片翼潰れとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > パラグライダー用語 > 片翼潰れの意味・解説 

片翼潰れ(かたよくつぶれ)

片翼潰れ
片翼潰れ
乱気流に入ったりアタックアングル小さくなった場合キャノピー左右どちらかが潰れる現象をいう。
潰れの大きさまちまちだが、翼端の1~2セルから半分以上潰れることまでふくむ。
その後回復機体によってかなり開きがあるが、適当な操作をしない場合飛行コース大きくそれたり、スパイロルダイブやスピンに入る危険がある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「片翼潰れ」の関連用語

片翼潰れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タンデム

ウォーターバラスト

エンジンユニット

Cクリップ

ティーバックル

停滞前線

ウイングオーバー

リッジリフト





片翼潰れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2017 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS