焼き鈍しとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 機械加工技術用語 > 焼き鈍しの意味・解説 

やき なまし [0] 【焼き鈍し】

金属ガラス熱処理操作の一。金属・ガラスをある温度加熱したのち,ゆっくりと冷却すること。内部組織均質化内部応力除去のために行う処理。軟化焼き鈍し,応力除去焼き鈍しなどがある。焼鈍(しようどん)。なまし。

焼なまし(焼き鈍し)

焼なましは、金属材料適当な温度加熱し、その後徐冷する熱処理である。
  金属製品加工工程で、加工硬化残留応力発生しているが、焼なましによって金属組織格子欠陥減少し、再結晶が行われるため組織が均質化残留応力減少するため軟化する。
  焼なましはその目的により温度冷却速度異なったいくつかの種類分けられる。
  完全焼なましは、材料再結晶温度以上に保った後徐冷することによって、内部応力の無い、組織とすることであり、これによって材料軟化する。
  球状化焼なましは、一旦オーステナイト組織にした鋼を急冷することにより組織内部の炭化物層状から球状変化させる処理で、これによって焼き割れしにくく、靭性に富む鋼が得られる。工具鋼加工前に行われる熱処理である。
  このほか、塑性加工切削加工前に焼なましを行い材料軟化させて被工作性を増す処理を軟化焼なまし残留応力除去のため比較低温で行う、応力除去焼なましなどがある。

焼なまし

適している分野・使用事例

完全焼なまし組織均一化内部応力除去軟化球状化焼なまし工具鋼加工前処理。軟化焼なまし塑性加工切削加工の前処理。応力除去焼なまし残留応力除去

用語解説

加工硬化
金属材料加工により外力が加わると、その結晶中に多く欠陥転位)が発生する。この転位絡み合ってすべりを起こさなくなると結果的硬化が起こる。
残留応力
外力又は熱勾配が無い状態で、金属内部に残っている応力溶接時には材料部分冷却速度の差により内部応力残留する。熱処理冷間加工鋳造などによっても残留応力を生じる。
靭性
じん性粘り強さ衝撃破壊起こしにくいかどうか程度
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

焼きなまし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/22 09:31 UTC 版)

(焼き鈍し から転送)

焼きなまし(やきなまし、英語: annealing)、焼き鈍し焼鈍(しょうどん)とは、加工硬化による内部のひずみを取り除き、組織を軟化させ、展延性を向上させる熱処理である。焼き戻しに似ているが、焼き戻しは焼き入れを戻すのを特に指すのに対して、こちらは加工硬化を戻すのを特に指すという点が違う。




「焼きなまし」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

焼き鈍しに関連した本

焼き鈍しに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「焼き鈍し」の関連用語

焼き鈍しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




焼き鈍しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2014 TECH PLAZA
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼きなまし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS