燐灰石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > 鉱物 > 燐灰石の意味・解説 

りんかい せき りんくわい- [3] 【燐灰石】

リン酸カルシウムフッ素塩素などを含む)を主成分とする鉱物。骨や歯の主要構成物。六方晶系柱状または板状結晶褐色緑色灰色多く半透明各種岩石含まれるリンの主要鉱石人工的にも合成され,人工骨・歯の材料とし,また感ガス・感湿センサーとして用いる。アパタイト

燐灰石(Apatite)

燐灰石 燐灰石
Yates Mine,Otter Lake,Quebec,Canada
Ca5(PO4)3F 画像の幅約2.7cm、5.5cm

褐色をした六角柱状結晶弗素燐灰石(Fluorapatite)です。
オレンジ色方解石中に立派な結晶が入っています。
燐灰石には炭酸弗素燐灰石(Carbonate-fluorapatite)、塩素燐灰石(Chlorapatite)、
弗素燐灰石(Fluorapatite)、水酸燐灰石(Hydroxylapatite)などがあります

燐灰石(Bi-Color Apatite)

燐灰石
Golconda Mine,Governador Valadares,Minas Gerais,Brazil
Ca5(PO4)3F 画像の幅約2.5cm

水晶上に燐灰石の綺麗な結晶が付いています。
青色から紫色変化素晴らしいバイ・カラー・アパタイトです。

燐灰石(Apatite)

燐灰石
Dashkesan,Azerbajan
Ca5(Cl,F)(PO4)3 画像の幅約4cm

黄色の燐灰石、水晶磁鉄鉱組み合わせ美し標本です。

燐灰石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/11 20:27 UTC 版)

燐灰石(りんかいせき、apatiteアパタイト)は、リン酸塩鉱物の鉱物グループに対する一般的な名称。化学組成の違いによって多彩な色をもちいくつかの種類があり、単に燐灰石といった場合はフッ素燐灰石をさすことが多い。




[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 原子力工学編』 日本原子力学会1978年ISBN 978-4-339-06573-2
  2. ^ A.G.Werner, 1786


「燐灰石」の続きの解説一覧





燐灰石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

燐灰石に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「燐灰石」の関連用語

燐灰石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラベンダー石

白鉛鉱

瑪瑙

サンプル石

アルノーゲン

菱マンガン鉱

弗素燐灰石

石黄





燐灰石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2016 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燐灰石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS