熊本放送とは?

熊本放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/13 14:20 UTC 版)

株式会社熊本放送(くまもとほうそう、: RKK Kumamoto Broadcasting Co., Ltd.[1])は、熊本県放送対象地域とした中波放送AM放送)事業とテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はRKKRadio Kumamoto Kabushikikaisha=1961年までの社名「ラジオ熊本」に由来)。




[ヘルプ]
  1. ^ 関連会社 - 熊本放送
  2. ^ RKKテレビ7月期タイムテーブルより。かつては同ビルの9階に入居していた。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、442頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、469頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、437頁。
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、321-322頁。
  7. ^ 熊本放送 非常勤取締役
  8. ^ 日本民間放送連盟『民間放送十年史』1961年 p.616
  9. ^ 『熊本放送50年史』p.43
  10. ^ 『熊本放送50年史』p.55
  11. ^ 『熊本放送50年史』p.56
  12. ^ 『熊本放送50年史』p.58
  13. ^ 『熊本放送50年史』p.73
  14. ^ 『熊本放送50年史』p.74
  15. ^ 『熊本放送50年史』p.79
  16. ^ 『熊本放送50年史』p.102
  17. ^ 『熊本放送50年史』p.101
  18. ^ 『熊本放送50年史』p.103
  19. ^ 2015年現在は主に正式な社章ロゴとして使用
  20. ^ 『熊本放送50年史』p.104
  21. ^ 『熊本放送50年史』p.135
  22. ^ RKKラジオ Radiko、ついに!!【拡散希望】 RKKラジオ公式ブログ、2011年12月5日。
  23. ^ 1月30日(月)正午より、新たに6局が聴取可能に (PDF) radiko公式ウェブサイト、2012年1月23日。
  24. ^ TBSニュースバードでRKKが取材したニュースは4代目ロゴマークが用いられている。
  25. ^ 福岡県、熊本県及び宮崎県内における災害対策及び中波ラジオ難聴地域の一部解消に向けて-中波ラジオ放送のFM方式による補完中継局に予備免許を付与- - 総務省九州総合通信局・報道資料(2015年9月2日)
  26. ^ a b ワイドFM【RKKラジオ 91.4MHz】
  27. ^ 2014年は10月11日・12日に開催予定だったが、12日は台風19号接近に伴い中止となり、11日のみの1日だけの開催となった。
  28. ^ 1981年〜2005年は「RKKラジオの日」
  29. ^ 2014年は10月13日に開催予定だったが、台風19号通過に伴い中止となった。
  30. ^ 予備免許は1953年8月1日、本免許は9月26日取得。10月1日放送開始。当初は熊本市池田に所在し1140kHz・出力1kWで送信していたが、VOAマニラ局(フィリピン)が同一周波数でかつ1000kWの高出力で送信していたことにより県内でも混信があった。このため1954年5月1日に周波数を1100kHzに変更。1959年7月1日に出力を昼5kW・夜3kWに増力した。1962年10月1日に送信所が無人化され同時に周波数を1200kHzに変更し、出力は終日5kWとなった。1978年11月23日に現在の周波数に変更。1993年10月1日に送信所を菊池郡西合志町(現在の合志市)に移転し、出力を増力しAMステレオ放送を開始した。中波放送のAMステレオ放送開始は、ローカル局初であった(その後、山陽放送〈ラテ兼営〉や和歌山放送〈AM単営〉などが追随した)が、中継局では実施されず、15年後の2008年9月28日に終了した。
  31. ^ 本局との同期放送は1983年10月1日に阿蘇・御所浦で、人吉は1984年10月1日、荒尾は1985年10月4日にそれぞれ開始した(小国・蘇陽南・蘇陽北・南阿蘇・河浦は当時未開局)。
  32. ^ 1956年10月1日に1060kHz・出力100Wで開局、1978年11月23日に周波数を1062kHzに変更。送信所敷地が九州自動車道のルートと重なったことから1984年10月1日に現在地へ移転し、現在の周波数に変更(同期放送の開始)し、同時に出力を増力された。
  33. ^ 1968年6月1日に開局した水俣局(1530kHz・100W)を1980年12月19日に御所浦島に移転・現在の出力へ増力したものである。河浦局の送信設備は河浦町天草市)の財産である。
  34. ^ 『熊本放送50年史』p.149
  35. ^ その一方で、1982年3月までNNSに加盟していたTKU当大会に参加していない。(他にNNSに加盟しながら当大会に参加しなかった局はNSTKTSである。)
  36. ^ 放送日時については不明
  37. ^ 本番組の司会者である上田晋也の出身地
  38. ^ 熊本放送の元社長室長を逮捕 会議室で強制わいせつ容疑 朝日新聞 2008年11月20日







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

熊本放送に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熊本放送」の関連用語

熊本放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W62CA

オオクワガタ

docomo STYLE series N-01B

高梁川

超解像

ブローチ

片タブ

金華猪





熊本放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊本放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS