燧ケ岳とは?

燧ケ岳(福島県)

 2356m 北緯365718秒 東経13917分07秒 (安嵓 しばやすぐら)(測定点)  ※座標世界測地系による
 2346m 北緯365719秒 東経1391719秒 (燧ケ岳)(三角点)        ※座標世界測地系による

燧ケ岳地図燧ケ岳の写真
                                   (写真クリック拡大:153KB)

概要

福島群馬新潟県境にある尾瀬ヶ原北東福島県南西隅に位置する基底8×6km、海抜2,346m、比高700mのほぼ円錐形火山で、山頂北西直径800m爆裂火口有する35万年前のモーカケ火砕流台地の上乗り、1.9万年前頃に2ヶ所で側噴火発生して、重兵衛溶岩流熊沢田代溶岩ドームが生じた。安とマナイタグラの2つのピークは、山頂を含む土塊南へ滑り落ちたことによって生じた。ナデッ窪はそうして作られた馬蹄形凹地名残である。8000前に起こったこの事件沼沢川がせき止められて尾瀬沼が生じた。御池岳溶岩ドームは約500年前につくられた(早川ほか:1997)。


最近1万年間の活動

 最近1万年間の活動として確認されているのは約8000前に生じた沼尻岩屑なだれと赤ナグレ溶岩流である。この時の火山活動によって、現在の尾瀬沼形成された。その後、約500年前に御池岳溶岩ドームが作られた(早川1994)。溶岩ドーム冷却する最終過程では、内部封じ込められたガス爆発したと考えられる早川ほか:1997)。


記録に残る火山活動

記録に残る火山活動はない。

※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述活火山総覧及び最近観測成果による。


燧ケ岳

読み方:ヒウチガタケ(hiuchigatake)

所在 福島県南会津郡檜枝岐村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

燧ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/18 06:42 UTC 版)

(燧ケ岳 から転送)

燧ヶ岳(ひうちがたけ)は福島県にある火山。山頂は南会津郡檜枝岐村に属する。尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山でもある。東北地方最高峰(2,356m)であり日本百名山に選定されている。






「燧ヶ岳」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「燧ケ岳」の関連用語

燧ケ岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

栗駒山

岩手山

磐梯山

磐梯山

ニセコ

福徳岡ノ場

伊豆東部火山群

蔵王山





燧ケ岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燧ヶ岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS