為るとは?

する [0] 【為る】

( 動サ変[文] サ変
(「…(を)する」の形で)
動作性の名詞を受けて)ある動作行為を行う。多く場合,その名詞語幹とするサ変動詞存在する。 「勉強する」 「サインする」 「不審動きする」 「電話する」 「こら,何をするんだ」 「自分だけ楽をする
ある一時期,ある職務ポストにつく。 「昔,高校教師ていたとき」
(「(…に)…をする」の形で)装身具などを身につける。 「鉢巻する」 「いつもネクタイている」
人や物がある形・色・性質である。また,人がある服装・顔の形・表情である。 「こわい顔をてにらむ」 「青い目女の子」 「立派な体格ている」 「いい腕をている職人
動詞連用形に付いて,いったん名詞化されたものを再び動詞化する多く古語打ち消し表現に用いられた。 「恋する」 「尽き思い」 「絶えず」
(「…を…にする」「…を…とする」の形で)
ある人をある身分にする。あるポストにつける。あるものに育て上げる。 「息子医者する」 「を友とて暮らす」 「孫を相手て遊ぶ」
ある物をある用途に使う。 「腕をて寝る」 「釣った(あゆ)をさかなに酒を飲む
ある物を…に変化させる。 「小切手現金する」 「大豆を臼でひいて粉にする
…を…と見なす考える。…扱いする。 「あの話はなかったことに下さい」 「ひとをばかにするにもほどがある
自分で…を…と思う,感じる。 「遠足を楽しみにている」 「僕は君頼りているんだよ」
形容詞形容動詞連用形に付いて)その状態にならせる。その状態を出現させる。 「髪を長くする」 「これまでの経緯明らかにする」 「静かになさい」
決める。
(「…ことにする」「…こととする」の形で動詞助動詞を受けて)…することを決意する。…することに決める。 「私も一緒に行くことにた」 「本契約定めに従うこととする
(「…にする」の形で名詞代名詞を受けて)選び出して…と決める。 「朝食パンする御飯する決め下さい」 「どちらにますか」
動詞終止形を「と」で受けて,また,名詞を「と」「に」で受けて,「…とする」「…にする」の形で)それまで動作打ち切って新たな動作とりかかる。 「そろそろ寝るとするか」 「お昼だからご飯ましょう
(「…とする」の形で状態性の名詞を受けて)…であると判定する。決定する。 「一審判決では有罪れた」 「この法案を是(ぜ)する者の割合は…」
(「…とする」の形で,文語形容詞の終止形を受けて)自分で…であると思う。 「原案良しする者が多数占めた」 「職にとどまることを潔しず」 「解散のおそれなしとない」
(「…とすれば」「…にしては」の形で)…であると仮定する。…と一応決める。 「いま生きているとすれば三〇歳になる」 「小学生ては背が高い」
多く「…ものとする」の形で動詞助動詞を受けて)法律規則文章で,…と決める。定める。 「月謝月末までに納めるものとする」 「委員任期は二年とする
(「…とすれば」「…にしては」「…としては」「…としても」「…としての」などの形で)その人立場から考えると。 「彼女とすればそう考えるのも無理はない」 「私とても言い分はある」 「彼の小説ては短い方だ」 「重役ての仕事
(「…としたことが」の形で)あの有能な…が不覚にも。 「おれとたことが,こんな失敗しでかすとは」
(「…うとする」「…ようとする」の形で動詞助動詞未然形を受けて)
ある動作とりかかる。 「出かけようとたら降ってきた
ある事柄が行われる所である。ある出来事始まりかかっている。 「夕陽がまさに沈もうとていた」 「船はまさに岸壁離れようとていた」
(「…がする」の形で名詞を受けて)ある現象感じ知覚されるとき,受け手立場からではなくそのもととなった現象中心に表現する言い方。 「玄関で人の声がする」 「良い香りする花」 「変な味がする」 「頭痛する」 「ほめられれば悪い気はない」
事物の状態などを表す副詞を受けてそれを述語化するそのような状態である。 「あっさり(と)た味」 「疲れぐったり(と)する」 「ゆっくりていって下さい」 「いつも堂々とている」 「それを見てぞっとた」
数量を表す語に付く。
時間を表す語に付いて)ある時刻起点にして,その時間が経過する。たつ。 「一時間(も)すればやむだろう」 「買って一年(も)ないのにもう壊れた」
価格を表す語に付いて)買い手立場から,その値段である。あまり安くない場合にいうことが多い。 「四〇万円する高級カメラ」 「これいくらたの」
人数を表す語に「…して」の形で付いて)その人数で一緒にある動作をすることを表す。 「二人て出かける」 「家族みんなて働く」
「…(と)して」「…(と)すると」「…(と)すれば」「…(と)したら」などの形で,副詞述語化して用いる。 「依然て」 「もしかすると」 「もしかたら」 「ひょっとて」 「ひょっとすると」 「ひょっとたら」 「ややもすると」 「ともすると」 「ともすれば」 「頑とて口を割らない」 「鹿児島でも時と雪が降る
補助動詞
動詞連用形助詞「は」「も」「でも」「さえ」「こそ」などを伴ったものに付いて)その動詞の意味,またはその動詞打ち消しの意味を強める。 「出かけはたが」 「見もない」 「知りもないことを言うな」 「笑いでもたら」 「乗りさえすれば」
動詞連用形重ねたもの,あるいは動詞並列を表す「なり」「たり」「も」「か」「し」「つ」などを添えたものに付いて)叙述助け働きをする。 「鉛筆(しん)削り削り細字を書く」 「見聞きたこと」 「ここで寝起きている」 「打つなりたたくなりてくれ」 「書いたり消したりする」 「日によって静かだったりうるさかったりする」 「逃げ隠れない」 「材質粗悪だか薄いか穴があく」 「腹はへるし風は冷たいしするから…」 「抜きつ抜かれつする
(上に「お」を添え動詞連用形,あるいは,上に「御」を添え動作を表す漢語に付いて)謙譲の意を表す。 「先生お呼びする」 「お荷物お持ちましょう」 「のちほど係の者が御案内ます」 「お客様御招待する」 〔 (1) 「する」の活用は,口語では「し・せ・さ,し,する,する,すれ,しろ」,文語では「せ,し,す,する,すれ,せよ」。 (2) 各活用形のうち,口語未然形は,「し」には助動詞「ない」「よう」が,「せ」には助動詞「ず」「ぬ」(打ち消し)が,「さ」には「れる」「せる」がそれぞれ接続する。→させるされる。 (3) 命令形は,古くから「せよ」が用いられ,現代でも文章語的な言い方としては用いられることがある一方中世後期から「せい」が用いられるようになり,近世江戸語以降は「しろ」が用いられるようになった。 (4) 文語場合過去助動詞「き」の接続変則的で,終止形「き」には連用形「し」から,連体形「し」および已然形「しか」には未然形「せ」から続く。すなわち,「しき」「せし」「せしか」となる。 (5) 「する」は,他の語と合して,いろいろの複合動詞をつくる。(ア)うわさする・びっくりする・おともする。(イ)勉強する・運動する・練習する・研究する。(ウ)リードする・スケッチする・ノックする。(エ)重んずる軽んずる先んずる。(オ)察する達する・決する。(カ)感ずる・信ずる・論ずる・生ずる・通ずる。(キ)愛する・熟する服する・訳する・略する。これらのうち,(エ)(カ)の諸動詞は,すべて「ずる」となるから,ザ行変格活用ということになる。文語場合もほぼ同様である。 (6) 現代語では, (5) にあげたようなサ変複合動詞のうちには,サ行ザ行変格以外の他の活用として用いられるものもある。すなわち, (5) (エ)(オ)(カ)の諸動詞上一段活用としても用いられる。例えば,「重んじる先んじる察しる達しる感じる・信じる・論じる・生じる・通じる」など。また,(キ)の諸動詞五段活用としても用いられる。例えば,「愛す熟す服す・訳す・略す」など〕

な・る [1] 【成る・為る】

( 動五[四] )
物・ことが結果として実現成立する。 《成》
完成する。実現する。 「七四九年,東大寺大仏-・る」 「新装-・った県民ホール」 「ローマ一日にして-・らず」
(「だれだれの…になる」の形で)その人により作られる。 「名人の手に-・る逸品」 「定家自身の筆に-・る小倉色紙
(「…からなる」「…よりなる」の形で)構成されている。形づくられている。 「水の分子水素原子二個と酸素原子一個から-・る」 「国会衆議院参議院とから-・る」
願いごと実現する。成就する。 「宿願-・る」 「全勝優勝-・らず」
それまでとは違う物・違う状態に変わる。
ある物がほかの物に変わる。 「おたまじゃくしに-・る」 「火事で家が灰に-・ってしまう」 「相手の身に-・って考える」
人がある身分に変わる。ある役・職業につく。 「将来何に-・りたいか」 「学芸会の劇で王子さまに-・る」 「若くして三人の子の母と-・る」
ある状態に至る。
「…になる」「…となる」の形で名詞を受ける。 「病気に-・る」 「クラストップに-・る」 「原稿が没に-・る」 「今夜に-・りそうだ」
形容詞形容動詞などの連用形を受ける。 「顔が赤く-・る」 「生活が豊かに-・る」
将棋で,王将金将以外の駒が敵陣内へはいったりそこで動いたりして金将と同じ働きになる。飛車角行は本来の働きを失わず,金将銀将働きをも得る。 《成》
ある数値時に達する。
ある数値達する。 「マイナスにマイナスを掛けるプラスに-・る」 「会員が三〇人以上に-・る」
ある時刻時期達する。 「正午に-・る」 「春に-・ればもとける」 「世は明治と-・った」
ある機能をする。
ある物の代わりにその働き役目をする。 「このに-・る」 「ソファーベッド代わりに-・る」
プラスまたはマイナスの効果機能がある。 「ために-・る本」 「名誉と-・る」 「激励がかえって重荷に-・る」
(「…することになる」の形で)…することに決まる。
成り行きとして,あることをするに至る。 「 A 氏を派遣することに-・る」 「昔は長男が家を継ぐことに-・っていた」
条件句を受けて)ある条件のもとでは,あるいは,ある目的のためには,当然のこととしてある行為が行われることが決まっている。 「ホームでの見送りには入場券を買うことに-・っている」
(「…になる」の形で)他人から恩恵を受けることを表す。 「先輩世話に-・る」 「 A さんに御馳走に-・る」
多く否定表現伴って用いる。
「…て(で)ならない」の形で,形容詞形容動詞を受けて,非常に…だ,…て仕方がない,…てしようがないの意を表す。 「腰が痛くて-・らない」 「この映画は退屈で-・らない」
…することができる,…してさしつかえない,…することが許されるの意を表す。 「もう我慢が-・らない」 「負けて-・るものか」
「…してはならない」の形で動詞を受けて,禁止されている,してはいけないの意を表す。 「消火栓前に駐車しては-・らない」 「秘密を漏らしては-・らない」
「…しなくてはならない」「…しなければならない」「…せねばならぬ」などの形で動詞を受けて,当然…するべきである,…する義務必要があるの意を表す。 「法律は守らなくては-・らない」 「すぐ出かけねば-・らない」
酒を飲むことができる。上戸である。 「重ね〱祝はれ,日比(ひごろ)-・る者はと云ふさへ/浮世草子・俗つれつれ 1
貴人動作敬っていう
貴人がお出かけになる,おいでになる。 「御所に-・りぬるとてあれば/中務内侍日記
貴人動作を表す語に付けて補助動詞的に用いる。…なさる。 「かしこへ行幸-・つて紅葉叡覧-・るに/平家 6」 「白河院北首御寝-・りけり/徒然 133
補助動詞) 「お」を冠した動詞連用形や「ご」を冠した動作性の漢語名詞に,「になる」の形で付いて,その動作主対す尊敬の意を表す。 「手紙をお書きに-・る」 「城跡御見物に-・る」 〔「なす」に対す自動詞
[可能]なれる
慣用 気に- ・首に- ・様に- ・力に- ・手に- ・馬鹿に- ・身二つに- ・物に- / あとは野となれ山となれ
表記なる(成・為・生
「成る」は“できあがる成功する構成される”の意。「体育館新装成る」「名人の手に成る逸品」「全勝優勝成らず」「水素酸素から成る「為る」は“別のものに変わる。別の状態に達する”の意。仮名書きが普通。「に為る」「春に為る」「早く大人為りたい」「おたまじゃくしに為る」 生るは“実ができる。みのる”の意。「梅の実生る」「ミカンにたわわに生る


為る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/11 02:46 UTC 版)

為る(する)とは、ある主体が主体的な活動や在り方として、一つの状況を成り立たせる行為作用を行う事。抽象的な様態から具体的作用および行為まで、幅広く用いられる。唯一の単体のサ変動詞。これは日常的によく使われる語だからであって、この種の語は歴史的に文法や音韻規則が変化していっても、それに従って形態を変えることが嫌われ、長く古形を残すことが多いからである。なお、名詞および副詞などに付いて多くの複合動詞がつくられ、これをサ行変格複合動詞(サ変複合動詞、サ変動詞と略する)という。




「為る」の続きの解説一覧

為る

出典:『Wiktionary』 (2011/12/13 03:45 UTC 版)

漢字混じり表記

(する, なる)

  1. する 参照
  2. なる 参照





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

為るに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「為る」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||



6
100% |||||

7
100% |||||



10
100% |||||

為るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

アブレイダブルシール

シングル

重松翠

加納由理

家入一真

培土プラウ

89式5.56mm小銃

明十三陵





為るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの為る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの為る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS