牡丹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 牡丹の意味・解説 

ぼう たん [0] 【牡丹】

「ぼたん(牡丹)」の長音化した語。俳句などで用いることが多い。 [季] 夏。 《 -の咲くときゝはや散るときゝ /星野立子

ぼ たん [1] 【牡丹】

ボタン科落葉小低木中国原産日本でも古くから栽培。高さ約1メートル白緑色羽状分裂し,さらに切れ込む初夏先に1020センチメートルの花を開く。園芸品種重弁で,紅・白淡紅・紫・黄など。根皮は漢方婦人として利用ぼうたん古名,ホウタン・フカミグサ・ハツカグサ。 [季] 夏。 《 -散てうちかさなり二三片 /蕪村
〔「獅子(しし)に牡丹」の「獅子」をいのししとりなして〕 イノシシの肉をいう。 「人さまのはなしをきくと-や紅葉はあんまりぢやあない/安愚楽鍋 魯文
はなやかで大きなものの形容。 「 -エビ


牡丹

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 19 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.6


牡丹

作者戸部新十郎

収載図書秘剣水鏡
出版社徳間書店
刊行年月1993.3

収載図書秘剣水鏡
出版社徳間書店
刊行年月1998.3
シリーズ名徳間文庫


牡丹

作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集 第3巻 小説
出版社新日本出版社
刊行年月2001.2


牡丹

作者園邉甲治

収載図書限りない愛のつばさを
出版社園邉順子
刊行年月2003.3


牡丹

作者中原洋子

収載図書神戸生れ短編集 ティータイムに読む本
出版社新風舎
刊行年月2005.10


牡丹

作者伊藤晃

収載図書小説信濃一茶のいる風景―「花」の面影のほとり
出版社講談社出版サービスセンター
刊行年月2008.2


ボタン

ボタン
科名 ボタン科
別名: -
生薬名: ボタンピ牡丹皮
漢字表記 牡丹
原産 中国
用途 中国から渡来した薬用植物ですが、観賞用にも栽培されています。牡丹皮単味で用いることはまれで、漢方処方配合される要です。
学名: Paeonia suffruticosa Andr.
   

ぼたん (牡丹)

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

Paeonia suffruticosa

中国西北部原産で、中国では百花の王といわれます。台湾国花です。冷涼気候好み、高さは50180センチほどになります。花期4月から5月ですが、初冬春に2回咲く寒ボタンあります。花には一重八重があり、紅色紫紅色、ピンク色白色など多彩です。根は漢方薬として用いられ、牡丹皮と呼ばれます。
ボタン科ボタン属落葉低木で、学名Paeonia suffruticosa。英名は Moutan, Botan, Tree peony
ボタンのほかの用語一覧
ボタン:  牡丹  寒牡丹  細葉芍薬  山芍薬  芍薬

牡丹

読み方:ぼたん

  1. 博徒親分或は綿入着物。又は警察官のことを云ふ。
  2. 肴。「たつぼ」の音転。又は袂探りスリのことをいう。或いは副食物のこと。〔香具婦人衣服(「ぼたんびら」ともいう。)又は博徒親分をいう。

分類 香具師


牡丹

読み方:ぼたん,ぽたん

  1. 肴。〔第六類 器具食物
  2. 副食物
  3. 副食物。〔香具師
  4. 肴。「たつぼ」の音転音訛。

分類 ルンペン大阪香具師


牡丹

読み方:ぼたん

  1. 濃艶の意味。〔花柳語〕

分類 花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

牡丹

読み方:ボタンbotan

ボタン科落葉低木花弁はうすく、五から十でなり、花色は、白、薄紅、赤など多種

季節

分類 植物


牡丹

読み方:ボタンbotan

作者 三島由紀夫

初出 昭和30年

ジャンル 小説


牡丹

読み方:ボタンbotan

作者 宮本百合子

初出 昭和2年

ジャンル 小説


牡丹

読み方:ボタンbotan

所在 東京都江東区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ボタン (植物)

(牡丹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/01 08:48 UTC 版)

ボタン(牡丹、学名:Paeonia suffruticosa)は、ボタン科ボタン属の落葉小低木。


[ヘルプ]
  1. ^ Kubo Teruyuki (2009). “The Problem of Identifying Mudan and the Tree Peony in Early China”. Asian Medicine 5 (1): 108-145. doi:10.1163/157342109X568964. 
  2. ^ 关于洛阳牡丹来历的两则错误说法”. 2012年8月20日閲覧。
  3. ^ ペオノール”. 2012年8月20日閲覧。
  4. ^ 速水御舟「墨牡丹」”. 2012年8月20日閲覧。
  5. ^ 輪島塗:歴史:沈金の確立”. 石川県. 2012年8月20日閲覧。
  6. ^ 唐獅子牡丹紋角形水滴”. 水滴の美術館. 2012年8月20日閲覧。
  7. ^ 龍と唐獅子牡丹”. 大村神社. 2012年8月20日閲覧。
  8. ^ 東西廻廊:日光東照宮”. 日光国立公園観光とレジャー. 2012年8月20日閲覧。
  9. ^ 二代目彫芳 唐獅子牡丹”. 恵文社. 2012年8月20日閲覧。


「ボタン (植物)」の続きの解説一覧

牡丹

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 06:53 UTC 版)

名詞

(ぼ↘たん)【ボタン

  1. ボタンボタン落葉低木。高さ1~2メートル大形咲く





牡丹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「牡丹」の関連用語

牡丹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

美女撫子

バンレイシ

天賜玉

ホオズキ

クレマチス・アルマンディー

バショウ

アフリカ浜木綿

ハナハッカ





牡丹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボタン (植物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの牡丹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS