燕鎚起銅器とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 伝統的工芸品 > 燕鎚起銅器の意味・解説 

燕鎚起銅器

【工芸品名】
燕鎚起銅器
【よみがな】
つばめついきどうき
【工芸品の分類】
金工
【主な製品】
茶器台所用品酒器文房具
【歴史】
地方銅器業は、江戸時代中期に、仙台渡り職人がその技術伝えたところから始まったとされています。地元弥彦山から採れた用いて、やかん類が生産されていました。明治維新後は各地との技術交流が盛んとなり、彫金技術を含め美術工芸品としての地位確立しました。これが今日新潟県燕市金属加工業の発展基盤となりました。
【主要製造地域】
新潟県
【指定年月日】
昭和56年6月22日
【特徴】
鎚起」とは鎚(つち)で打ち起こすという意味です。一枚平らな銅板を鎚で打つことを繰り返し立体的な形に作り上げます。やかんのように注ぎ口のあるものの注ぎ口部分まで打ち出すことのできる、高い技術あります




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「燕鎚起銅器」の関連用語

燕鎚起銅器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カーウイングス

眼窩

正中環軸関節

ダブルローディング

金色メッキ

ビーノ

10000系

せり





燕鎚起銅器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2017 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS