資料室
  12. ^ 役場職員時代の思い出 本間庄吉 著上富良野町郷土をさぐる会 機関誌 郷土をさぐる(第2号)1982年 6月30日発行 2010年2月閲覧
  13. ^ 田辺安一 『ブナの林が語り伝えること―プロシア人 R・ガルトネル七重村開墾顛末記』 北海道出版企画センター p.245
  14. ^ 欧米式農法への挑戦 ~伊達プラウ物語~ (伊達市,PDF)
  15. ^ 伊達誕生記「海を渡った武士団」(伊達市噴火湾文化研究所)


「プラウ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/01 15:30 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





犂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

犂に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「犂」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
100% |||||

6
唐鋤 国語辞典
98% |||||

7
国語辞典
98% |||||




犂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

金鍬

牛鋤

八反ずり

押切り

連

かじ蒸し器

農作業用上衣

目ぬきとおし





犂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS