焼岳とは?

やけ だけ 【焼岳】 ◇

飛驒山脈南部にある活火山海抜2455メートル上高地南西にそびえる。1915年大正4)の大爆発で,(あずさ)川をせき止め大正池ができた。

焼岳(岐阜県・長野県)

2455m 北緯361337秒 東経1373513秒 (硫黄岳) (世界測地系

焼岳地図



概 要

 北から谷山(わるたにやま)、焼岳、白谷山(しらたにやま)、アカンダナ山と並ぶ小火山群のうち、焼岳のみが現在も活動中。焼岳は安山岩デイサイト成層火山山頂部は溶岩ドームである。山頂火口(直径300m)のほか、山腹でも噴火している。最新マグマ噴火は、2kaに起きた焼岳ドーム溶岩とそれに伴う中尾火砕流堆積物活動である。東麓ではこの火砕流堆積物の上位の黒色土中にテフラ認められる
 有史後の噴火はほとんど水蒸気爆発で、泥流を生じやすい。平常でも硫気活動が盛んである。別名、硫黄岳(及川,2002)。

焼岳写真
1996年9月24日状況



最近1万年間の火山活動

 焼岳の形成は1.5万年前頃から始まり活動初期には黒谷付近に溶岩火砕流噴出した。最近1万年間にも溶岩火砕物噴出続き、約2000年前に最新マグマ噴火起こり、この活動で焼岳ドーム溶岩中尾火砕流噴出した。この噴火の後にも、4回/千年割合水蒸気噴火発生している(及川ほか,1998,1999;及川,1999,2002)。



記録に残る火山活動


日本活火山総覧(第3版)(気象庁編,2005)およびその後火山観測成果による。>


焼岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/01 23:47 UTC 版)

焼岳(やけだけ)は飛騨山脈の主稜線上にあり、長野県岐阜県にまたがる標高2,455 m活火山で、別名は硫黄岳[3]。常時観測対象の火山[4]に指定され、日本百名山に選定されている[5]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県の山)”. 国土地理院. 2011年1月26日閲覧。
  2. ^ 焼岳の火山活動解説資料(平成26年9月) (PDF)”. 気象庁地震火山部火山監視・情報センター (2014年9月). 2014年10月10日閲覧。
  3. ^ 加藤鉄之助:硫黄岳 (燒岳) 火山 地學雜誌 Vol.25 (1913) No.11 P755-768_1
  4. ^ 活火山とは 気象庁
  5. ^ 深田久弥 『日本百名山』 朝日新聞社1982年、220-223頁。ISBN 4-02-260871-4
  6. ^ 1968年11月8日焼岳に発生した群発地震の発震機構について 京都大学防災研究所年報, 1-Mar-1970, 13巻, A, p.133-140
  7. ^ 焼岳火山付近の群発地震観測 京都大学防災研究所年報 1-Apr-1993, 36巻, B-1, p.291-303
  8. ^ 1998年飛騨山脈群発地震後の深部低周波地震群発活動 地震 第2輯 Vol.54 (2001-2002) No.3 P415-420
  9. ^ 飛騨山脈焼岳火山周辺における東北地方太平洋沖地震後の群発地震活動 地震 第2輯 Vol.65 (2012) No.1 p.85-94
  10. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年1月26日閲覧。
  11. ^ 及川輝樹:焼岳火山群の地質 : 火山発達史と噴火様式の特徴 地質学雑誌 Vol.108 (2002) No.10 P615-632
  12. ^ a b c 焼岳”. 気象庁. 2011年1月26日閲覧。
  13. ^ a b 及川輝樹、奥野充、中村俊夫:北アルプス南部, 焼岳火山の最近約3000年間の噴火史 地質学雑誌 Vol.108 (2002) No.2 P88-102
  14. ^ a b c 『日本の山1000』 山と溪谷社1992年、431頁。ISBN 4-635-09025-6
  15. ^ a b 『改訂新版 岐阜県の山』 山と溪谷社、2010年、74-75頁。ISBN 978-4-635-02370-2
  16. ^ 焼岳 観測点配置図 気象庁
  17. ^ 防災研究所地震予知研究センター・上宝観測所 京都大学防災研究所
  18. ^ a b 『北アルプス山小屋物語』 東京新聞出版局、1996年、16-20頁。ISBN 4-8083-0374-7
  19. ^ a b c 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地』 昭文社山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757777
  20. ^ 『ヤマケイアルペンガイド 上高地・槍・穂高』 山と溪谷社、2000年、74-75頁。ISBN 4-635-01319-7
  21. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年7月8日閲覧。


「焼岳」の続きの解説一覧





焼岳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「焼岳」の関連用語

焼岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

八丈島

摩周

倶多楽

池田・山川

伊豆東部火山群

海徳海山

榛名山

燧ケ岳





焼岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS