点とは?

ちょぼ [1] 【点

〔「ちょぼ(樗蒲)」の賽(さい)の目の打ち方に似ることからという〕
しるしに打つ点。ぽち。
歌舞伎義太夫狂言丸本物で,地の部分義太夫節語ること。また,それを語る太夫太夫本の自分の語る箇所傍点をふったことから付いた名称。床浄瑠璃

てん 【点】

[0] ( 名 )
筆やペンの先をちょっとつけて記したようなごく小さなしるし。 「遠くの人が-のように見える」
〘数〙 数学では幾何学対象の一。抽象化したもの幾何学基礎論では,直線などとともに無定義用語として,公理によって規定される。
書き物などに付け小さいしるし。
文の句切り符号。普通「、」を使う。読点
注意を喚起するために語句の横に打つしるし。傍点
漢文訓読するため,字に付す記号返り点・乎古止(をこと)点など。
漢字字画の一。「」「凡」などの「ヽ」。古くは,漢字字画全般をいった。
(きゆう)で,つぼの位置に墨で付したしるし。 「 -をおろす」
評価を表す符号・数値など。
和歌連歌俳諧などで,評価を示す符号。「○」「ヽ」など。また,批評添削
答案などにつける評価数値符号。 「 -が辛い」
スポーツ・ゲームなどの得点。 「 -を取る」
高く評価すること。 「おいらは-だぞ/黄表紙孔子縞于時藍染
特に取り上げるべきところ。 「その-については心配しなくてよい」
漏刻ろうこくの時数。また,時刻。 「御発句は寅(とら)の一-/浄瑠璃百日曽我
接尾
助数詞。数を表す漢語に付く。
試合勝負事試験答案などの得点評点数えるのに用いる。 「一-先取した」 「百-の答案
品物の数を数えるのに用いる。 「三-セット」 「この五-を入賞とします」
[句]

【てん】[漢字]

【 天 】 [音] テン
そら。 「 天下天空天際天上天心天体天地天文仰天暁天秋天衝天中天満天天変地異
上方。 「 天蓋てんがい天井天地無用
空もよう。 「 天気天候雨天 ・炎天荒天晴天曇天
万物支配する神。 「 天為天運天災天誅(てんちゆう)天帝天然天罰天命天佑てんゆう天理
生まれつき。 「 天才天資天職天性天賦天分
〘仏〙天上界。また,そこにいる神。 「 天人天部梵天有頂天持国天帝釈天たいしやくてん)
キリスト教でいう天国。 「 天国天使昇天
【 典 】 [音] テン
大切な書物。ふみ。 「 典籍楽典経典外典(げてん)古典字典辞典聖典内典仏典文典宝典
おきて。のり。 「 典型典範典例恩典教典法典
根拠がある。一定の型。 「 典雅典拠典故典麗出典
儀式。 「 典礼祭典式典大典特典
つかさどる。 「 典獄典侍典薬
(しち)入れ。 「 典当典物典舗
【 店 】 [音] テン
みせ。 「 店員店主店頭店舗支店商店売店本店露店飲食店喫茶店代理店
旅館。 「 旅店
【 恬[音] テン
心しずか。 「 恬安恬淡恬澹てんたん
平気でいる。 「 恬然
【 点 ( 點 ) 】 [音] テン
小さいしるし。 「 点在点字点線点滴点綴てんていてんてつ) ・点点点描汚点灸点(きゆうてん黒点斑点
符号記号。 「 点本訓点濁点句読点
いれる。 「 点眼点景画竜点睛(がりようてんせい)
火をつける。ともす。 「 点火点灯点滅
調べる。 「 点検点呼
限定された場所・位置部分。 「 観点拠点欠点弱点終点重点地点難点美点氷点沸点要点論点出発点発火点
批評のしるし。評価数値。 「 点者点数合点(がてん)採点同点得点批点評点満点及第点 ・最高点平均点落第点
を入れる。たてる。 「 点茶
漢字字画の一。 「 点画
うなずく。 「 点頭
【 展 】 [音] テン
平らにのばす。ひらく。 「 展翅(てんし)展性親展
並べて見せる。 「 展観展示展墓展覧
さらに大きくひろがる。 「 展開 ・進展 ・発展
見わたす。 「 展望
展覧会」の略。 「 院展写真展美術展 」
ころがる。 「 展転
【 添 】 [音] テン
そえる。つけ加える。 「 添加添削添書添付
【 甜[音] テン
うまい。味がよい。あまい。 「 甜瓜(てんか)甜菜
【 転 ( 轉 ) 】 [音] テン
まわる。まわす。 「 転舵(てんだ)回転空転公転自転反転
ころぶ。ひっくりかえる。 「 転倒転落横転動転
まわりながら進む。まわしながら動かす。 「 運転 」
移る。移す。
別の場所・方向・状態などに変える。また,変わる。 「 転移転音転訛(てんか)転嫁転学転換転記転義転居転業転勤転向転校転載転出転職転送転地転入転任転売移転栄転
うつりかわる次々と別の状態になる。 「 変転流転(るてん)
【 奠[音] テンデン
供え物をしてまつる。供え物。 「 奠茶祭奠釈奠せきてん(しやくてん) ・香奠こうでん乞巧奠(きつこうでん
おく。さだめる。 「 奠都
【 塡 】 [音] テン
うめる。つめる。 「 塡充塡塞てんそく塡補充塡装塡補塡
【 殿 】
⇒ でん〔殿〕 [漢]
【 篆[音] テン
漢字書体の一。 「 篆刻篆書篆文篆隷小篆大篆
【 顚 [音] テン
頂きてっぺん。 「 山顚絶顚
はじめ。もと。 「 顚末
さかさまになる。たおれる。 「 顚倒顚沛てんぱい顚覆
【 纏[音] テン
まとう。まつわる。 「 纏繞(てんじよう)纏足纏着纏頭纏縛纏綿
【 癲[音] テン

なか で [0] 【中手・点

〔「なかて」とも〕
囲碁で,敵の地の中に打っ眼形を奪う手。多く自分の石が取られてできた相手の地の中に打ち込み,三目中手・四目中手・五目中手などでは,打ち込まれた側の石が死ぬ。
両者の間に割ってはいること。また,その人。 「遣手揚屋のかか走り出て意見をいたし,扱ひをかけて-をおろす/仮名草子東海道名所記


点 (グラフの)

読み方:てん
【英】:vertex, node

グラフを定義する構成要素. 平面上に幾何学的表現されたグラフにおいて, 丸で示される. 点は, 頂点, 節点とも呼ばれる.

「OR事典」の他の用語
グラフ・ネットワーク:  有向グラフ      点  点連結度  無向グラフ  独立集合族

作者松本清張

収載図書鬼畜松本清張短編全集 7 第3版
出版社光文社
刊行年月2003.1
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書共犯者
出版社新潮社
刊行年月2008.11
シリーズ名新潮文庫


作者青木左知子

収載図書季節はずれ
出版社澪標
刊行年月2004.10


作者小川未明

収載図書小川未明幽霊船文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ちくま文庫


読み方:とぼす

  1. 同上(※「とる」参照)。「交合(とぼす)」と書きしもあり。『末摘花』には「犯(とぼ)す」と書けり。狂句「とぼさせる招牌、軒に御神灯」「とぼす」の語原不詳なり。或は女陰を「火処(ほと)」と云へるに因るか。
  2. 点。性交す。俗語。犯(とぼ)す。江戸時代末年から通人盛んに用ひし語。女陰を火処(ほと)といへるにより云ひ出でしかとの説あり。「小野股倉噓字尽」に「開へ玉茎を入るをとぼすといふは両方にて気をやりし時ぬらぬらぬらと流れいづる陰だらうそくの流の如くなればろうそくをとぼすの義によつて号とぞ」とあり。「一休禅師諸色問答」巻下に問「ともしび消し初めるむつ言をとぼすとぼすと人は云ふなり」答「門(かど)ちがひしたるためしも非ればやみにはあれどとぼすとはいふ」とあり。又「街談文々要集」文化十年の巻に「古法を破り度数をも極めず猥りにとぼし候義有之、自然と淫水をもつかひ過し候やに相当り」とあり。雑誌芸文」に某氏の説として「古事記現れたる火の神(?)」とかいふ論文の末に「『とぼす』といふ語は建築上の用語『とぼそ』の転語であつて扉の堅の上下に突出してゐる部分今は之を軸といふが古語で『とまら』といつたそして其軸のはまる穴を古は『とばそ』又は『とほと』と云つたので右の軸(トマラ)を軸穴(トボソ)に合致させるといふことを男女性的動作なぞらへて『とぼそ』といふ語が性交の意を表はすに至り後転じて『とぼす』といふ動詞変化したのである」との意を記載しありたり。「とぼさうといへば消しなと女房いひ」「とぼしたであかりのたたぬ居候」「とぼさせて胸のやけるに下女こまり」「とぼさせる招牌軒に御神燈」。
  3. 交会すること。建築用語の「トボソ」の転訛
  4. 男女交接のこと、燃やす意から心を燃やす意味にしたもの
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/21 13:31 UTC 版)

(てん)

関連項目


分位数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 01:00 UTC 版)

( から転送)

分位数(ぶんいすう)、分位点(ぶんいてん)、分位値(ぶんいち)、クォンタイル (quantile) は、統計の代表値の1種である。

実数 に対し、q 分位数 (q-quantile) は、分布を に分割する値である。

ある種の正の整数 に対し、分布を 等分する 個の値、つまり、 に対する 分位数を、m 分位数(ただし 漢数字)という。 番目の m 分位数をi m 分位数といい、また、 等分された分布の 番目の部分を、k m 分位、または単にk 分位という。

定義

変量統計における分位数

個のデータ に対する q 分位数 は、昇順にソートしたデータを とすると、

と定義される。ここで、床関数天井関数自然数の集合である。

関数 は、数列 の線形補間による実数関数への拡張である。関数 の引数 は、範囲 に内分している。

確率分布の分位数

1次元確率分布 に対する q 分位数 は、

を満たす値として定義される。この式は、累積密度関数 または確率 を使って、

または

とも表せる。

日本工業規格における分位点

日本工業規格では、分位点を、「p分位点とは,分布関数が p に一致するか,又は p より小さな値から p より大きな値に飛ぶときの確率変数の値。確率 p を 100p%で表すときは 100pパーセント点 (100p percentile) という。備考1. 確率変数のある区間内で分布関数が一定値 p となる場合は,その区間内の任意の値が p 分位点とされる。ただし,0≦p≦1である。 2.p=21に対応する確率変数の値をメディアン,中央値 (median) という。3.p=41および p=43に対応する確率変数の値を四分位点 (quartile) という。」と定義している[1]

特別な分位数

いくつかの q に対する q 分位数には、特別な名称がある。

中央値

1 / 2 分位数を、中央値、メディアン (median)という。中央値は、平均値に代わり、分布を代表する値として使われる。

四分位数

分位数を、第 q 四分位数、第 q 四分位点、第 q 四分位値、第 q ヒンジ (quartile, hinge) という。1 / 4 分位数(第1四分位数)を下側四分位数、3 / 4 分位数(第3四分位数)を上側四分位数ともいう[2]

単に四分位数といったばあい、第1・第3四分位数を表す。第2四分位数は中央値である。これらは、分布のばらつきを表すのに使う。

第1・第3四分位数の差 は、四分位範囲: interquartile range, IQR)といい、分布のばらつきの代表値である。分布の代表値として平均値の代わりに中央値を使うときは、IQRを標準偏差分散の代わりに使う。中央値同様、頑強で、外れ値や極端に広い裾野の影響を受けにくい。

四分位偏差正規四分位範囲: normalized interquartile range, NIQR)といい、IQRの代わりに使うことがある。ここで、 は、標準正規分布のIQRである。正規分布の正規四分位範囲は、標準偏差に等しい。なお係数0.7413を近似値として使うことがある。

四分位数の簡易な求め方として、中央値より上の値の中央値と、中央値より下の値の中央値を使う場合がある。この値を特にヒンジ (hinge) と呼び、それぞれ上側ヒンジ・下側ヒンジ、または、第1・第3ヒンジ(第2ヒンジは中央値)と呼ぶ。ヒンジは、(厳密に計算した)四分位数とは、中央値から離れる方向に少しだけずれる。データ数が多ければずれは小さくなる ​[要出典]​。

三分位数・五分位数・十分位数

分位数を、第 q 三分位数、第 q 三分位点、第 q 三分位値 (tertile) という。

分位数を、第 q 五分位数、第 q 五分位点、第 q 五分位値 (quintile) という。

分位数を、第 q 十分位数、第 q 十分位点、第 q 十分位値 (decile) という。

パーセンタイル

分位数を、q パーセンタイル、(第)q 百分位数、(第)q 百分位点、(第)q 百分位値、q パーセント点、q %点 (percentile) という。

分位数を上側 q パーセント点という。これと対比するときには、 分位数は下側 q パーセント点という。また、平均が0の対称分布に対し、 分位数を両側 q パーセント点という。このとき、絶対値が両側 q パーセント点以内に、分布の q %が含まれている。

最大値・最小値

0分位数は最小値、1分位数は最大値である[3]

五数要約

分布の特徴を最大値、最小値、中央値、上側・下側ヒンジの5つの値、つまり、0, 約0.25, 0.5, 約0.75, 1分位数で要約することを、五数要約という。五数要約は、しばしば箱ひげ図で図示される。

脚注

  1. ^ JIS Z 8101-1 : 1999 統計 − 用語と記号 − 第1部:確率及び一般統計用語 1.10 分位点, 日本規格協会, http://kikakurui.com/z8/Z8101-1-1999-01.html
  2. ^ 西岡康夫,数学チュートリアル やさしく語る 確率統計,1.5 分位数 p.12, オーム社, 2013, ISBN 9784274214073
  3. ^ 西岡康夫,数学チュートリアル やさしく語る 確率統計,1.4 度数分布 p.8, オーム社, 2013, ISBN 9784274214073

参考文献

  • 西岡康夫 『数学チュートリアル やさしく語る 確率統計』 オーム社、2013年ISBN 9784274214073

出典:『Wiktionary』 (2012/05/06 09:48 UTC 版)

発音

名詞

  1. 小さな印、大きさを持たず位置のみの表現ドットポイント

接尾辞

  1. ものを数え単位。(例)3先取した。衣服

熟語


出典:『Wiktionary』 (2012/05/06 12:59 UTC 版)

発音

熟語: 日本語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

点に関連した本

「点」に関係したコラム

  • FXのパラボリック手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のパラボリック手法とは、パラボリックというテクニカル指標を用いた売買手法のことです。パラボリックは、パラボリックSAR(Parabolic SAR、Parabolic sto...

  • FXやCFDのスキャターとは

    FXやCFDのスキャター(Scatter)とは、1日の値動きをだけで描画して時系列に並べたものです。スキャッターともいいます。スキャターの描き方は、終値の地を打つだけです。分析ツールによっては...

  • チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには

    チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには、ローソク足の組み合わせによりその先の値動きを予測します。ここでは、ローソク足の組み合わせからトレンドの転換を見つける方法を紹介します。なお、トレン...

  • FXやCFDの平均足の差とは

    FXやCFDの「平均足の差」とは、前日の平均足の価格と当日の価格との差のことです。平均足の差は、Information Internet Ltdが開発したソフトウェア「Market Maker」のテク...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のフラクタルの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のフラクタルの見方について解説します。フラクタル(Fractals)は、為替レートの高値と安値からトレンドの転換を探...

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「点」の関連用語

点のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミヤマベニイグチ

信田 成仁

パーム核油

SH005

綾の照葉樹林

節木増

岩木山

三島彌太郎





点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2016 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの点 (改訂履歴)、分位数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS