火野レイとは?

火野レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 02:29 UTC 版)

火野 レイ(ひの レイ)は、武内直子作の漫画作品『美少女戦士セーラームーン』に登場する架空の人物。




注釈

  1. ^ 『夢戦士〜愛・永遠に』で梅宮亜須加と交代したが、『サターン復活編』で岩名美紗子に改名して復帰した。
  2. ^ 正規の登場は原作と同様に第3話。
  3. ^ 麻布の近くにある東洋英和女学院がモデルとされる。
  4. ^ 港区元麻布に実在する麻布氷川神社がモデルである。
  5. ^ レイ役の富沢美智恵は当初原作に合わせた演技をしようとしていたが、スタッフの指示で方針転換したとラジオ番組で述べている。『月刊アニメージュ』の「レイちゃん人気倍増計画」では、レイの愉快な描写が増えていくのを残念がった富沢が、ギャグキャラ化の糸を引いているのは幾原邦彦と指摘し、皆は「レイちゃんは通好みのキャラだから」と説得し、幾原が「ギャグキャラとしていく所まで行かせる」と宣言して、「もう、いいわ。読者の皆さん、レイちゃんにラブレターを送ってください。わたしがお返事を書きます」と締めくくっていたという。
  6. ^ レイ役の富沢美智恵もインタビューでこう言っていた。
  7. ^ 衛が変身したタキシード仮面にも憧れており、当初彼の正体は知らなかったが、うさぎと異なり疑念を抱いてはいた。
  8. ^ 「月刊アニメージュ」1992年6月号(49頁)「第1回セーラー大賞」の一般公募で採用された(マーキュリーの「水でもかぶって反省しなさい!」もこの時の公募作)。ただし採用作は「〜折檻じゃ!」だったが、完成作は女らしく「〜折檻よ!」となった。
  9. ^ どちらも色は赤だが、原作は六角星、実写版は四角星、テレビアニメでは五角星で、テレビアニメではスーパーセーラーマーズへのパワーアップ以降、六角星になっている
  10. ^ 新装版では「フォボス・ディモス! 神火清明・神水清明・神風清明、炎よわが手に!」へと変更された。
  11. ^ 日本国外のゲームバージョンでは「バーニング・マンダラー」と唱えている。

出典

  1. ^ 新装版第3巻あとがき4コマより。
  2. ^ 庵野秀明公式Webサイト「雑記」”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  3. ^ テレビアニメ第54話「文化祭は私のため!? レイ女王熱唱」より。
  4. ^ 『テレビマガジンデラックス46 決定版 美少女戦士セーラームーンR ②対決!ブラック・ムーン』第15頁より。
  5. ^ 『美少女戦士セーラームーンSuperS - Various Emotion』ブックレット第21頁より。
  6. ^ 『美少女戦士セーラームーンS こんどはパズルでおしおきよ! 取扱説明書』第14頁より。
  7. ^ 『テレビマガジンデラックス46 決定版 美少女戦士セーラームーンR ②対決!ブラック・ムーン』第14頁より。
  8. ^ 『映画 美少女戦士セーラームーンR メモリアルアルバム』第66頁より。
  9. ^ 『映画 美少女戦士セーラームーンR メモリアルアルバム』第69頁より。


「火野レイ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

火野レイに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「火野レイ」の関連用語

火野レイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

紫華鬘

木和田川砂防三号堰堤

脇田茜

docomo PRIME series P-04B

シートレール

Franklin D. Roosevelt

W61SH

ケガキ分回し





火野レイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火野レイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS