熊谷正寿とは?

熊谷正寿

読み方くまがいまさとし

熊谷正寿とは、GMOインターネット株式会社現代取締役会長社長である。1963年7月長野県生まれ

1981年國學院高等学校中退の後しばらく父親仕事手伝う。その中で、熊谷正寿は21歳のときに「15年計画」を立てて起業決意した。そして1991年5月マルチメディア事業目的として、株式会社ボイスメディア設立その後1995年には、普及しはじめインターネット注目して商号インターキュー株式会社変更するとともに事業を「インターネットインフラ、サービスインフラの提供」に集中させた。同年には世界初の非会員制インターネット接続及びサービス事業「interQORIGINAL」を開始している。1999年8月には、独立系ネットベンチャーとして、またインターネットサービスプロバイダ(ISP)としても日本初め店頭公開を果たす。

2001年4月商号グローバルメディアオンライン株式会社(GMO)に変更し順調に事業を展開していった。そして、同社2005年6月をもって東京証券取引市場第一部上場を果たした。この時同時に商号GMOインターネット株式会社改めた。

熊谷正寿
※画像提供 / GMOインターネット株式会社

熊谷正寿は、自らの経験に基づいたシステム手帳活用法や自ら考案したシステム手帳などで、個人としても有名である。「今日の私があるのは、自分の夢を手帳書き込み、それをつねに持ち歩き、たえず見返してきたからである」と自身も語っているように、彼の人生の中で手帳が果たした役割は非常に大きといえる自身著書として、『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(かんき出版)や『20代で始める「夢設計図」』(大和書房)、『情報整理術クマガイ式』(かんき出版)が出版されており、その中で熊谷正寿のシステム手帳活用法や仕事術を垣間見ることができる。

2006年1月現在、GMOインターネットグループは、グループ会社25社、スタッフ数は社員アルバイト派遣社員合わせ約2,000名で運営。「インターネット活用支援事業(ネットインフラ事業)」をベースに、「インターネット集客支援事業(ネットメディア事業)」と、「インターネット金融事業ネット金融)」の3本の柱で、新たなインターネットの文化産業お客様の「夢」「感動」を創造し、社会皆様貢献できるグループになるべく取り組んでいる。


更新2006年1月
参照リンク
GMOインターネット株式会社
熊谷正寿の代表メッセージ

熊谷正寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 08:11 UTC 版)

熊谷 正寿(くまがい まさとし、1963年7月17日 - )は、日本経営者GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表。長野県東部町(現・東御市)出生、東京都育ち。國學院高等学校中退。放送大学在学期間満了除籍[1]


  1. ^ [1] 2017年7月25日更新プロフィール
  2. ^ 熊谷正寿〔GMOインターネットグループ代表〕「スマホのワクワク感は'94年と同じ」 予測の達人・菅下清廣が連続直撃 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] のインタビューにおいて「これは信じる人、信じない人がいると思いますが、僕は景気活動に密接に関係していると思っています。」と答えている。


「熊谷正寿」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熊谷正寿」の関連用語

熊谷正寿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

上田祐司

後藤玄利

梶並伸博

南場智子

家入一真

杉本哲哉

兼元謙任

内藤裕紀





熊谷正寿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT企業家列伝IT企業家列伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ熊谷正寿の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊谷正寿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS